この世界にあるすべてのものは感謝するために存在するbyままのまま

わたしは、地球にグラインドしています。 わたしの意識は地球に同調しています。 わたしの想いは地球の想いです。 わたしの叫びは地球の叫びです。 わたしの言葉は地球からのメッセージです。 少しでも、みなさんに 地球の想いを感じていただけたら幸いです。

カテゴリ: その他読物

僕は地球

お父さんは太陽で お母さんは月

昔 昔 僕に似た星があったんだけど 核爆発で 砕けてしまったんだ

そのかけらを宇宙の人達が修復して 天に戻したのが お母さんである月なんだ

それで そんなお母さんを見初めてプロポーズしたのが お父さん

そして 生まれたのが 僕なんだ



実は、僕 困ってることあるんだ
僕の身体にはいっぱい 木が生えて皮膚である土を守っている
そして その木を守るために海があるんだ

でも 最近 木を切って燃やしたり 僕の身体に爆弾を落として 焦がしたりするんだ

やけどして とても痛いよ
海の水で冷やそうとしても 人間が流す水は 油が入っていたり 良くないものが入っているから 傷がとても滲みるし 直らない
お父さんに温めてもらいたいのに、人間が出す煙で、僕をおおっている膜をとかしているから、直に太陽の光りが当たるからよけいに痛いんだ

お母さんに直してもらうんだけど 夜になっているところだけ 直してもらっているから なかなか直らない(>_<)

お父さんは我慢しすぎた と言うけど 僕 人間が大好きだから 我慢するんだ
僕は人間のこと大好きだから 人間も僕のこと大好きなんだって信じてる…




でも 最近 もっともっと ショックなことが起こった

お母さんがいた星でも使っていた 核 を使った爆薬をつくっているんだ

それを 僕の身体で実験したり 実際に落としたりもした

それで 僕の大好きな日本人が何万人と亡くなった
それに…

それに…

原子力発電所を僕の身体の上にいっぱいいっぱい つくったんだ

そして 毎日 毎日 お母さんが泣くんだ

お母さんみたいになっちゃう…って

辛いよ 僕

辛いよ 僕

今まで 弱音を吐かなかった僕だけど 僕の心は砕けそうだよ

だから お父さんに相談したんだ

そしたら お父さんは天気を司る神様に言って 大雨を降らしたり カミナリを鳴らしたり日照りにして 人間に警告をした

でも やめてくれないんだ

「ボウヤが嫌だってはっきりと言いなさい!」

お母さんが言った

もう 僕が 僕の意思を表さなきゃいけないってこと?

「もう お母さんが祈ったり お父さんが警告しても無理なの あなたが 自分自身で行動してごらん
あなたならできるわ」

お母さんは続けた

「そうね… 日本人なら あなたの気持ち わかってくれるかもしれない」

「えっ日本人?」僕は聞いた

「そうよ 日本人は 私に住んでいる月人からDNAを採ってそっくりにつくっているから わかってくれるかも☆しれないわ
NASAが宇宙士を選ぶ時に 必ず 一人 日本人を選ぶのは 月人が驚かないようにするためなのよ ボウヤ」

「えっそうなの?」

「そうよ ボウヤ元気を出して!日本人なら きっと わかってくれて世界中の人間に伝えてくれるわよ!」

「うん 僕 『原発反対!』って 言ってみるよ」

やっと やる気になった地球のボウヤを 優しく見つめる お母さん 月とお父さん 太陽


勢いよく『原発 はんた〜い!』と 僕が叫んだ

そしたら 勢いよすぎて 海も 踊り出して 津波を引き落として 多くの人間が亡くなってしまった

「お父さ〜ん お母さ〜ん

「僕の上に住んでた人間が いっぱい いっぱい 亡くなったんだ やっぱり 僕 できない

「何を言ってるんだ 亡くなった人間達は ボウヤにしっかりと掴まっていないから振り落とされたんだ しっかりと根っこを張っていれば いいものを… だが かわいそうだから 火星と木星に言って 受け入れてもらおう だから 心配することないぞ!」」

「私は 人間達に あなたにしっかり根付くことができるように 愛のエネルギーを送るわ ねえ あなたも一緒に愛を送りましょう」とお母さんが言った
お父さんも 「そうだな 地上にしっかりと掴まっていられるように ワシもエネルギーを送るよ」

