今のわたしは、自分をより整えることを求められています。 



たとえば 現実的には、だんしゃりをしたり家の掃除をしたりして 人が来るスペースを開ける。 

今までは自分が出向いていたけど これからは招いていくから 人が来るスペースを整えていく。 


また 今まで無造作に出掛けていた場所が自分の領域になってきています。 
だから、そこを整えることも必要になってきています。


要は、器が広がると 自分の領域も広がるということです。 


土地の開拓と同じで、畑を耕し作物を植えて実ると人に分け与えます。 

すると 豊かになるから また 隣の土地を開拓して豊かになります。 



人から奪うことなく、自然と領域が広がっています。 


そのため 自分だけでは手いっぱいなので人を雇い、自分の領域を整備します。 



領域=責任とも言います。 



自分の居場所というのは、自分の責任の範疇です。 




今までのわたしは、自分のプライベートをしっかり確保してきました。 


それでわたしが成り立っていたのですが そのプライベートスペースを解放するように促されているのです。 


わたしのプライベートスペースはパワースポットですから パワースポットの解放です。 


そうやって わたしの領域が広がっています。 



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 




わたしは2007年ごろから、プログを書いていますが読者はいっこうに増えません。 


器は広がったのに読者は増えません。 


それはなぜかというと わたしのブログは扉があるからです。 


礼儀のない人は入れないようになっているからです。 


神性だから、自然と扉がつけられたのだろうと感じています。 


気軽には入れないのです。 



わたしは比較的、外に出ると解放的でウェルカムですが礼儀のない人は受け付けないところがあります。 


これは、領域を守るための手段です。 


だから これからもそれは変わりません。 




今まで自分がやってきたことは、自分の領域を広げることをコツコツとしてきたのだなあ と気づきました。 


わたしが外に出ると 最初は周りがざわつきますが 心を開いて礼儀を尽くしていくので相手も心を開いてくださるのです。 


嫌な人がいても気にせずわたしのエネルギーをおいていくので わたしのエネルギーが苦手な人はその場所に近づかなくなります。 


そうやって 自然と領域を広げてきているようです。 


こう考えると 最初は、礼儀を知らず土足で相手の領域に入っていったことがあったと気づかされます。 


自分の領域を荒らされるのは嫌ですね。 

だから、衝突を繰り返していましたが 徐々にそれもなくなり、わたしの心の開き方如何で相手とうまくコミニュケーションがとれるようになったと感じています。 



やはり礼儀は大切ですね。 



また 礼儀といえば 

日頃お世話になっていても 何かのきっかけで疎遠になっている人はいるものです。 


最近では波動がどうこう言われますが お世話になった方に近況報告もなにもよこさないのは礼儀のない証拠ですね。 

心の姿勢が悪いのです。 
連絡、報告なく お願いがあるときだけ連絡してくる人は相手ができませんね。 

会った時についでに言えばいいと姑息な考えでいる人はいつまででも会えませんし、ついでのお願い事は受け付けません。 

結局 そういう人は感謝がないのです。 


だから、そういう人はいつも目前のことだけにとらわれてお金に忙しいです。 


そういう心の姿勢の悪さが収入に反映されますね。 


困った困ったと自力で解決しようとしない人や近況報告もないのは礼儀も感謝もない証拠です。 


また、最近では礼儀を知らない人が上に立っても知らないから教えられないのです。 

自分のプライベートに扉がないのです。

人間関係というのは礼儀が基本です。 


知らない、できない、わからないから成長もできないし礼儀もないのです。 


コミニュケーションの基本は礼儀があってこそなのです。 



自分の居場所がないと感じている人は、探す前に 礼儀ができる人間かどうかを自分に問うことをすべきかと思います。