自分の過去や触れて欲しくない部分や秘密主義のある場合には、 その部分は 透明ではない部分なのです。 


透明:自分自身にも周りにも見られて全然平気な状態で明け透けに出来ること 
 
 
秘密にしておきたい部分や自分の過去を話したくない気持ちの中には 
「自己憐憫」「自己重要感」「自己陶酔」が隠れています。 
 

これらは、自己中心的な心のため憑依の対象となるものです。  
 

これを自覚できてない人は 案外多いです。
 

だから 
自分を赤裸々にする 
隠し事をしない 
嘘をつかない 
ごまかさない 
誰かのせいにしない 
 
という意味で 
自己の情報公開姿勢は本当に大事です。 
 
それこそがわたしの言いたい心の姿勢の真髄。 


自分が抱えてるものをごまかし 
いつも気にしてるのに「もうどうでもいい」と嘘をつき 
嫉妬の念を反発や嫌悪憎悪で覆い隠し 
素直になれない強情さが問題を深刻化させる。 
 


でもそれらを紐解くと 最終的にあるのは 「恐怖心」と「孤独」なのです。 
 


秘密主義と聞くと、ミステリアスに思えるかもしれませんが、実は憑依の一種と言えるでしょう。 



これからの地球を生き延びるためには、それらは手放すべきと言えるでしょう。