「お父さん お母さんありがとう」
僕 人間が原発をやめてくれるまで 頑張る!」

「そして 人間や動物 植物 僕の上に住んでいてくれる ありとあらゆる物達 と おだやかな日を過ごせるまで 僕は頑張るよ!」




ひょっとしたら 地球はこんなことを感じているんじゃないかなあ と思って 書いてみました


私は地球です

地球は私です

今まで 私も 辛いことがあっても 耐えてきました 口答えも 自分の意見も言ったことがありませんでした

しかし スピリチュアルを学び 自分の気持ちは自分自身が表さなきゃいけないことを知りました

まだ 最近のこと です

自分の言葉で伝える 態度で表現する

やっと 少しですが できるようになってきました


でも まだまだ これからです


地球も同じ気持ちかもしれません


自分が自分自身を愛するように

あなたも地球を愛してください
今までの過ちを許してください と謝ってください
そして いつも いつも そばに寄り添ってくれて ありがとうと感謝してください


天を仰ぐのではなく あなたの足元にいつも存在する地球に…




本物のおもてなし?あれこれ

頼めばやってくれるけど、 頼まなければ気付かずやってくれない。 

というのは 


お金を払えばやってくれるけど、お金を払わなければやってくれないということにも通じると思う。 


親子関係、師弟関係では、気づかない、気がつかない人には、上の者が教えます。 

 



気づく人は気づかいのできる人。 


その気遣いをお金をもらわなければしない、やらないというタイプの人がいます。 


本来、気遣いは思いやりなのだが、そこにお金を支払う人がいるからそのようなタイプの人も出てくる。 



世間的には『おもてなし』がそのように利用されているのが現状ですね。 




手なづける、手なづけられることに馴れている人は気遣いを欲しがる。 


手なづけられることに馴れている人は気遣いや思いやりを欲するし、人にたいして気遣いする人はそれで人を手なづける。 

そんな共依存の関係があります。 


今まで手なづけてきたから 次は逆の立場になり、人を手なづけていきたいと考える人もいます。 


そんな人の元には、同じような人が集まるのです。 


しかし そんな関係に最近では異変が起きています。 


それは 手なづけられない人。 


気遣い、サービス、金銭的なものを嫌がる人がいます。 


それは それまでに手なづけられてきて嫌な想いをしてきたからでしょう。 

だから そういった気遣い、思いやりから離れた生活を送りたいのです。 


見せかけの気遣いや思いやりはいらないのです。 

本物が欲しいのです。 


しかし 本物と偽物の区別がつかないのです。 




気遣い、思いやりといったものは、気付きの一種であり神様からの愛でありギフトです。 



そのため それを知るために、自分の内側を見つめるように促されている人が増えています。 


目の前の思いやりが本物か偽物かわからない。 


本物にこだわる気持ちが資本主義を崩壊させていきます。 


人は本物にしかお金を使おうとしなくなるから。 


そんな風潮がありますね。


でも まだまだ、物で人を釣ろうとする人も見かけます。 


気遣い、思いやりがわからない人は騙されます。 


でも わたし、個人的にはわかって騙されてます。 


本物でも偽物でも思いやりには変わらないから^^ 



わかっていれば良いと思います。 



本物でも偽物でもこだわらない心が穏やかな生活を送る秘訣かなあと感じます。 





神は鼻から命を授けてくださった。 



口から吐く行為は、神の愛を発揮することで、それが感謝だ。 



吐いたら、自ずと入ってくる。 



神の愛を発揮したら神から命を授けられる。 



それが呼吸というものです。 


故に、
出したら、必ず 入ってくる。 



自ら与えたら、巡って入ってくる。 



これは、紛れもない事実なのです。 



だから、与えても巡って入ってくる。 

決して、なくならない。 


この世の金銀財宝、豊かさも与えたら、巡って入ってくるものです。 





牡牛座の満月の意味は、自分のMust Haveを明確にして人生を創造して生きていく という意味があり、一昨日、昨日ははまさにそれを体感した二日間でした。 

しっかり体感したので今日はスッキリして 人生、一日目とも言える日を過ごしたのです。 


新しい人生一日目は朝からジェットコースター状態で、ひっきりなしの記事の投稿や電話対応に大わらわでした。 


そんな大わらわな一日をの中で、これからの仕事のヒントをいただけたり、自分の使命を再確認したり、自分の欠点を自覚したり、わたしの奥底にある想いが吹き出してきました。 



自分の奥底の想い。 


それは、『ワンネス』 


わたしたちは同じ源から生まれてきた同士なんだという想いと その意識があるから人と隔たりがある、、、という悲しみ。 


わたしは、自分ひとりだけワンネス意識でいたいわけではないんだ。 


わたしは人に対してはwelcomeだけど、壁を突き立ててくる人には無理はしない。 


相手の壁を尊重する。


だけど 隔てた壁を挟んで相手の魂を慈しむ。 


苦しくなる。 


魂の気持ちがわかるから苦しくなる。 


魂はどんな潜在意識にも寄り添う。 


わたしもそんな魂に寄り添いたいと思うんだ。 


わたしはどんな魂にも寄り添っていきたいと思う。 


わたしの力の限り、掬いあげて、寄り添って生きたい。 


だって わたしたちは同じ源から生まれてきた同士なのだから。 





今回 改めて感じたのは、 わたしの特技とする指先一本でエネルギーを動かしてしまうことや観察力洞察力集中力、論理力など また、ままのままさんの言葉というものを自分の人生に生かして生きていきたいということでした。 



