黄泉の国に足を踏み入れてしまったから霊が穢れ、祓いが必要になってしまった。 



本来 霊は省みるという機能を持っているものですが、黄泉の国に踏み入れてしまったことで霊が邪悪に転ぶようになってしまった。 


それは、神が欲望、感情という感覚を許したということもあり、必然であったとも言えるのです。 


必然ではありましたが、それは、霊を成長させるためでもありました。 


霊を祓いに祓うことで霊を正常に保ちながら成長させていただく。 



それが神の働きの目的だと言えるのです。 



祓うことと成長することはセットなのではないでしょうか?