今日は、グラウディングをする前の呼吸法をお教えしたいと思います。


まず 背筋を伸ばし足を肩幅ぐらいに広げて立ちます。


次に、両手を上に上げて手を組んで背伸びをします。


背伸びをしたら、そのまま両手を下ろし、後ろで組みます。


組んでから、手を離します。


そうすると 胸が開いている状態になります。


それが呼吸法、グラウディングの際の基本姿勢となります。


後ろで組んだ両手を離し、お腹に手を添えます。

その状態で、口から10秒間 息を吐きます。


息を吐いている時に、お腹を引っ込めてください。 (手を添えているとやりやすいのです)


そして、2秒間 息を止めます。


そのあと 鼻から息を10秒間吸ってください。 吸っているときは、お腹を膨らまします。


そして、2秒間、息を止めてから、また息を吐きます。

それを3分ほど、繰り返してからグラウディングを行うと グラウディングコードが繋がりやすいです。


また グラウディングをしなくても この呼吸法のみを毎日、10分ほど行うこともお勧めです。


この基本姿勢を普段でも身に付けると、背筋が伸びて健康的になりますよ。

ぜひ、お試しくださいね。