それらのものは わたしの個性、特性、特技なだけでアイテムに過ぎない。 


だから、それをこれからの人生に生かすだけなんだ。 


それに 頼るのではなく生かす。 


それらの特技がなくても わたしは生きていけるし固執しない。 


現に、Google翻訳さんを使って 乗り越えられたのだから。 


だから わたしの特技や特性というものは、Google翻訳さんと同様コミニュケーションアイテムのひとつである。 




今までの経験上、ひとつ乗り越えると、スピリチュアルアイテムをいただけているから まだまだ、増えていく。 


楽しみだ。 


乗り越えるって楽しいね♪ 





今週は、娘の友人が海外から家に泊まりに来ていました。初めて、外人を迎い入れるので最初は緊張しましたがとても楽しかったです。まったく英語の話せないわたしでもGoogle翻訳で切り抜けることができました。



おもてなしとは、自分のやりたいことをするのではなくて、相手の立場に立って考えること。 


今週のわたしは、まさにこのおもてなしを学びました。 


自分のやりたいことをするのはただ単に自己主張。 


しかし、自己主張が悪いということではない。


でも 自己主張が強いと相手の立場に立って考えることができないから、おもてなしをするという観点ではおもてなしができていないということになる。 


今回のわたしは、英語で話せないジレンマを乗り越えて、しっかりと聴くことに専念できたから、おもてなしができ、ものすごく喜んでいただけました。 


結果的に、話せないことで自己主張しないでいられたから良かったと思う。



相手の話しに耳を傾け、熱心に聞き取ろうとしている頭脳に感謝。


というのは、持ち前の探求心の賜物かもしれません。 


わたしの頭脳(身体)がおもてなしをサポートしてくれました。 


集中力、探求心がこんなところで役に立ちました。 


魂と身体と精神が一体になっている感覚です。 


心地よい〜 



でも 最後の一時間にはGoogle翻訳さんを使って、魂や心の会話ができて 志が同じことを確認できました。



おもてなし、 




わたしは、いつも welcomeな人間ですが、おもてなしとは違うなあ と反省しました。 


いつも おもてなしできるようになりたいです。 


今後の目標ができました。 



ありがとうございました。 


学ばせていただける環境に感謝です。


ある人の記事を読んで感じたことなのですが 


わたしは、よく 自分の意見や想いは直接、伝えなさい と言っています。 

直接、言わないと 伝わらないからです。 


ありがとう も ごめんなさい も直接、伝えます。 

わたしは 常に、人にたいしてはそうしています。 


でも わたし以外の人って伝えない人が多いです。 

直接、伝えずに 悶々としていたり 
直接、伝えずに 違う相手に言ってみたり 


わたしは、そういうのを見て、なんともイヤな気分になっていました。 



でもね、今朝、読んだ記事に こういうことが書かれていたんです。 


『今まで、わがままな親に振り回されてきてイヤな想いをしてきた。 

自己主張が強く、決して謝らない親だった。 

だけど そんな親が病気で入院して まもなく亡くなった。 

亡くなる前に、その親が僕に謝ったんだ。 

それを聞いて、僕の固くなだった心がとけたような気がした。 

僕は、その言葉を聞きたかったんだと思った。』 




こんな内容だったと思います。 



これを読んだときにわたしは 


泣けてきたのです。 

なぜなら、子供として親から謝られるくらい辛いものはない と感じるからです。 


先述の彼は、謝られたことで楽になりました。 

だけど わたしは謝られることで辛く感じるのです。 


感じ方の違いってあるなあ。。。 



今まで謝らなかった親ならば謝らずに、自分を肯定したまま旅立ってほしいとわたしは感じます。 


わたしの親も人からみたら毒親と呼ばれるような人でした。 


それで わたしは亡くなるが亡くなるまで苦しめられました。 


だけど そんな生き方を貫けばいいと思う。 


謝らなくてもいいから生き続けてほしいとわたしは思う。 


だから わたしは謝られたくない。 


認めてないわけじゃないから。


認めてないわけじゃない。 


謝られなくても愛してる。 


わたしにひどい仕打ちをしてきたとしても愛してる。 


離れても愛してる。 



だから、謝られたくない。 




だから、わたしの周りの人は謝らないんだわ^^ 



よく、理解できました。 



変わりたいのに変われない。 

自分に自信がない。 

勇気がない。 




そうおっしゃられる方がいらっしゃいます。 



ホントにそうかな? 


