わたしの記事を読んでる人は、他の人の記事とのギャップを感じるかもしれない と ふと、感じました。



なぜなら、あるスピリチュアルな記事を読んでいて気づいたのですが、
そこには 衝撃的な事実がわかりました!と書かれていたのでなんだろうと興味シンシンで読んだのです。


そしたら 内容的にはわたしが 普段から書いてる内容だったから、な〜んだ と思ったわけです。


わたしにとっては古い話しなのですが その記事には何千のいいねがあり、コメントには衝撃的ですとか驚愕ですシェアしますとか書かれています。


わたしからしたら えっ知らなかったの?レベルですし そこまで驚愕するような内容ではないと思うのです。


まあ、わたしの記事を読んでくださる方は わたしの身内みたいな人ばかりですが その方たちからしたら わたしの書いてることは かなりな衝撃的事実なわけです。

でも 衝撃的と受け取らないのを見ると どーいうことなんだろ?と考えてみました。

内容的には似ているのです。





確かに、内容的には衝撃的驚愕なことをわたしは書いてると思いますが、最終的には わたしにつかまっていればうまくおさまりますよ と締めくくります。


一方、他の方たちの記事では その衝撃的驚愕的事実をひとりひとりが重大に受け止め生きていくように書かれているのです。
自己責任だと。。。



まあ、確かに 自己責任ですが わたしは、如来意識といいますかわたしが救済する前提で書いてるわけです。

〇〇〇という事実はありますが、わたしに素直にいてくだされば、わたしが救済していきますよということを謳っています。



実際に、神様自体が いつも、そう言ってるんです。


知ってましたか?



神様は わたしみたいな者を使って救済しますよ と言われているのです。


わたしは ただの使いです。


ただの使いですが、神様から使われているという責任感があります。



多くの人は、そんな神様やわたしのような使いに頼ることなく、自己責任だと言い聞かせて生きたいようですね。


衝撃的だ、驚愕だと騒ぎながら生きていきたいようです。


不思議に感じます。




わたし以外にも神様に使われている方はいらっしゃいます。


探してみてください。