意識の持ち方で人生は変わるなあとつくづく感じた昨年末でした。 

また 最後に大きな大きな学びをいただきました。 


平林さんと年末にずっと話し込んでいて、それに気づいたのです。 


平林さんは、わたしが話すことを瞬時に自分の言葉にして確認を求めてきます。そうやって 潜在意識に落とし込んでいます。 わたしも普段からそうしていることに気づかされました。 

そして、これが学びの原点なのだと気づいたのです。 



実践するためには、自分の言葉にして潜在意識に落とし込む。 
そうやって刻み込んでいく。 


一昨日のまやさんのコメントに書いたように、学びとは、自分の言葉で伝えることが出来るようにすること。 


その確認のために、試験があるに過ぎないのだということにも気付きました。 

人生の学びも同じで、学んだことを自分に取り入れて身に付けて繋げていくことなのです。 



だから 実践しかないのです。 

覚えたことを口に出してみる、そうやって身に付いていく。刻み込んでいく。 



一回で出来るかもしれない。 
何度か繰り返さないと出来ないことかもしれない。 


だけど 諦めなければ出来るようになる。 



普段、書いてること言ってることをもっと深く教えられた気がしました。 



意識して物事に取り組むことの重要性に気づいたのです。


学び続ける姿勢とは?を 噛み下して教えられたのだと思います。 


また 自分を振り返ると、無意識にやってきていたことで、意識ないから止めたことに気づかなくて、歪みが生じて理由がわからなかったことがありました。 


年末に爆弾落とされた原因がそれだったことに気づいたのです。 


気付けない自分でいないようにしないとなあ、と感じています。 


元来、省みるという機能を持ったものが霊なのです。 


霊を正常に保つために学びがあるのだなあと思います。 

学びがないと曲霊といって邪悪に転ぶようです。