わたしたちは何らかのカルマを刈り取るために生まれてきています。 


まずは個人的カルマ、次は家族(ご先祖様含む)的カルマ、次は社会的カルマ、民族的カルマ。。。 



わたしは個人的カルマは外れていて 今は家族的カルマに取り組んでいます。 


家族、一族の中でわたしひとりが外れているので、 周りを引き上げるべく、日々、働きかけをしています。 


これらは、わたしから歩み寄らないと出来ないことです。 




わたしたちはひとりで生きているわけではないので、家族、親族の中で重大な問題を抱えていたら 自分自身にも影響を及ぼすのです。 



自分の家族は違うけど、親戚にうつ、不登校、病気といった問題を抱えている方は少なくありません。 

そのため、自分の家族は大切にするけど 親戚とは付き合わないという方も少なくありませんが、付き合いなくても 自身の家族、自身に影響するものなのです。



もしかすると 自分の病気がなかなかなおらないのは、親戚の人の不登校と関わりがあるかもしれません。(実際は関係大有りです。) 





フルネーム鑑定で一族ひとまとめに視させていただくのはそのためです。




いくら自分だけ良くなりたい!と願っていても、親族間でいさかいがあったり恨みや妬みがあっては、良くなりません。 



〜されたから許さないなど言い分を聞かされることも少なくありません。 





良くなりたいという想いでわたしの元に来てくださっても それが親族間のいさかいで許すことからですと話すと受け入れられない、、、、、。 

最初は受け入れられないかもしれないですが そこが原因だから、受け入れ許すしかなすすべはないものです。 


それをいつまでもいつまでも 足踏みしたままの方が多すぎるなあと感じています。 



わたしは原因を取り除くすべをお教えしてるのだから、やればいいだけなのに、やらない。 


それを邪魔してるのは、自身のプライドなのだと思います。 



許すことは自身が乗り越えること。 

自宅学習と同じです。 

簡単なことから事細かにお教えしても、お願い系はやっても自習系はやらないというのでは、力がつくはずはないのです。 


真面目にコツコツ取り組むことからで、
そのために毎日、日記を書くことをお勧めしています。 



日々の生活をひとつひとつ振り返り見直す作業をしていくことから、人を許せるようになるのです。 


許せるようになったら、親族にたいしては親身になり手を差し伸べることをしてこそわだかまりが溶けるもので、まずは自分から歩み寄ることのできる人になることなのです。



そうやって 家族、親族間のカルマを刈り取ることが出来ると民族レベルのカルマも解消されていき 世界が平和にしていくことが出来るのです。 





よく、仲間を大切にと言われますが まずは家族です。 




間違えないでください。