今の世の中、何のために個人主義になっているかと言ったら、自分に集中して生きるためだと思います。 


人は孤独でないと、自分自身を見つめられないものです。 




静けさに身を置くことで、自分を見つめることができるのです。 



自分自らが静けさに身を置くことができないから、天が采配してくださるのです。 




有り難いなあと感じます。 



静寂があるから、人は成長できるのです。 




人はいつまでも成長したいものなのです。 





☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 


これを原発に例えてみると、原発反対を叫ぶのではなくて 違う方法を考えることなのです。 


なぜなら、反対を叫べば叫ぶほど、そこに力を与えてしまうものだからです。 だから あえて離れる。


原発を孤独にさせることで、力を失います。 


今まで愛を基に動いていなかったものは孤独になることで力を失なうのです。 


人も同じで孤独になることで愛でないものは力を失い、愛だけでしか生きていけなくなるのです。 


静けさに身を置くことで、人でも物でも町でも成長していけるものなのです。


天の采配で成長する勇気を与えられます。


天の采配を信じて生きていきましょう。 


愛があれば、そこに残るものです。



なぜなら、愛は在るからです。 



見えなかっただけで、愛は在るのです。


愛は在るのです。