人に対しての奉仕や思いやりって 常に、自分を愛するように相手にも というスタンスで求められると思うのです。


自分が自分のことを愛していないのに、相手を愛しなさいとは求められないのです。


まずは 自分を満たしてから。


自分が満たされれば満たされるほど、相手からは求められます。



〇〇〇さんみたいな思いやりを持てるようになりたいとか奉仕ができるようになりたいとか思うかもしれないけれど それは比べることではなくて、自分は自分なのです。



例えば、ヒーリングという技術が自分を支えている(生計を立てている)うちは それで相手に奉仕したり癒したりするのだと思います。


だけど そんな技術がなくても 生計を立てているならば、相手に奉仕したり癒したりするためにはその技術は必要ないのでしょう。


それは、ヒーリングという技術で生計を立てているなら ヒーリングという技術で相手に奉仕をすることを求められることを意味します。

それ以外は求められないものです。

しかし、奉仕の心が強い人は他人の優れたものを見ると自分もそうなりたいとか自分の技術だけでは役に立たないのではないかと考えてしまうようです。

でも、それは考えすぎというもので、
まずは 自分が生計を立てている技術で相手に奉仕したり癒したりすることを求められているに過ぎないのです。


他者への想いは参考にはならない。


参考になるのは、常に自分なのです。



この時期は、手放しを促すエネルギーが優勢ですので エネルギーに煽られて、大切なものを手放さないように注意が必要です。


自分は何で生計を立てているかをもう一度、考えてください。


手放すべきものは感情だけです。

大切な技術や仕事ではありません。