仕事の出来不出来、お金の有るナシで階級を定める制度が過去にはありました。(今でもあると思う) 

そこにどっぷり浸かっていたような人は、そこからなかなか抜け出せなくて、能力差にこだわりジャッジする。 


そんな考えは今では古いのに未だにそれに固執する。 




神々にも階級がありそれを神々の秩序と呼ぶ。 


それは愛の含有量によるものだと言う。


階級が高くなればなるほど愛情が増すのだ。 



さて 能力差、お金の有るナシでの階級はどうだろうか? 


階級が上がれば上がるほど愛情は増すのだろうか?





階級は秩序というものが備わっていなくてはならないものだ。 


秩序とは、 
物事を行う上での正しい順序。また,社会・集団を正しい状態に保つための順序や決まり。とある。



「正しさ」が根底に有る。 

果たして、仕事の出来不出来、お金の有るナシで階級を定める制度は「正しい」ことだろうか?



自分の「正しさ」で人を振り分けることは秩序と呼べるだろうか? 



秩序ある世界をつくっていきたいものです。 




ここは地球。神々が住まう地球なのだから。