一昨日、「生きる次元」を投稿したのは、人からわたしへのある想いを感じられたからでした。 


直接、言われたわけではなかったのですが、辛辣な言葉だったので落ち込みました。 


そこで自分の出した答えは、生きる次元が違うということでした。 でも、そうではないようで その後、昨日は丸一日 そのことが頭から離れませんでした。


そして やっと、今朝 まやさんのわたしの記事へのコメントの返事を書いていて閃いたのです。 


『そこは、相手に対して 自分も同じように学んでいる仲間だよ、という姿を見せることですよ。

親が子供に学んでる姿を見せるのと同じだね。』 


わたしは学ぶ姿勢を相手に見せてはいませんでした。 


そして、ここ最近は、いつも 楽しい顔しか見せていませんでした。 



そんなわたしに相手は、良い印象をもたなかったのです。




わたしにとって学ぶことは当たり前ですし、それをいちいち人に見せつけることではないと思っていますが それによって穿った評価をされる方には、自分を守るためにも見せた方が良いことなのかもしれません。 


ひとつ勉強になりました。



今は着付けを習っていますし、これから平林さんに本格的に英語を習おうと思っています。 


学びの秋です。 



皆様も何か習われてはいかがでしょうか?