しつこさ〜価値の有効活用
最近 少ししつこさに悩まされていましたが わたし自身は相当しつこい人間です。 


しかし 以前は、そうではありませんでした。 


なぜなら しつこくすると親に嫌われると思っていたからです。 


でも 娘が生まれて、娘も相当しつこい子供でしたが そのしつこさで学力も人間関係も良くなっていったので、しつこいことは良いことだと考えるようになりました。 



しつこさは自分を高めるためには有効な手段だと思います。 


しかし 対相手には不利益が生じることがあります。 



ただ 知りたいからという理由だけで、自分にとって何の意味も持たないことをしつこく聞きたいというのは、相手の気持ちを考えず自分を満たしたいだけのマスターベーションに過ぎないとわたしは考えます。 


聞いてみないと意味あるか意味ないかわからない と言われますが、
本当に自分にとって有益な情報は、しつこくしなくても入ってくるものなのです。 




わたしがメールアドバイスの方々に長きに渡って教えていられているのは、わたしのしつこさとクライアント方々のしつこさの賜物です。 


『共に成長していきたい!』 

という想いがそうさせています。 



しつこいことは悪いことではありません。 

でも そのしつこさで自分を傷付けることだってあるのです(しつこくし過ぎて相手から嫌われる)。 


しつこいならしつこいなりに、それを、有益に使ってください。 


自分のしつこさを無意味に使って、不利益を及ぼすのは、しつこさの価値を下げることになります。 



誰もが、価値ある存在で、目には見えませんがしつこさも価値あるエネルギーです。 


誰もが価値ある存在で、誰もが価値在るエネルギーを持って生まれているのです。