何も知らなかったらそのまま生きていけたのに、周りを見て知ってしまったから、知らなかったあの頃には戻れない。 


周りの世界と自分との関係。 


自分がちっぽけな存在に感じる。 


知らなければ苦しむことなかった。 


見なければ苦しむことなかった。 





そう感じている人がいるだろう。 



どんな世界を見たところで、人は自分の人生を生きるために生まれてきている。 


周りがどんな世界であろうと、自分を生きるために生まれてきているんだ。 




周りと比べることはない。 


自分のやりたいこと、自分が楽しめることをすればいい。 



それが人の役に立つことなんだ。 


だから わざわざ、人の役に立てることをやらなければならないわけではなく、ただただ 自分が楽しめて喜んでいられることをすればいいんだよ。 


あなたは、人生を楽しんでいますか?





知らなきゃいいんだよ。 
自分の趣味に没頭している人生が一番、幸せだと思うよ。 

知らない世界なんて見る必要はない。迷うだけだ。