ままのままさんの言葉で印象的な言葉があります。 




毎日、毎日 頑張っていても、出来なくて、自分が情けなくなって、自分はダメな人間なんだ〜って落ち込んだ時、何て言われたと思いますか? 




「暇なんだね」 



「卑下してる暇あるなら働け!」 


でした。



卑下してる間は、ずっと下を向いて動かない状態ですよね? 


「時間稼ぎか?」とも言われたことあります。 



いつまでも被害者意識でいた時もそうでした。



自身に誇りを持ち続けていたら、求められることは時間内に出来て当たり前なのです。 

だから、余り時間でも働くことになるのですが。 



自身を卑下するって、サクサク働いてる存在からしたら邪魔なのです。 

プロジェクトから外されることもあります。 



出来ないことはない世界ってそういうものなのです。 



だから 人から泣き言を聴くと、暇なんだなあ〜、時間がたっぷりある初心者さんなんだなあと思います。 

初心者にはそれなりに配慮しますが、いつまでも初心者でいる人は相手しません。 


そうでしょ、わたしの仕事ができなくなりますから。 



そうやって鍛えられてるから今のわたしがいます。 




卑下してる暇あるならそこから抜け出す努力してください。 

被害者意識でいたいならその立場から退いてください。 




自立するってこういうことだよ。 



今の世の中、どなたも自立を促されています。 



自分以外のものにしがみついていてもなくなっていくのです。