神様というのは、その存在を感じると、ひれ伏してしまうものです。 


畏れ多くて、顔など到底、上げられません。 


そんな存在からお言葉を頂戴したら、有り難くて涙が止まらなくなるものです。 



それがいわゆるリラックスというものです。 




しかし 皆さんは、逆に畏れ多い存在だからと緊張してしまいませんか?


畏れ多いは怖いではないですよ。 



ただただ、存在そのものがもったいなくて有り難くて緊張が緩んでしまうのです。 



何か気付きを得た時ってそうなりませんか? 

その感覚です。 


そんな時には神様がそばに居てくださっている証拠です。 





神様の前でリラックス出来ないときは心が何か歪んでいる証拠です。 
参考になさってください。