『私の大切なものは、家族です。血を分け合った親兄弟子ども親戚だけでなく、地球に一緒に住んでいる全ての生物たちが大きな家族です。全ての家族が幸せになってほしいんです。』



ある人にあなたの大切なもの は?と尋ねて、返ってきた答えがこちらです。


わたしはこの言葉に非常に違和感があります。






大切にするってどういうことだろう?



たいせつ [大切][形動]きわめて重要なさま。大事にして,丁寧に扱うさま。


家族を大事にして、丁寧に扱う。


血を分け合った親兄弟子ども親戚だけでなく、地球に一緒に住んでいる全ての生物たちを大事にして、丁寧に扱う。



そこに自分は存在しない。



この人は何者だろう?


この人は自分を何者だと思っているんだろう?



大事にして、丁寧に扱うということは その人の立場になって考えて行動することに他ならないとわたしは感じて、行動していますが この人はわたしが見る限りでは、していないと思う。




わたしは自分のできないことはやりたい、やりますとは言わない。

それは、自分の言葉に責任があるから。

責任の持てないことは言わないしやらない。




だから、この人の言葉は、無責任な言葉に感じます。




無責任な言葉を聞くとわたしは、苦しくなる。
切なくなる。辛くなる。

涙が溢れて止まらない。。。



悲しくて悲しくてたまらない。。。