この世界はまだ、認めてもらいたい人でいっぱいなんだな。




頑張り過ぎている

止まることができない

こんな生き方しかできない


「人の役に立たないと自分は駄目な人間」という想い。



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

認められたい相手に依存して生きる。


頑張ってると認められたい。


他の誰かが失敗したら、自分が認められるから嬉しい。


他の誰かが失敗すると、楽しくて仕方がない。


自分だけが認められたい。


自分だけが頼られたい。



自分がない人というのは、このように 人から認められることが楽しくて 人の失敗も楽しい。

仕事ではそこそこ出来ると言われている人たちです。


認められさえすれば、嬉しいから
人の仕事を取ってでも仕事をするし、残業も楽しい。


要は、自分自身の楽しみがない人なのです。


楽しみがないから、認められることで 自分の存在価値をそこに求めるのです。



実は、自立して生きる者からしたら迷惑な存在です。


共依存なら問題ないと思うかもしれませんが、周りとの調和を乱すから、たちが悪い。


そのため 今回の春分の日のエネルギー、自立を促すエネルギーが発信され、共依存の関係は離されていきます。




本格的にひとりひとりの自立を促されていきますね。



とは言え、それをフォローするのがわたしの役目。


またまた、わたしの役目が増えました。