人間の身体に神様を降ろすのは、危険なことらしい。


神というのは、かなり巨大な電圧だからだ。



高い次元になればなるほど 電圧が高くなる。



確かに^^


それで、死に至ることもあるようです。


わたしは細い身体のくせに、元が高いエネルギーを降ろす体質だと言われてきました。



この7年間は、幾度となく エネルギーが降ろされ、器が広がる、が繰り返されてきました。




わたしとしては、一気に電流が流れて目覚める!を期待していましたが、わたしの場合は 体力がないため 何回も繰り返し、徐々に器が広げられて、高い電圧が入ってきたのです。



この7年間はそんな毎日でした。


それも これからわたしが成し遂げていくことのための準備期間だったようです。



高い電圧を携えて、これからのわたしは歩んでいきます。


今、わたしという『個』が確立されて、『わたし』が世界にデビューする。


今は、そんな わたしという存在を確立するときであり、これからデビューを果たすための最終調整の時です。



わたしがが意識を向けるところに光が当たり、そこを溶かしていく。。。

わたしはライトワーカー。




来年10月22日は、天皇陛下の退位と皇太子さまの新天皇即位礼が執り行われることになりました。

天皇陛下になられるということは、より高い電圧(神)を身体に降ろされるということです。


今の天皇陛下は高い電圧(神)の持ち主です。


皇太子さまの新天皇即位礼まで 一年半ですが、果たして どこまでの電圧が降ろされるのか。。。


下手したら、死んでしまいます。


一年半で仕上げることができるのでしょうか?