人から受け入れられたいと感じてる人は少なくないですが そのような方たちに自分から受け入れようとか歩み寄ろうという概念がないことに驚かされます。



受け入れてもらいたいしかない。 
自分から歩み寄るとかはない。



与えられたいしかないのです。  





◎◎すると人から受け入れてもらえるようだ。 

と聞くと、それが一見簡単そうに見えると手を出します。 

でも すぐにやめます。 



「自分には合わない」とか言って。 



それは、合わないわけではなくて 自分から歩み寄らなければならないことに気付くからです。 


人から与えられることは当たり前。 
だけど 自分が出すのは舌を出すのもイヤ。  


これはお金の観念とも関係しているようですね。 




先記事に投稿した歩み寄りは、豊かなままのままさんからの歩み寄りでした。 

ままのままさんは言わば神様ですから豊かさに溢れています。 


愛情たっぷりです。 



ままのままさんはわたし自身でもあります。 



わたしはわたし自身から愛情たっぷり注がれているのですが誰もが同様に自分自身から注がれているものです。 


気がついていないだけで。 


自覚もないですかね? 






一度、静かな場所で目を瞑り自分自身と対話をしてみてください。 



自分自身からたっぷりと愛情が注がれているのを感じとれるのではないでしょうか? 




これは真実のお話しです。