この世界にあるすべてのものは感謝するために存在するbyままのまま

わたしは、地球にグラインドしています。 わたしの意識は地球に同調しています。 わたしの想いは地球の想いです。 わたしの叫びは地球の叫びです。 わたしの言葉は地球からのメッセージです。 少しでも、みなさんに 地球の想いを感じていただけたら幸いです。

カテゴリ: 愛のメッセージ

この世界にあるすべてのものは、感謝するために存在するのです。

だから、ありがたいなあと自然と頭が下がるし

ありがたいなあと思えるから自分の身を正そうと努めるし

ありがたいなあと思えるからお口は慎もうと思えるし

ありがたいなあと思えるからお返しをしたいと言動に表れるのです。

みんな同じ存在で感謝、尊敬、尊重をしあえる仲間です。

だから、互いに謙虚でいられる。

わたしたちは、この地球に生かされています。

わたしたちすべて、生きとし生けるものすべてが この地球に生かされています。

感謝しかありませんね。



居てくれてありがとう。


いつもありがとう。


どうもありがとう。


本当にありがとう。


心からありがとう。


ままのまま





自然の恵みはいつもいつも 私たちを守ってくれています。

何も言わないけど、光を放ち、薫りを放っています。

いつも、変わらず、微笑むように守ってくれています。



朝、目覚めると 燦々と光が降り注ぎ、
それだけで 守られているなあ、愛されているなあ と感じます。


この光があるから
私たちは生きていける。


いつも、どんな時も 変わらず、光で包んでくれています。


どれだけのありがとうを伝えてもいいくらい 今まで、支えられてきました。


泣いている時も 楽しい時も
いつもいつも、光を放っていてくれる存在。




ありがとうと言葉で伝えるよりも
態度や行動で表したいです。


感謝とは
ありがたいと感じることでなく
わきあがる想いです。


その感謝を形に表す行動こそが人として生きるということかもしれませんね。

目標や夢は、その後からついてくるものだと思っています。

『ありがとうございます』 を漢字で表すと
『有り難く頂きます』と書きます。


この意味は

『有ることが容易ではないことを頭の上に載せて、敬意を示し押し頂くこと』

です。


ありがとうございます とは
『有ること』が『容易ではない』ことを頭の上に位置させて、敬意を示し押し頂く という意味になります。




だから、ありがとうございますと頭を下げるのですね。


『ありがとうございます』という言葉は、
『有ること』は容易ではないことを示されているのです。

そして 容易ではないから、頭の上に載せて敬意を示し頂きましょうと示されているのです。



本当に、有り難い言葉です。



『ありがとうございます』と、伝えるだけで わたしたちは有ることに敬意を示し頂くことが出来るのです。




誰もが『ありがとうございます』と伝えるだけで幸せでいられるのです。


だって、『有る』のですから。



幸せは、『有る』のです。

太陽の光りを浴びて 私は立ち上がる

私をいつも照らし続けてくれている太陽にいつも護られている

私は地球の一部

私は大地に包まれて根っこをぐんぐんと生やす

繋がる

大地と繋がる

地球と繋がる

夜になると太陽に代わって私を照らして見守ってくれる月の存在がいる

私は大地なの

地球の一部なの

地球に繋がり 太陽に月に護られている

父も母もいなくたって寂しくない

私には護ってくれる存在がある


だから

まず 先に

自然に感謝

光り輝く太陽に感謝

見守ってくれる月に感謝
私をまるごと包みこんでくれる地球に感謝


まず そこから 始めよう
アトランティスの過ちは侵したくないの


ただ ここに生かされていることだけで感謝


もう 恐れることはない

私は気づいたのだから

あなたに護られていることに…


いつも そばにいてくれてありがとう


病めるときも 健やかなるときも
いつも変わない 光りを送ってくれている

どれだけ 私が涙を流しても 光りで拭ってくれる

辛いときは 自分の光りで私を満たしてくれる


あなたがいたから 私は輝いていられる


あなたがいたから 私は生きていられる

あなたの存在が私の財産です

日の光りが放つように

あなたの光りを感じる。

いつも、どこにいても、出逢った頃と変わりなく、あなたを感じる。

山を観ても、桜を観ても、あなたを感じる

川のせせらぎもしぶきも あなたの光りを想い出させる。



わたしの左手にはあなたが宿っているの。

あなたを感じる。

いつも どこでも。

永遠に。。。



生まれてきてくれてありがとう。


ありがとう。


ありがとう。


あなたの心の奥の想いは感謝の気持ちでいっぱいなんだね。


嬉しい。
嬉しい。

生まれてきて嬉しい。

生まれてきて楽しい。

生まれてきてありがたい。




心の奥から聞こえます。



生まれてきてくれてありがとう。



あなたに出逢えて、よかった。


あなたと触れ合えてよかった。



ありがとう。


ありがとう。



あなたに出逢えてありがとう。


あなたが生まれてきてくれてありがとう。

あなたはあなたのままでいい。 


あなたらしくあればいい。 IMG_0037



違う人になることはなくあなたのままでいればいい。 


人はとかく、頑張らねば、と思ってしまうものだけど、頑張らないことを頑張ればいい。 


あなたの好きを大切に。 

あなたのままを大切に。 

笑顔を見せてくれたらいい。 





わたしは自分の経験してきたことを通して学んできたことを広めていきたい想いとわたしのように困っている人のために教えていきたいとの想いがあります。 


この世界には、見える世界と見えない世界という括りが存在し、見えない世界とは根源的なものです。 



