自立するためには、人に頼れる人になることが大切です。 




自分の出来ること出来ないことの線引きが出来ること。 


自分の出来ることは、誠心誠意行い それより外は人に任せる、頼ること。 



誠心誠意、というのは、集中するということです。 




人に任せられないのは、他人の力を信用していないからです。 


それは、人に対し、誠心誠意尽くしたことがないからです。


自分が誠心誠意尽くしたら、人から良い評価を受け、人を信じられるようになります。 



一生懸命やってます!と言われますが、誠心誠意やってないのです。 


思いやりの心がないのでしょう。 



一生懸命にならなくても良いので誠心誠意尽くしてください。 



メールアドバイスでは、そういうことの実践の繰り返しで教えています。 



それが自立の近道なのです。