わたしという個人の人間は、非常によく頭を使って考えています。 


よくそこまで頭が働くなあと思えるくらい、常に頭を働かせています。 


頭を働かせているから余録というものがあり、それでますます考えていますが無駄なことも多いのです。



わたしは、とにかく脈略ないことをさせられるのですが、どうしてこんなことをさせられるのだろう?と自分の頭で考え始めます。 


元々、考えることが好きなのです。 


だけど、間違うのです。 
何故なら、わたしは神様の采配で動かされているからです。 


神様が考えることをわたしの頭で考えられるわけがなく、「たかだか50年生きてきたあなたにわたしのやりたいことがわかるわけがない!」としょっちゅうたしなめられています。


神様には神様の領域があり、わたしの頭では到底考えられるわけがないということですね。 


今まで、かなり無駄なことをしてきたなあと思います。 


「空ちゃんスキスキ♪」という感情も「空ちゃんなんて大嫌い♪」という感情も神様の采配でつけられています。 


そろそろ、頭で考えないようにしたいものです。 


思い煩うことなく、目の前に差し出されたことを粛々とこなすだけですね。 


それだけで、自分の人生をフルに生きられるようになると思います。