それは、魂的な繋がりのこと。 


ツインと出逢った方にしかわからない魂の惹き付け感は頭では考えられないものです。  


それは、言葉に出来るものでもなく解読する必要でもないものです。


ツインの、、、、、以外でも魂の繋がりの深い関係では見えない部分でのやり取りがみられます。 


親子関係、友達関係など。。。 


今、生まれてきている子供たちも同じで、言語が苦手なのは、見えない部分での強いサインを送ることが出来るからです。 




今、20代以下の方々には、そういった傾向が多々みられるのが特徴です。 



昭和生まれのわたしからしたらそういった方々は人間という括りからは逸脱しているように思われますが、実際には肉体を持っているためその違和感で苦しんでいる方々がみられます。 



自分がわからない。 


自分の身に何が起きてるのかがわからない。



わからないから怖い。 

わからないから苦しい。 

だから、自分の居場所がない。



そのような方々が多いし増えてきています。 



見えないことは視覚化したり言語化して自分に落とし込むことで楽になると言われています。 


しかし 実際には、間違った視覚化言語化で苦しむことも少なくありません。 


これは本来なら根源的なことなので、視覚化言語化する必要ないものなのです。


しかし、視覚化したり言語化しないと納得できない自分の在り方に問題があるのです。 


わたしは人との付き合いを通して、それを徐々に改善させていくことをさせていただいています。 


実際には、見える世界と見えない世界と分ける必要はないのです。 


そして 視覚化言語化しないといけないわけではないのです。 


便宜上、あると便利だから使ってるわけで。 


それは、もしかすると 時の権力者の便宜上なのかもしれません。 



だから 言葉にとらわれずに、本質を観る力を養っていかれると良いでしょう。 



わたしたちの周りは見えないサインが渦巻いています。



今後は、言葉で教えるというよりも、エネルギー的に教えていくことが主になっていくような気がしています。




人に何かして差し上げた時感謝も何もない場合に、相手に対し、何故感謝もなにもないんだ!という想いが起きても、そこに留まらないようにしましょう。 


寂しさから、そこに留まったり、相手に執着することは、自分を大切に出来ていないということです。 


離れましょう。その人は感謝のわからない人だから、相手を変えようと思わないことです。



そう教えられた時期がありました。 

教えられても、相手への想いが強すぎて離れることができなかったわたしにままのままさんは、強制的にわたしの相手への感情を外してくださいました。 


ままのままさんが大切なのはわたしなのです。相手の方じゃない。 


感情って人を成長させるためにあるもので苦しめるためにあるものではないのです。 

苦しんでるわたしを見かねてままのままさんは外してくださったのです。 



愛されている、大切にされている、と感じます。 



人を愛することや大切にすることの意味をそうやって教えてくださっています。 


わたしが苦しみもなく平然としていたら、ままのままさんの手は伸びなかったでしょう。 

わたしが努力している様を見て、手を差し伸べてくださったのです。 




有り難い存在です。ままのままさんは。 



また 神の使いのお仕事が忙しくて うっかり感謝を忘れている時には、司令で「ソコ!感謝、忘れてるよ〜」と行かせてくださいます。 


よく見ていてくださる、ままのままさんです。 


感謝忘れずに、生かせていただけるのは、ままのままさんのおかげです。



有り難い♪有り難い♪ 




人の言葉って受け取る側の問題でもあります。 


素直な心で聞き入れるのと穿った想いで受け取るのとはまったく違った作用を及ぼします。 




ひとそれぞれ感じ方次第だから、それはそれでいいと思う。 



穿った想いのある人は感謝が湧かないようですね。 



素直な人というのは、心から感謝を感じていたらお返しをしたいと思うもので思ったら行動に移すものなのです。 


それがないのは、口先だけで感謝がないということなのです。 



口だけの人が多い世の中です。 




してもらいたいことばかりで与えることを考えられないのは感謝のない証拠なのです。 



人に何かしていただいたらその人の立場を考えて感謝の意味を込めて行動に移しましょうとわたしが誰かに教えたとします。 

その時に、感謝を強要してくると思われるようでは心根が腐っているのだと思う。 

教えようとしている人の気持ちを考えようとしないばかりかこちらの気持ちを無にする言葉です。 


人に感謝することを教えるには、繊細なことで配慮が必要です。 


これは、ままのままさんに教えていただいたことですが、本当に有り難いと感じました。 



心から素直な気持ちで聞く姿勢があると、たくさんのことを細かく教えてくださいますが、自分の気持ちに少しでも素直さがないと、言葉は降りてきません。 



「〜をしなさい」という厳しい言葉で降りてきた時には、強要されてる気持ちにならなくはないですが、それでも 自分の心がまっすぐじゃないからそう感じてしまうんだ、と反省すると、優しく「わかるようになったね」と誉めてくださいます。 


ままのままさんはあまり誉めることはされないので誉められるととても嬉しいです。 



いつも教えてくださり有り難いと思っています。 

教えていただいたことをもっともっと繋げるようにしていきたいと思っています。 


そんな想いを感じて、ままのままさんはある道筋をつけてくださいました。


自分の頭で考えるよりもままのままさんにお任せすると動きますね。 



有り難いなあといつも感じています。 




このページのトップヘ