たぶん、わたしたちが地球に転生した目的というのは、真実の自分を生きる者同士が尊重して生きられる世界を創ることなのではないでしょうか? 


先記事でも書いた通り、わたしたちはそれぞれに自分の真実の物語を持っています。 


そんな物語を生きるわたしたちが互いに交差し関わり合いながら生きているのが、この地球という世界です。 


自分の真実の物語というのは自分の領域です。 


誰もが自分の領域を侵されたくないし尊重してもらいたいものです。 


そう考えたら、他者の領域を侵すことなく自分の領域を生きればよいのです。 



自分の領域を存分生きることが世界を平和に導くことなのです。 


人の世話をすることも良いでしょうが、他者の領域を侵害してまでかかわることは世界の平和に反した生き方なのです。 



他者の領域を侵さない。 
自分の領域を存分に生きる。 



これがわたしたちに求められていることではないでしょうか? 



その人それぞれに生きる物語がある。




今、この世界には情報が多すぎて、自分の領域の境がわからない人が増えています。 

だから、それぞれの領域を侵し侵され揉めています。 


自分の領域さえしっかりわかっていれば防げることです。 



自分の真実を生きることが世界を平和に導くのです。