最近 『向き合う』という言葉をよく耳にします。 


わたしも『感情と向き合う』と使うときがあります。 



さて、『向き合う』とは何なのでしょうか? 



わたしの場合は、内観する時に使います。 



しかし よく聞くと、『〇〇〇と向き合う』など人と向き合うことに多く使われます。 



人と何を、どう向き合うのでしょう。 



話をするってことですか? 
話し込むことですか? 


よくわからないです。 



でも 最近、よく使われることになったのは、人とのコミニュケーションを大切にしようという働きが多いのかなあと感じます。 


以前は、『受け入れる』『認める』が流行りました。 




要は、個々の違いを感じることが多くなったのかなあ と思います。 


そして、昔は、違いを認めあっていなかったことでも 認められるように向き合うことを求められている人々が増えたのかなあ。 


時代は常に変化しています。 


人は、それぞれ誰かと何かと向き合って、世界はどう変化していくのでしょう。 



来年は、何を求められていくのでしょう。 



わたしたちは変化に守られています。 



変化を起こすのは風です。 



わたしたちは風に守られているのです。 



この世に変化を起こす風は大いなる存在の姿かもしれません。