この世界にあるすべてのものは感謝するために存在するbyままのまま

わたしは、地球にグラインドしています。 わたしの意識は地球に同調しています。 わたしの想いは地球の想いです。 わたしの叫びは地球の叫びです。 わたしの言葉は地球からのメッセージです。 少しでも、みなさんに 地球の想いを感じていただけたら幸いです。

カテゴリ: 愛のメッセージ

この世界にあるすべてのものは、感謝するために存在するのです。

だから、ありがたいなあと自然と頭が下がるし

ありがたいなあと思えるから自分の身を正そうと努めるし

ありがたいなあと思えるからお口は慎もうと思えるし

ありがたいなあと思えるからお返しをしたいと言動に表れるのです。

みんな同じ存在で感謝、尊敬、尊重をしあえる仲間です。

だから、互いに謙虚でいられる。

わたしたちは、この地球に生かされています。

わたしたちすべて、生きとし生けるものすべてが この地球に生かされています。

感謝しかありませんね。



居てくれてありがとう。


いつもありがとう。


どうもありがとう。


本当にありがとう。


心からありがとう。


ままのまま





自然の恵みはいつもいつも 私たちを守ってくれています。

何も言わないけど、光を放ち、薫りを放っています。

いつも、変わらず、微笑むように守ってくれています。



朝、目覚めると 燦々と光が降り注ぎ、
それだけで 守られているなあ、愛されているなあ と感じます。


この光があるから
私たちは生きていける。


いつも、どんな時も 変わらず、光で包んでくれています。


どれだけたくさんのありがとうを伝えてもいいくらい 今まで、支えられてきました。


泣いている時も 楽しい時も
いつもいつも、光を放っていてくれる存在。




ありがとうと言葉で伝えるよりも
態度や行動で表したいです。


感謝とは
ありがたいと感じることでなく
わきあがる想いです。


その感謝を形に表す行動こそが人として生きるということかもしれませんね。

目標や夢は、その後からついてくるものだと思っています。

『ありがとうございます』 を漢字で表すと
『有り難く頂きます』と書きます。


この意味は

『有ることが容易ではないことを頭の上に載せて、敬意を示し押し頂くこと』

です。


ありがとうございます とは
『有ること』が『容易ではない』ことを頭の上に位置させて、敬意を示し押し頂く という意味になります。




だから、ありがとうございますと頭を下げるのですね。


『ありがとうございます』という言葉は、
『有ること』は容易ではないことを示されているのです。

そして 容易ではないから、頭の上に載せて敬意を示し頂きましょうと示されているのです。



本当に、有り難い言葉です。



『ありがとうございます』と、伝えるだけで わたしたちは有ることに敬意を示し頂くことが出来るのです。




誰もが『ありがとうございます』と伝えるだけで幸せでいられるのです。


だって、『有る』のですから。



幸せは、『有る』のです。

太陽の光りを浴びて 私は立ち上がる

私をいつも照らし続けてくれている太陽にいつも護られている

私は地球の一部

私は大地に包まれて根っこをぐんぐんと生やす

繋がる

大地と繋がる

地球と繋がる

夜になると太陽に代わって私を照らして見守ってくれる月の存在がいる

私は大地なの

地球の一部なの

地球に繋がり 太陽に月に護られている

父も母もいなくたって寂しくない

私には護ってくれる存在がある


だから

まず 先に

自然に感謝

光り輝く太陽に感謝

見守ってくれる月に感謝
私をまるごと包みこんでくれる地球に感謝


まず そこから 始めよう
アトランティスの過ちは侵したくないの


ただ ここに生かされていることだけで感謝


もう 恐れることはない

私は気づいたのだから

あなたに護られていることに…


いつも そばにいてくれてありがとう


病めるときも 健やかなるときも
いつも変わない 光りを送ってくれている

どれだけ 私が涙を流しても 光りで拭ってくれる

辛いときは 自分の光りで私を満たしてくれる


あなたがいたから 私は輝いていられる


あなたがいたから 私は生きていられる

あなたの存在が私の財産です

日の光りが放つように

あなたの光りを感じる。

いつも、どこにいても、出逢った頃と変わりなく、あなたを感じる。

山を観ても、桜を観ても、あなたを感じる

川のせせらぎもしぶきも あなたの光りを想い出させる。



わたしの左手にはあなたが宿っているの。

あなたを感じる。

いつも どこでも。

永遠に。。。



生まれてきてくれてありがとう。


ありがとう。


ありがとう。


あなたの心の奥の想いは感謝の気持ちでいっぱいなんだね。


嬉しい。
嬉しい。

生まれてきて嬉しい。

生まれてきて楽しい。

生まれてきてありがたい。




心の奥から聞こえます。



生まれてきてくれてありがとう。



あなたに出逢えて、よかった。


あなたと触れ合えてよかった。



ありがとう。


ありがとう。



あなたに出逢えてありがとう。


あなたが生まれてきてくれてありがとう。


