基本的なことはわかるのに、言われたことしかできない人がいる。


応用力がないというか知恵がない。



それは、今まで人を頼ってばかりいて、自分の頭で考えていないからだ。


自分が乗り越えていきたいことならば、自分が考えなきゃ。


自分の人生に責任を持つってそういうことじゃないかな?




心の中に、「人に依存したい。自立したくない。」という想いがある人は それが現実に反映していて、その願い(想い)は叶えられています。


そして、依存心の強い人は、依存できる環境にいるにも関わらず感謝もなく当たり前にしてるため、不満ばかりを感じます。



魂的には、依存していたくないから不満を感じるのですが 潜在意識では依存したいのです。


だから、依存する現実を作り出しています。



魂的には、依存していたくないのです。


それならば、依存しない!と腹を括ることです。

依存できる環境にいるにも関わらず感謝もなく当たり前にしてるのは、その環境にいたくないからなんですね。


だったら、腹を括って 自己責任で生きればよいのです。


自己責任で生きるためには、自分の頭で考えて実践することです。


人に頼らず、自分で考えて実践するのです。



結局は、自分の頭で考えて行動できない、と自分に自信がないから人に頼るのです。


頼ることは悪いことではないですが 何もかも言いなりになっていれば良いという考え方は違うと思います。


自分の人生なのです。


誰かが決めたレールに乗ることをするために生まれてきたわけではないと思います。


自己責任ってそういうことだと思います。