自分を傷つけないためには裁く心を持たないことですし、傷つけられないためでも裁く心を持たないことです。



自分の心に裁く心があると 人から傷つけられる現実を作り出します。


誰もが裁く心をなくすことがこの世界を平和に導くことなのですが、まだまだ そんな世界は遠いかもしれません。


人を裁く心を持たないようにと教えても、傷つけられる現実を目の前にしたら、人は相手を裁いてしまうかもしれません。

自分が裁く心を持っていなくても 大切な人が裁く心を持っていたらその人は傷つけられる現実を作り出してしまいます。


それを見聞きして、あなたが裁く心を持っているからよ!とは言い難いものです。


そんな時は、わたしの名前を呼んでください。


わたしが守ります。


あなたの大切な人を守ります。



ままのまま