祈りとは、本来なら意識を乗せると書いて、「意乗り」と成る。 



意識を乗せる生き方こそが祈り。 



グラウディングとは、意識を自分の中心に乗せること。 




すなわち、『意乗り』である。





グラウディングして生きるとは、毎瞬、毎瞬、祈りを捧げて生きること。 



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
《グラウディングの基本》

グラウディングの基本は、
自覚すること、意識すること、考えなしに行動しないこと。 



自分の行動に責任を持つこと。 


自分の行動に疑問を持つこと。 


確認、検証を怠らないこと。 




仕事をする上では大切なことですが 日常生活でも大切なのです。 


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

《グラウディング力がついてくると》

グラウディング力がついてくると 生きる力がついてきます。


受け入れること、すべてを受け入れて、許すことができてきます。 


すべてを受け入れて、許せるから 目の前の人に何を言われても、石を投げられても 反撃もしないで 前に進めるのです。 



前に進む力、 

ど根性がついてきます。



生かされているだけでありがたい、この世界のすべてのものに感謝ができるようになります。


感謝できるから、何をしますか?

グラウディングは『行動力』だけではありません。 


『行動力』と『包む力』です。 



女性性と男性性の統合なのです。 



行動力だけでは生きてはいけない。 

包む力だけが強くても生きるのは難しい。 



二つ合わさることに意味がある。

『行動力』と『包む力』を携えて、命を輝かせて生きていきましょう。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


《自分に最善を尽くすこと》

自分が何をしているのかわかっていると その自覚が生まれます。 


一方、 何をしているかわからないと 自覚は生まれません。 


何をしているか自覚をするということは グラウディングができているということです。 


何かを気をつけてやる、意識をしてやることは グラウディング力を高めますし 気がない、やる気がないのは グラウディング力が弱い状態です。 



どんなことでも 意識して、自覚してすることに努めると、グラウディング力はついてきます。
逆に グラウディング力がついてくると 意識して、自覚して 物事を対処できるようになるということです。 


そして グラウディング力ができて どんなことでも自覚してできるようになると 次には 意識が変わります。 


どうして 自分はこうなのか!これを選択しているのか!がわかってきます。 


すると そこに 責任感が生まれます。 


責任感が生まれると 視野が拡がり、物事を 四方八方、前後、左右 多次元的にみえるようになってきて その背景が考えられるようになってきます。 

この状態が センタリングができている状態と言います。 


どんな方面からでも 自分に適したことを考えられるようになってきます。

ここまでなると、人間関係がよくなってきます。 


だから 自覚して生きることが大切ですし 
今、していることを意識してやることが大切なのです。 

ただ わからないけど やらされているよりも 
わかってやったほうが 自分のためにもいいですね。


また、責任感ができてくるということは センタリングができているというサインでもあります。 


今の社会は 
責任感がわかないうちから、責任を押し付けていきますね。

そのため 重圧に負けてしまうのです。 


責任感がついて センタリングができてくると 柔軟性もでてきますから いろんな対処ができるようになります。 



責任感がついてくると 
いつも一生懸命でなくても 力を抜くとこもわかってくるものです。 

むやみやたら 突っ走ることはしなくなります。

そうやって バランスが取れる人間になってくるのです。 


人に意見されたぐらいで 自分を曲げません。 

それをすると バランスが崩れるのがわかっているからです。 
自分を第一に考えて、最善を尽くすことができるようになります。



自分のことがよくわかってくるようになります。



まずは 自分です。 

自分が傷ついたら、責任が果たせません。
それは、一種の防衛反応と言えるでしょう。 


まずは、自分に最善を尽くす人になることです。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

《あなたが未来を創る》

ひとつ大きな山を乗り越えると人は、自信を持ち 同じ苦しみがあった人の役にたちたいと考える。 

それは 思いやり。 


その思いやりを実践するために、思考錯誤するだろう。 


どうやって伝えていくべきか。 


そこで 
自立した考え方の者は 確実に、その思いやりを発揮していくだろう。。。 

しかし、自立した考え方を持てないものは、その思いやりを形にすることなく、ただ 拡散するだけで終わる。



どちらも 思いやりのある行動ですが、自立した考え方を持つ者とそうでない者の違いはある。 



確実に、形にする。 

確実に、思いやりを示すためには、自立した考え方をした方がいい。 



どんな方法も自由ではあるけれど 

世の中を考え、相手の立場を考えて 出した方法は 世界のためになる。 


世界中の人のためになるんだ。 


だから 
人のためになりたいと思うならば、 
自立した考え方を身に付けてください。


それが未来に繋がる。 



あなたが未来を創る。