波動が高いということはどういうことかと言うと、『気づきレベル』が高いということです。




理解力があるとも言います。 


逆に、理解力のない人や判断能力の乏しい人のことを波動が低いと言うのです。 


判断できない自分であることを判断できない人がいますね。(自覚できないとも言う) 


判断できない自分を自覚できるようになることを少し波動が上がったと言います。 



だから、自分のことがわからない人は波動が低いと判断されます。 




このように、意識の高い人というのは、物事の判断力や理解力が高い人のことを指すのです。 

判断といっても正しい判断のことです。


しかし、間違った判断をされるエセ波動が高いと言われる人々は、判断力の乏しい人々を操ろうとします。 


判断力の乏しい人はそれが正しいか間違いかがわからなくて、にせ物を掴まされるしにせ物に騙されます。 


人から騙される人は波動が低いのです。 


騙されないようにするためには、波動を高めることが必要ですね。 


簡単に波動を高めるためには波動が高いと言われる場所に出掛けたり飲食をすることを言われますが、それで本当に理解力、判断力が増すかというと眉唾です。 



地道に、自分の感情に向き合い、相手の気持ちを思い図り行動に移すことで波動は確実に上がるものです。 


自分の波動を上げるためには思いやる心は不可欠です。 


思いやる心が相手のことが理解できるようになるものです。 




波動の高低に良いも悪いもありません。 

また、思いやりないことが悪いことはありません。 
それは、自身の選択です。 
必ずしも、自分の感情と向き合わなければならないことはないのですから。
魂の質にもよりますね。