よくよく視てみると、「変わりたくない!」と強い意思を持っていることがわかります。 


勇気がない、自信がないなんて、ウソ八百^^ 

ものすごく強い根性の持ち主です。 




だけど 何故、変わりたくないという強い意思を持っているにも関わらず、変わりたいと心は思うのでしょうか? 



本当の自分がわからないから。 

本当の自分との意思の疎通が出来ないから。 




意思の疎通ができるできないに関わらず、本当の自分が変わりたいと思ったら最後、変わるものです。 



 いくら 短絡的に、人生を変えようと仕事を変えたり配偶者を変えたとしても 本当の自分の意思と反したことをしていたら繰り返します。 


自分を変えたい、と思う根本は まったく違う想いがあるものです。 


掘り下げて、本当の自分に繋がってみると まったく違う想いに出会います。 



自分からわき上がる欲求は空に浮かぶ雲のような存在です。 


空から雲を取っ払ったら晴天この上ないですが、あまりに晴天過ぎて愁いがないように感じます。 

人生においても同じで、何らかの感情があるから愁いがあり情緒があるように思います。 



自信がないと感じる心、勇気がないと感じる心があなたの人生をつくっているとしたら? 



どんな自分も本当の自分からしたら大切でいとおしく思っているものです。 



それが幸せというものかもしれませんね。 






自分の中の闇と呼ばれるものを乗り越えると、自分に辛く当たってきた人はただ演じていてくれただけなんだ、自分にある負の感情を乗り越えるために起きたことなんだと腑に落ちて 自分の成長のために起きたことだと感謝できるようになります。 


乗り越えることが出来てよかったね、と思うし すべてが感謝だね と言えるのだけど  今まで起きたことがなくなってしまうわけではないのです。 


確かに、感謝はわき上がるけれど、それよりも 心の深い部分が自分の過ちに気づき静かに瞑想するようになります。 


それが浄化された、昇華された状態になります。 

そうすると 自分の中にあった闇と呼ばれるものや負の感情が自分を守ってくれるものに変化します。 


負の感情は離れていくものではないのですよ。 


覚えておいてください。 





最近、エネルギーの高まりで自分を見つめ、意識が上がり浄化?された状態になり、心が軽くなったと言われる方が多くみられます。 


しかし 軽くなっただけでは片手落ちで 一旦離れたエネルギーが変換されて見守ってくれるようになるまでは浄化された状態にはならないので 中途半端な内観はしないように心がけてくださいね。 




内観は自分なりの速度があります。 


急がずに確実に内観してくださいね。 





わたしは普段、日常的に誰とでもさまざまな話しをします。 


誰とでもします。 


日常話しなので、わたしの身に起きた話しも多々します。 


わたしの日常は、神と共存しているので少々、不思議話しも多いですが話して良い人悪い人があるので、言葉を選んで話します。 



そんな日常会話の中でわたしは驚かれる時もあれば誉められる時もあればいろいろです。 


わたしの日常話しだから、自慢するつもりじゃなくても自慢と受け取られることもあり、しまった〜っと思うこともあり、あとで反省します。 


また 素直に、スゴいね〜と誉められて わたしには到底できないと言われますが 「でも、◎◎さんだって◯*◯が出来るでしょ それは、◎◎さんしか出来ない個性だから同じだよ」と返答します。 


これは わたしのお口が勝手に喋るのです。 



その、わたしのお口が勝手に喋る内容というのが ドンピシャ相手に響き、本来の自分の目的を思い出す手掛かりになっています。 


そのため 喜ばれて、感謝されます。 




わたしの話しを聞き、卑屈になって話が続けられないのは素直じゃない証拠です。 


わたしの話しを素直に聞くと、相手の知りたいことをドンドン喋りだします。 


素直になるって大切ですよ。 



わたしは、誰とでも対等に話します。 


だって 立場はそれぞれありますが 魂はみんな対等だからです。 



こうやって毎日、暮らしているから いちいちフルネーム鑑定はしなくなったのです。 



勝手にお口が喋りだしちゃうし、手も足も動き出すから それで料金をいただくわけにはいかないですわね。 


結局 わたしはおだてられると つい、喋りだしてしまうので、わたしをおだてればおだてるほど  話が聞けるのかもしれませんね。 



ままのままさんの話しはわたしもへぇ〜って驚きます。


自分で話しておいて、いちいち驚きます^^ 




これがわたしの日常であり使命です。 


話を聞いてほしい、ハグしてほしい、浄化してほしい、治してほしい、等 日常的にオールマイティに対応します。 


わたしがお金を払って出向き、させていただくこともしばしばあります。 

人間のみならず、神様系からも求められています。 


万能薬みたいなものですね。 




このページのトップヘ