今の世の中、無知な人が多いのだと思う。 


無知は、知らない、知ろうとしない、考えないから無知なため教えれば良いのだが、それを騙そうとする輩がいることがこの世界を悪くしている原因だと思います。 



無知だから簡単に、騙される。
無知だから簡単に、お金をむしりとられる。 


結果、貧困層が出来たように感じます。 



無知の中でいくら真理を説いたところで響かない。 

そればかりか支配している権力者の言いなりになるばかりで、真理を説く者は権力者から排除される。 




真理を説く者は無知には見向きもされないものだ。 



権力者が改心するか滅びれば良いのだが、無知が居る限り、騙す輩は現れるだろう。 


親切を装い近付いて、下僕にさせる者もいる。 

ペットのように甘やかすだけ甘やかす者もいる。 

どちらも無知からは抜け出せない。 



無知な大人が子供を生んだら子供も無知のままだ。 

教育もロクにつけさせないで大人になり、また 無知な子供を生むという連鎖。



子育ては親から受ける愛情が重要な役割を果たすと言われているが親からの愛情が受けられないなら他の人からの愛情を十分注がれたほうが良い。 

親でなければならないことはないと思うことすらある現状です。 



ある人と話をした際に言われたことは、大人(親)を教育するよりも子供を教育すべきだという言葉でした。 


一理あると思います。