この世界にあるすべてのものは感謝するために存在するbyままのまま

「わたし」が今、なぜ、ここで生きているのか。 人は本来この世の中でただ一つの命として、自然で無垢な、すがすがしくも清らかな存在です。 しかし現代では、その姿を保つには相当の努力が必要なことのようです。 心身を清浄に保つためには、神や祭り、自然の力をかりて謙虚な気持ちに立ち返ることが必要です。 自分の目の前に差し出されたことを真摯に受け止めてください。 出来ないことは求められないものです。 息の本体に帰ってください。 息の本体に帰り、愛となれば、望んだことは一寸の狂いもなく叶えられるもので、望みが叶えられないのは、我が身が愛でない証拠。 だから、息の本体に帰ってください。 ご自身の「根っこ」を見極めるために、父母 をこえる存在として神や仏、自然の世界やご先祖様の存在が解ると、大きな心のよりどころを得ることになるものです。 日本の文化や風習、特に日本人のこころに脈々と受け継がれてきている信念を取り戻すことは、古くからある豊かな心をとりもどさせてくれるだけでなく、新たな価値観を生み出す大きな手段ともなるものなのです。 そのために出来ることを日々、お伝えしています。

カテゴリ: 観念浄化ワーク


わたしが魂が繋がっているという体験をしたのは、その以前から観念浄化ワークで、内観浄化をしてきたからだと わたしは感じています。 


何故なら、内側に観念、思い込み、こだわりがあったら 感度が鈍り、
相手からの愛を受け取る ことも出来ないからです。 


相手の純粋な愛を受け取るためにわたしは準備してきたのだろうと感じています。


それでも わたしはその後も内観浄化をし続けてきました。 


死ぬ気で努力した者にしかわからない景色があります。 


それがわたしにとってはその方との出逢いだったのです。 




ツインらしき人に出会ったのに感じられないという相談もいただきますが それは努力足りないからだろうとしか言えません。 


内観浄化をすればするほど そこに近づくのに、しない人の気がしれない。 


嘘かどうかわからないなら 試せば良いだけでしょ、と思います。 



誰かが代わりにしてくれるなんてあり得ない。 


自分の人生を誰かが肩代わりしてくれることなんてないのです。 


ただ やるだけで 自分の真実に出会えるのに、やらないのは、自分を偽り続けることです。 




わたしは観念浄化ワークというツールを使って内観浄化をしてきたのです。 




今では、そのツールを使って メールアドバイスの方々への指導を行っています。 


そして 必要な方にご紹介をさせていただいています。 


思考グルグル状態に陥ったら

まず、原点に戻ってみる。


この世界は

自分の内側が投影されている世界なんだから

この世界をじっくりと観察をしてみるんです。

自分の内側にどんな思い込みがあるんだろう?と探ってみるんです。



それは 自分が不満だと思っている箇所にあることに気がつきます。


そこで 気がついたら、

その不満を書き出すなりなんなりすると

自分がいる世界がそこだ♪と気づきます。



簡単に言うと

仕事に不満を抱えている場合は


『仕事に不満を抱えている世界にいる』
ということに気づくのです。


どうしてそんなとこにいるのでしょうかね?


不満を感じながらも
『仕事に不満を抱えている世界』を愉しみたいからなんですね。

この場合のたのしみたいは
愉快の『愉』です。

この『愉』は喜びも悲しみも苦しみもたのしむ時に使います。

楽しみの『楽』は喜ぶときに使われるんです。


あなたの魂は この世界を愉しむために生まれてきているんです!!!

