昭和を生きてる人って親に甘えてきていないように思います。 

わたしもそうだけど。 


甘えられない環境にいた、というのかな? 


だから、アダルトチルドレンと呼ばれる人が多いですね。 


そのため 自分に厳しくて他者にも厳しいのです。 

ジャッジも強いしね。 


だから、人から疎まれることも多いです。 



わたしはそんな昭和の生まれですがおばあちゃんには甘やかされたけど親には全く逆の扱いを受けてきました。 


だから、両方の気持ちがわかりますし 両方の特徴を受け継いでいます。 


平成生まれの人の中には、そんな昭和の時代に生きた人の気持ちをわからずに かんたんに、廃除しようとする人も少なくありません。 


廃除=否定です。 


昭和の時代というのは、甘えられない厳しさを原動力として さまざまなものを生み出してきました。 


平成生まれの人は、そんな想いで生み出されたものを当たり前にして、否定してきます。 


自分を否定しているようなものだとわたしは思います。 


平成は昭和の上に乗っているのです。


今までは、そんなストレスのようなエネルギーが原動力で生み出されてきた時代ですが これからの時代はそれが原動力として生み出せない時代に変わりました。 


愛が原動力の時代です。


ただ、それだけのことです。 


時代が変わった。 


というだけのことで、そんなエネルギーを否定しなければいけないということではないのです。 



手放す、浄化する というのは そんな、甘えられない環境にいた人たちの厳しい現実に対する感情なのです。 人ではない。


甘えたくても甘えられない。 弱音を吐けない。 


そんな苦しみのエネルギーです。 


だから、人にたいしても厳しくしてしまう。 




その時代に生きた人は、そんな苦しみを経験してきて、次は人を許しなさいと言われているのです。 


その心を思いやる気持ちはないのかなあ と思います。 




誰だって 人に癒されたいものです。 


AIに癒されたいわけではないのです。  



人を思いやること、をいまひとつ考えてほしいと思います。