あってもいいんだ。 


闇も病みも妬みも憎しみもあってもいいんだ。 


それを嫌わないこと。 


嫌わず堂々としていればいい。 


これがわたしなのよ〜って堂々としていればいい。


人から何を言われようと関係ない。 


自分は自分。 


これが自分。 


これがわたしなんだ。 



文句あるか?と、威張り散らしたって構わない。 


正々堂々と生きているだけでいい。 




だってさ、わたしたちは肉体を持った時点で神様のような完ぺきな存在じゃないんだ。 


二元の世界に落ちた時点で完ぺきな存在じゃないんだ。 


ただ、自分を嫌わず堂々としていればいいんだ。