親なら子供を賢い子供に育てたいと思うかもしれない。 



賢い子供に育てたいならば まずは親がブレない自分であることで、余裕を持って子供の疑問に答えられる環境を持続できるよう努力することである。 


どんな幼稚園、小学校にいれることを考える前にです。



また、将来、何にさせたいかが決まっているなら、そうなるべく計画するのは必須かと。 



何にさせたいという目的と今の現状が結び付くような道筋をつくることも必要かと。 




道筋をつくる、計画することは、大切に思います。 



わたしに何かを相談される場合、スピリチュアル的に観てほしいと思われるかもしれないが わたしは元々が現実主義なので 計画性を持つことを主に話しさせていただきます。 


誰から学ぶ、ことは重要です。 


理想ばかり語っていても実績が伴わない人に大切な子供は託せない。 


この人なら、と思える人を選ぶことは重要です。 


賭けをするようには子供は託せないと思うのです。 


わたしは娘の子育てや指導方法など悩んできました。 


その度に、立ち止まり、辺りを見渡し、信頼できる人を見つけ、人間関係を築き託してきました。 




今と昔は違うと言われても、真摯に人に向き合えば、必ず現れるものです。 

出来ないと思われれば出来ないし出来ると思えば出来るものです。 



この人!と決めたなら迷わないことですね。


決めないと信頼もされないですから。 



自分(親)の心次第です。 


それが親としての決断ではないでしょうか? 




子供の自由意思を尊重するのも親の決断ですし子供の未来を導くのも親の決断次第です。