楽しむためだけじゃないんですね♪

あなたの魂は 悲しみも苦しみも喜びも体験するために生まれてきているんです。



だからね

あなたが
『こんな仕事なんてやだ〜 やめた〜い』と絶叫していたとしても
あなたの魂は 愉しくて愉しくて仕方がないのですよん♪


なんて 男前な魂ちゃん♪なんでしょね〜



このように

『仕事に不満を抱えている世界』を愉しむために生きているのですが

その愉しみも たっぷり味わったら卒業していくんです♪


まだまだ そこから卒業できないのは

たっぷり味わっていないからなんです。


だからね
横道を反れていないで 味わったほうが 早く抜けることができるということです。



これが 人生のからくりです。



感情というのは、このようにわたしたちの人生につきまとっています。

感情に翻弄されるのも人生だし、感情を味わうのも人生だし、感情を操るのも人生なんです。


しっかり感情を味わわないと、感情というのは、外れないものですが

味わったにも関わらず、魚のウロコのようにはがれかけていたり、はがれていくはずが 何かの感情にからみついている感情があります。

ほんとは 卒業組であるはずなのに留年しているようなものです。

そんな感情も身体にくっついているんですよ。

そういう感情は はがしてもらうのを待っているので こちらがはがしてあげるのです。

そんな時に 役に立つのが
『観念浄化ワーク』

なんです。


はがれかかった感情、観念をハートロケットに乗せて、飛ばすだけで はがれていきます〜


ほよ〜っ ミラクル♪ミラクル♪


わたしは 感情の解放をよく お洗濯に例えます。


その日についた汚れはその日のうちに落とせば、きれいになりますし

汚れが軽いうちに落とせば落とすほど きれいで過ごせます。


感情も同じなんですね。
だから まずは、上についた軽い汚れ、軽い感情から落としていけばいいのです。

上についたものから落としていかないと、中に染み付いた汚れは顔を出さないですし はがれていけないですね。


でもね

人によっては

汚れが頑固だからと言って 力ずくで ゴシゴシ こする人がいます。

そうすると 生地が痛みます。

魂も同じなんですよ。

魂も傷がついてしまうのです。



ヒーラー、セラピストさんの中には

そういう頑固な汚れを力ずくで はがす人がいらっしゃいます。

よく洗剤もつけないでゴシゴシします。

たぶん そういうヒーラーさんやセラピストさんは 魂が視えない人なんだと思いますよ。

視えていたら、手荒なことはできないと思います。

わたしからしたら、魂、視えないのに ヒーラー、セラピストやる資格なし!と思います。


魂が傷つくというのもありますが 変形もしてしまいますね。。。

角ばって どうにもこうにも おさまっていない人も見てきました。


そういう人たちは やはり、スピリチュアルなワークを渡り歩いてきている人が多いですね。。。


そういう人は わたしのいうことも聞かないです。

わたしの光りを浴びても、痛がります。

だから わたしは止めざるを得ません。



グラウディングコードを引っこ抜かれたり
切り刻まれたり
魂が角ばってしまったり


みんな、エネルギーに翻弄されて なるんです。



心にハイター原液でかけられるようなものです。。。


想像してください。。。。



怖いですよ〜((((;゜Д゜)))



だから わたしはエネルギーワークをお勧めしていません。



わたしは まあ、上についてる汚れを一枚ずつ、丁寧にはがしてあげるだけです。


自分には ドッカーンと爆弾落として、はがしてきましたが お勧めできるものではないのです。



観念浄化ワークは 汚れを上から順番にはがしていくだけですので 安全なんですよ。。。





わたしは この『観念浄化ワーク』の人生上昇塾の会員でしたが 今はやめています。

だけど わたしは これで 浄化をがんばって ここまできましたので
わからないことがありましたら 質問してくだされば お答えはさせていただきます。



人は愉しむために生まれてきました。

幸せを感じて、生きるために生まれてきました。


覚醒するためとか 使命を果たすためとか 言われる人もいらっしゃいますが


まずは

自分が幸せでいることが条件なのです。



自分が幸せならば
その幸せを分けてあげればいい。


分けてあげる幸せがないのに
どうやって 人を救えるのですか?



覚醒って

幸せに生きるために 覚醒しておいたほうが 都合がいいってだけです。

ただ それだけのものです。

覚醒したから、幸せではありません。

幸せに生きるためのツールの一種なんです。


『覚醒』も『観念浄化ワーク』も 幸せに生きるためのツールに過ぎません。





わたしの光りは、いつも万全です。

わたしの光りは あなたを地球にグラインドさせます。

あなたを地球ごと、包みます。



いつでも、どんな時にでも わたしの光りを浴びにきてくださいね。




ままのままをお楽しみください☆


うふっ(#^.^#)


