求められることはできること

これからの時代は『責任』がキーワードになってきます。 



自分の人生に責任を持つとは、 
わたしたちひとりひとりは、生まれる前に自分に課してきた責任があり、それを思い出し遂行するということです。 


自分に課してきたことだから 得意なことで、難しいことではないのです。 

自分の個性特性に則られた責任なのでしょう。



責任を負うということは、任せる方は信頼しているから任せるのです。 


信頼されているから任せられる。 


その責任感。 


それが自分の特性であり個性だと信頼されているから、求められる。 


結果、出来るから それで認められて信頼されて責任を全うできる。 


これが求められることはできることの意味です。



自分以外の誰かができることは求められません。 


わたしたちひとりひとりのできることしか求められません。 


宇宙はそうやって わたしたちの信頼度を高めてくれるのです。 


個性を伸ばすことで信頼度が高まるのです。