今の時期は、自分の感覚を思い出させるためのお試し期間であり、もうお試しが始まっています。 


自分の感覚を思い出し鋭くすることを求められているようです。 


だから せっせとわたしは瞑想ワークをつくっていたのですね〜 


自分の感覚を研ぎ澄ますことにより自分に自信がつきブレない自分をつくります。 


自信のある自分で居ること。 





自分はなにものにも変えられない存在だということを呼び覚ますのです。 

自分の内側には神性が宿っていることを思い出すのです。 



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆



神性:2013.09.30


人間ひとりひとりの心の中には『神性』がある。 
それは、ひとりひとりが尊い存在として認められる存在だと言うこと。 

分け隔てなく、尊重していく生き方。 

それが、ワンネス。。。 



だからね 

あいさつをすることは当然のことだと思うし、道を譲り合うこと、争わないことも当然なことだと思うんです。 

自分だけが 正義、神性を持っているわけじゃない。 
相手にも、神性がある。 
自分の正義を貫くあまり、相手の神性を否定するやり方は???ですね。 

相手は自分の中の神性に気がつかずにいるだけなんです。 

そんな時は教えてあげればいい。 

自分の正義を押し通す前に。 


また、人だけじゃなくて、生きとし生けるもの、すべてにも神性があります。 

物を丁寧に扱うことは当たり前だし、お掃除をすることも当たり前ですよね。 

そんな、当たり前なことが 当たり前でない世の中になっています。 

自分の中の神性、相手の神性を忘れていますよね。 


私は内観、浄化を経て 自分の中の神性に気がつきました。 

気がつかないとできないことかもしれません。 

でも、気がつく前に 信じてほしい。 

自分の内側に『神性』があること。


神が宿っていることに。。。






神性:2015.10.20


自分の中にある神性に気付くと 
生かされているだけでありがたい 
という感謝の気持ちがわいてきて、生きやすくなるように感じます。 



自分の中の神性の気持ちになって考えてみると 
肉体をまとうということは、とてもワクワクすることなんだろうなあ と思うのです。 



だって、それまでは 泣いている人を見ても 直接、抱きしめることができなかったけど 
肉体をまとって 手や足や目や口などを持つことができると 
目で相手をしっかり観て、口で『愛している』と伝えることができて
手でしっかりと抱きしめることができるのです。 


考えただけで感動します。 



自分の内側に居られる神性は、それがしたいんだなあ と思えるのです。 



人に暴言吐いたり、けんかなんてしたくないんだ ということがわかります。 


少しだけでも、想像してみてください。 



自分の内側に居られる神性の立場になって考えてみてください。 



そんな時間を持つことが この世に生きる人たちにとって必要だと思います。





瞑想ワークをちゃんとやってね☆