観念浄化ワーク

http://www.e-jinsei.net/


無料電子ブック

「思い込みを手放せば、すべては変わる!」



わたしは 7年前にこの観念浄化ワークに出逢い、人生を変えました♪

ハートロケット☆を飛ばすだけで 簡単に浄化ができてしまいますよ〜



余分な思考はストップして、ハートロケットを飛ばすだけで 目の前の世界は変わります。

自分の自我と向き合う説明を クライアントさんとメールでやり取りしています。


参考にしてみてください。


クライアントさまは ご主人に対して、自我が強く反応するご様子でしたので ご主人の嫌いなところを書き出してみてください。

と 伝えました。

すると 書き出した内容が 次の内容です。


空気が読めない
不器用
無神経
要領が悪い
偉そう
笑いのツボが合わない
臭い


そこで わたしの返信内容が次の通りです。


例えばね
「空気が読めない」というエゴっていうのは

1空気が読めない人は嫌い。
2空気が読める人が好き。
3空気が読めないことは悪いことだ。
4空気が読めることがいいことだ。
5空気が読めるようになりたい。

って5つに分解されるのよ。

だから そのうちの1つの「空気が読めない人が嫌い」という観念だけを浄化できても 自我が残ってしまうのよね。

そして ここがポイントなんだけど

◯◯さんは、決して ご主人のことが嫌いなわけではないのよ。

◯◯さんは

空気が読めない
不器用
無神経
要領が悪い
偉そう
笑いのツボが合わない
臭い

って人が嫌いなだけなの。

ご主人じゃなくても、嫌いなのよ♪

だから これらの感情が浄化できてしまうと

あら?不思議?嫌いではなくなるんだよ

だから ご主人と話をしても 波動が下がることがなくなるよ〜

がんばれ♪♪♪♪


♂♂♂♂♂♂♂♂♂♂♂ここまで


まずは 自我と向き合うことは お洗濯と同じなんです。


自我を書き出すのは 汚れを浮き上がらせることに繋がります。


そして
次に 細分化。

汚れを分解するのですよ〜♪


こうすることによって より汚れは落ちやすくなるのですよ♪♪♪


この返信が次♪


またしても目からウロコです。

確かに、主人の嫌なところは、私がそうならないようにと、常日頃務めているところと同じです!

そして職場の嫌いな男性に対して抱く気持ちと、主人に対しての気持ちがまるで同じなのも、その人そのものを嫌っているからではないという証ですね!


正直、主人と向き合うのはがスゴく嫌でした。

昨日なんて、もうどうでもいいから早く離婚して、…と投げやりになっていたぐらいです。

でも、こういうことなら取り組めそうです


それにしても、私にはまだまだ手放さなくてはいけないエゴが山ほどあるのですね( ̄ー ̄)
地道な作業が必要ですね。



♂♂♂♂♂♂♂♂♂♂♂♂♂♂♂♂♂♂♂♂♂♂ここまで




エゴを書き出して、細分化してから 浄化します。


すると 次には また、違った自我が現れます。

そして また、書き出して細分化する。
そして 浄化。。。

この繰り返しをしていくと 嫌いだったご主人は嫌いじゃなくなるんですよ♪♪♪



夫婦円満は家庭円満に繋がります。

家庭円満な家庭が増えれば、地球はよくなりますよ〜

前に進むには、相手の言葉って大切なの。


わたしが どうして上がってこれたかというと

相手をとことん、信じたからなの。

相手は鏡だっていうのは、本当にそうなのよ。

それに この世の法則で最たるものは

『この世は自分の内側を投影した世界です』

なの。



自分がいて、相手がいる。

どうして相手がいるかと言ったら

自分を写してくれる人だから。。。

自分は 成長したいと地球に生まれてきたけれど
一人では 自分が見えないしわからない。

だから、鏡が必要。

で、自分以外の者が必要なんだ。


自分以外の者、物があるから
自分の内側がわかる。



これさえ、しっかり 腑に落ちていれば あとは簡単なの。



相手の言葉を注意して、集中して よく 聞くことなの。

そのときのポイントは、
相手の言葉から感情を外して 言葉のみを受け取るの。

そうすると、ダイレクトにわかるから。

そのわかったことを
素直に受け取るの。

相手は、必ず 修正箇所を教えてくれるの。

鏡だから^^

そこを 素直に認めて、直していくだけなのよ。

素直に認めることって謙虚になることだよ〜



反省の実践だね。

毎日、毎日 そこを認めていく。

嫌だなあ と思った時の会話を頭にインプットしておいて あとで 反省する。

そうすると 修正箇所が見えてきて そこを修正するだけなのよね。


ひとつ、修正できたらクリアされて 乗り越えるとされる。

だけど お試しといって 同じことが起こるんだ。
そのときに うまくできたら、\(^-^)/
乗り越え完了\(^-^)/ サインなの。



こんな風に、考えてみてね。



だから

メールアドバイスの人たちには

その会話を教えてもらえると わたしが徹底検証して
何が 修正箇所なのかは教えていきますよ♪


内観のお手伝いをさせていただきます。

わたしが内観浄化をお勧めする理由。



例えば、
お金さえ渡しておけば文句はないだろ!というご主人がいらっしゃいます。
奥さまは、不満を抱えながらも、逆らうこともできずに 逆らうこともしずに 生活をしています。


