一般的に、肺炎にかかるのは スピリチュアル的に見て 『自分の居場所でない場所で過ごしていて、そこは自分の居場所じゃないですよ〜』とのサインなのです。 


怖れの感情を持っていると相手にも自分にも怖れを生じ、コミニュケーション不足に陥ります。

そうやって、人は自分の居場所を見失っていきます。





世の中には、様々なウィルスがあり病にかかります。 


その原因というのは ウィルスがあるからかかるわけではなくて、原因となる負の感情があるからかかるのです。 


そもそも 負の感情がある人は免疫力が低いのです。 


だから かかりやすいとも言われています。 




ウィルスがあってもかかる人かからない人がいるのはそのためです。 



コロナウィルスはそんな負の感情(細胞)に入り込み、増殖します。 


負の感情がなかったら入り込む細胞がないので増殖しようがありません。 

抗体が出来ても増殖する方が早いので追い付かなくて、免疫力が益々、低下していきます。 




一方、インフルエンザウィルスというものがあります。 


こちらは、抗体があり、タミフルという特効薬がつくられています。 


そのため それほど、恐れられていません(インフルエンザウィルスは浄化作用です。だから、そもそも抗体は必要ありませんが。)。 



わたしが先記事で、不安や恐怖心があるからかかると書いたのはそのためです。 



ウィルスは細胞はないけど増殖します。 


細胞に入り込んで増殖します。 


要は、入り込む細胞がなかったら増殖しないのです。 


入り込む細胞=負の感情です。 



負の感情がなかったら増殖しないのです。 




ウィルスを増殖させないためには負の感情を持たない生活をすることです。 



自分の内面と向き合うことは必須ですし 体を鍛えることも意識を高く保つことも良いでしょう。 


免疫力を高める食事やサプリを取ることやハーブも良いでしょう。 


好きなことに集中することも良いでしょう。 




免疫力を高めていくと、敬う気持ちが芽生え、感謝の気持ちもわき上がり、畏怖心も芽生えます。 

自然を敬う気持ちですね。



また 先記事の中で『自己価値を高めること』と書きました。 


自己価値を高めることはウィルスにかからない体にすることに繋がるのです。 



先ほど、ある方のコメント欄にこのようにコメントしたので、抜粋しますね。


**********************



わたし(あなたの魂)に指摘されても 反論してくるのは、ある意味 自分を持っていることでもありますね。 

そこは良いことなのです。 

だけど 捻れた視点で自分を確立しているということなのです。 


わたし(あなたの魂)はあなたの『捻れ(間違い)』を気付かせたいのです。 

だけど あなたは頑なに、拒否する。 

そこが欠点なのです。 


自分の感じていること(頑なに守っている何か)は、間違っているのではないか? 

という疑問を感じることが まず、必要なのです。 

わたしの言葉に耳を傾けようとするゆとりがないのでしょう。 

心のゆとりです。 

仕事をやめて、のんびり過ごしているはずなのに、のんびりしていない。 



心にゆとりを持てるような暮らしを まず、考えてみてください。 



********************** 


ウィルスに感染しない体になることは 心のゆとりを持つことからです。 


心にゆとりを持つから、好きなことに集中できるようになるのです。 




あくせくしないでのんびり過ごすこと。 



そのために わたしは瞑想や呼吸法、グラウディングを教えています。 


少しでも、心にゆとりを持つ時間をとってください。 



呼吸法をしなければならないという考えは そこですでに、ゆとりではありませんね。 

そんなときは、やめてくださって結構です。






実際に、わたしに会われた方は知ってると思いますが、わたしは実に、のんびりしてますよ。 

ゆとりちゃんです♪