礼儀を尽くす人になる

この世の中は コツコツ何かひとつのことを継続的にできる忍耐力をつけることが必要なのはもちろんですが いくら真面目に過ごしていても礼儀を欠くことをしてはいけないように思います。 


そうすると、必ず しっぺ返しがきます。 



真面目に生きているから良いというものではなく、人と人との交流においての礼儀を知らないと、恥もかくし、しっぺ返しもあります。 


直立不動でありがとうを言うものではないし、軽々しくお願い事をするものではないです。 


礼儀は大切です。 


家庭内で躾されていない人は、外で叩かれて成長するのでしょうが 
できれば、子育てにおいて教えていくのが良いでしょう。 



物事の道理に反したことをする人が多いから、社会の秩序が保てないのです。 



言ってもわからない人は始末に終えないです。 



世の中の秩序を乱すことが氾濫しています。 



だから、地に足をつけた自分になり、礼儀を学ぶために いろんな出来事が起こるのです。 




素直になる。。。ということは、礼儀を尽くせる人になる ということなのです。 


有り難い限りです。 



こうやって わたしたちは地球で生かされていくのです。