そこで 不満だからと、離婚を切り出したとします。

その後の結果は なかなか離婚できずにいるか、離婚できたとしても それから自分で稼いで生活をしていくという現実があります。
それはそれで 自由で楽しいかもしれませんね〜


一方、不満だからと離婚を切り出さず、
その不満を内観浄化したとします。

すると

ご主人は、お金さえ渡しておけば文句はないだろ!という態度は変わりませんが
奥さまは ご主人の態度が気にならなくなり 不満ではなくなります。

すると それで、生活が潤うので ご主人にたいして ありがとうございますという気持ちが生まれます。
すると それが態度となり行動になり
結果、ご主人の『お金さえ渡しておけば文句はないだろ!』という態度が変わるのです。

で 夫婦円満o(^-^)oです。


内観浄化は 人として生きるためのツールなんですよ。



それは、
自分を否定しないこと。
感情を抑圧しないこと。

言葉を換えれば、
自分に正直であること。
無理をしないこと。
自分以外のものになろうとしないこと。
自他にウソをつかないこと。

たとえば、マイナスの感情を持ったときに、
それを隠したり、無理に追いやり、プラス思考や肯定的な態度を装う。

無理に追いやられた感情は体に蓄積される。
無理に装われたプラス思考は花開くことは無い。


いやだと思っていることがあれば、
そう思っていない振りを自他にしてはいけない。

マイナス感情を相手にぶつけていいと言っているのではない。
その感情を隠したり無理に追いやったりしないで
解放させる方向へ向かいたい。
あなたがそういうことを言うと(すると)私はこういう気持ちになる、
と説明ができたらいい。 
その人から離れる道もある。
相手にいい顔だけをしてストレスを溜め続けるなら、
あの人のせいで私はこんなに不幸に陥った、と思うかもしれない。
が、募らせてしまった恨みつらみの責任はもはや「あの人」にはない。


自己嫌悪の場合。
今の自分がいやだろうが、
そんな自分を認めたくなかろうが、

そうした思いを隠す・閉じ込める・こだわリ続けるのではなく、
ありのままを受け入れる以外に解放される道はない。

どんな自分でも許して受け入れて愛していくことが、
人を愛せる人、つまり愛のある人になれる道。


自分のことでも人のことでも同じ。
その考えはマイナス思考であると否定して
プラス思考を強制するのではなく、
理解を示してあげることで
マイナスの感情も、その場で解消することさえあると思う。
賛同できない場合でも理解は可能だ。



否定して隠したり、閉じ込めたりしているものがなくなったとき、
そして、自他で許せない人がいなくなったとき、
プラス思考は大いに役に立つ。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・





現実は“心”をそのまま投射した映像である

「本当の自分へ還る旅」テイクオフコース


話題の無料電子ブック

人生の創造主になる方法



http://webdo.co.jp/books/?com=shopItemD&iid=10001098&strid=hibiani&ai=10013071

内観はして気づいたけど、落としこむことできないのと質問メールをいただきました。




『自分は〇〇〇である。』
と気づいたら、(内観)
その心の裏側には

〇〇〇は悪いことだ。
〇〇〇でないことは良いことだ。
〇〇〇をする私は悪い人間だ。
〇〇〇をしない人間は良い人なんだ。

という気持ちが含まれています。
ようは 〇〇〇ができるからいいとか悪いとかで自分を判断しているんですよね。
〇〇〇ができてもできなくても どちらでも構わないんです。
ジャッジせずに認めていくんです。

だから

『私は〇〇〇な人間だ。』ということに気づいた場合は
その裏側の観念
『〇〇〇は悪いことだ。』
『〇〇〇でないことは良いことだ。』
『〇〇〇をする私は悪い人間だ。』
『〇〇〇をしない人間は良い人なんだ。』


この5つの観念を浄化する必要があります。

浄化の方法は 『観念浄化ワーク』のやり方が簡単だよ。

人生の“創造主”になる方法
http://m.mixi.jp/view_community.pl?id=3347642

 http://jinsei.ti-da.net/

ミクシーチェックでもしました。
いちど 読んでみてくださいね

無料電子ブックはとてもわかりやすいですよ〜

> 1  自分にラベルを貼る (私は○○○だ)
>
> 2  自分を許せないという感情に変換する(○○○な自分が許せない)
>
> 3  ラベルを「悪いこと」に変換する (○○○することは悪いことだ)
>
> 4  ラベルの相対する言葉を「良いこと」に変換する
>
>
> *****************************

このページのトップヘ