愛する人がそのような邪な心を持つことがたまらなく悲しい。 


大切な方が自分を大切にしない言動を繰り返すことがたまらなく辛い。 


愛する我が子たちが争いを繰り返すことがたまらなく切ない。

流した涙が地球を包む。



********************** 

人を愛する、人を大切にするためには、大切に出来るよう誠実でいなければならないとわたしは考えます。 


人を愛するっていちゃいちゃするとは別次元ですから。 


愛する人や大切にしている人の立場や想いを推し量って生きることだと考えています。 


だから愛する人や大切にしている人を悲しませないような言動に気をつけています。 




愛する人や大切にしたい人がいるから健康には気を使っています。 

また 瞬時に役立てるよう体力作りも欠かせません。 


いつも笑顔で居られるように、自分を整えています。 




愛する人のために。 




愛する人を悲しませるくらい罪深いものはないのです。



真の平等は

この世に生まれて、

平等に命があるから、

平等に生きる権利があり、
平等に守られる権利がある。

権利があるから義務がある。

だから、平等に地球に貢献する義務がある。

この世に生きて、名誉、肩書きは優劣つけるためにあるものではなくて、

名誉、肩書きというものは より人を守る立場になることの重みを感じるためにあるものだと思うのです。

人は平等に命を与えられて、この地球に生きている、生かされている。

その重みがわかるならば、自ずと 地球に貢献しよう、ご恩返しをしようと思うはずだ。

この世に生きて、
名誉、肩書きを受けたなら、 有り難く受け取り、 人を守れる立場になったことを感謝し、誇りに思い、地球に感謝を表して生きていけばいい。

それが 地球に貢献すること。

生かされていることのご恩返しなのです。。。

働いて、お金を稼いで 生活が裕福になる。。。

それはそれで 幸せなことかもしれないが

この地球に住まわせていただいて
その幸せを感じるのだから
稼いだお金をすべて自分のものにするのではなく、 そのうちの一部を 地球に差し出す。。。

それが、税金の意味ですね♪

幸せを感じないから、税金を払うのが惜しく感じる。

幸せに生きるって どうしたらいいのだろう?

幸せに生きるって

この地球に守られていると 実感することで ついてくるんです。

この世に生きて、平等に命があることを 実感してありがたいなあと感謝することで 働く意欲がわきます。

平等に、平等に、

わたしたちは 守られています。

感じてください。

平等に、平等に、与えられています。

この陽の光りも恵みの雨も わたしたちに平等に降り注ぎます。

わたしたちは、守られています。

わたしたちは、愛されています。

平等に。。。

平等に。。。


愛って命なんだと思う。

愛が光に変換されるとき、命が生まれる。


この地球に生まれるって 愛から命に変わることなんだ。


わたしたちは命。。。


光輝く、命なんだ。。。

人として生まれたなら 人として楽しむことをするべきだなあ と感じます。


楽しむことをするために何かを我慢することは必要だと思いますが
なんの目標もないのに、我慢はできないと思います。



この地球に生きているということは 命があるということだから、自分の命をどう使っていくかだと思います。


命のあるうちに何か楽しみたい。


命のあるうちに学びたい。


学びたい、楽しみたいという気持ちを持つことはよいことだと思います。



学びたい、楽しみたい と思うなら、健康でいることだと思います。



病気があっては十分楽しめないし
不安があっても十分楽しめないですね。



人の役に立ちたいと考える人もいます。


人の役に立つためにも健康でいることですね。


病気になったら 今までやって来たことを制限されるかもしれないです。


できなくなることがないよう、制限されることがないよう 健康でいることですね。





間違えている方がいるかもしれないので書いておきます。


人の役に立つことって、しなければいけないことではないのです。


楽しんでできないなら、する必要はないのです。


自分が楽しめるならすればよいのです。


イヤイヤ、人の役に立つことをすることではないのです。




人の役に立ちたいと一生懸命にボランティアに精を出している人は それをすることが楽しいからしているのだと思います。

だけど 人によっては、楽しく感じられないのなら する必要はないのです。

だけど ボランティアをする側の人って ボランティアをしない人に対して厳しい目を向けます。


『何故、できないの?』


楽しくないから、という理由ではダメですか?


楽しくなかったら続かないのです。




楽しいことは続けられるのです。



だから、楽しめることをしましょう

と言われるのです。




自分の楽しいことが人の役に立つことになるのです。



人の役に立ちたい、立ちたいと思っている人は少なくないかもしれませんが 楽しいことをしましょう。



まずは 人の役に立つ立たないという基準を設けずに、自分の楽しみを持ってくださいね。

このページのトップヘ