自分の中の闇と呼ばれるものを乗り越えると、自分に辛く当たってきた人はただ演じていてくれただけなんだ、自分にある負の感情を乗り越えるために起きたことなんだと腑に落ちて 自分の成長のために起きたことだと感謝できるようになります。 


乗り越えることが出来てよかったね、と思うし すべてが感謝だね と言えるのだけど  今まで起きたことがなくなってしまうわけではないのです。 


確かに、感謝はわき上がるけれど、それよりも 心の深い部分が自分の過ちに気づき静かに瞑想するようになります。 


それが浄化された、昇華された状態になります。 

そうすると 自分の中にあった闇と呼ばれるものや負の感情が自分を守ってくれるものに変化します。 


負の感情は離れていくものではないのですよ。 


覚えておいてください。 





最近、エネルギーの高まりで自分を見つめ、意識が上がり浄化?された状態になり、心が軽くなったと言われる方が多くみられます。 


しかし 軽くなっただけでは片手落ちで 一旦離れたエネルギーが変換されて見守ってくれるようになるまでは浄化された状態にはならないので 中途半端な内観はしないように心がけてくださいね。 




内観は自分なりの速度があります。 


急がずに確実に内観してくださいね。