自分の居場所を広げていく〜

昨日の記事で『周りを観ていると、互いが互いから自立することを求められていますね』と書きました。 


互いが互いから自立することを求められるという事実を見過ごされている方もいるのかなあと思い、補足として書かせていただきますね。 


これは、自分のことを注意深く、観察しないと見えてこないことかもしれません。 

また 自分を批判されることで認識している場合があります。 



最近の傾向としましては、自分を批判してくる輩には意識を合わせない、という教えがあります。 

それはそれで正しいですが、向き合うということに関して言えば逃げともとれます。 

乗り越えたことにはならないからです。 

乗り越えたことにならないから当然、自分の器は広がらない。 

乗り越えてこそ器は広がるのです。 




わたしは、今まで目に映されることを乗り越えてきたから言えるのですが、乗り越えるには支えが必要だなあと感じています。 

わたしにとっては支えは離れていても繋がっている空ちゃんでした。 


支えがあったら乗り越えられる。 

支えがないうちは意識を合わせない。 



それでも良いと思います。 


だけど、世の中は常に変化しています。 

出会いによって支えが出来るかもしれないし、支えがそばにいることに気づかされるかもしれないし自分自身が支えだと気づくかもしれません。 


永遠に乗り越えられないことはないと思うから、思い煩うことなく、今の自分を認識した上で、日々の選択をしていかれると良いと思います。 



メールアドバイスでは、わたしが支えとなって、前に進む勇気の後押しをさせていただいています。 

前に進む選択を繰り返して行けば、自分自身にはそのうち繋がるものです。 


それは、自分の居場所(領域)を広げることでもありますし守ることでもあるのですよ。  


逃げてばかりでは自分の居場所は広がらない。


怯むな、怖れるな♪ 
とまあ、朝から威勢のいいままのままです♪