もうひとつ、わたしのポリシーで、物事を憶測で判断しない というのがあります。 


事実を尊重するためです。 


だから、人や物事を憶測で話をされても受け付けないです。 


事実に基づく仮定ならまだしも だろう話や誰かの考えは聞かないです。 


自分自身の考えも検証ないと表には出さないですから。 


でも わたしの内神様からの言葉は尊重しています。  



事実を見ればわかることは際限なくありますが そこに憶測は必要ないですし、惑わすだけだからです。 

惑わす感情も憶測もわたしには必要ないのです。 

だから 人と話すときは事実しか聞かない。 


だけど 人は自分の考えを述べようとする。 


それによって わたしが惑わされて正確な判断ができなくなるのは迷惑です。 


憶測や噂話しほど無駄なことはないと思うのです。 



事実をありのままに見るということは、こういうことだと思うのです。 



憶測や噂話しが嫌いとか苦手ということではなくて興味がないのです。 


事実しか興味がない。 


事実もそうですし、本物しか興味がないといったほうが良いかもしれません。