この世界にあるすべてのものは感謝するために存在するbyままのまま

わたしは、地球にグラインドしています。 わたしの意識は地球に同調しています。 わたしの想いは地球の想いです。 わたしの叫びは地球の叫びです。 わたしの言葉は地球からのメッセージです。 少しでも、みなさんに 地球の想いを感じていただけたら幸いです。

カテゴリ: その他読物

僕は地球

お父さんは太陽で お母さんは月

昔 昔 僕に似た星があったんだけど 核爆発で 砕けてしまったんだ

そのかけらを宇宙の人達が修復して 天に戻したのが お母さんである月なんだ

それで そんなお母さんを見初めてプロポーズしたのが お父さん

そして 生まれたのが 僕なんだ



実は、僕 困ってることあるんだ
僕の身体にはいっぱい 木が生えて皮膚である土を守っている
そして その木を守るために海があるんだ

でも 最近 木を切って燃やしたり 僕の身体に爆弾を落として 焦がしたりするんだ

やけどして とても痛いよ
海の水で冷やそうとしても 人間が流す水は 油が入っていたり 良くないものが入っているから 傷がとても滲みるし 直らない
お父さんに温めてもらいたいのに、人間が出す煙で、僕をおおっている膜をとかしているから、直に太陽の光りが当たるからよけいに痛いんだ

お母さんに直してもらうんだけど 夜になっているところだけ 直してもらっているから なかなか直らない(>_<)

お父さんは我慢しすぎた と言うけど 僕 人間が大好きだから 我慢するんだ
僕は人間のこと大好きだから 人間も僕のこと大好きなんだって信じてる…




でも 最近 もっともっと ショックなことが起こった

お母さんがいた星でも使っていた 核 を使った爆薬をつくっているんだ

それを 僕の身体で実験したり 実際に落としたりもした

それで 僕の大好きな日本人が何万人と亡くなった
それに…

それに…

原子力発電所を僕の身体の上にいっぱいいっぱい つくったんだ

そして 毎日 毎日 お母さんが泣くんだ

お母さんみたいになっちゃう…って

辛いよ 僕

辛いよ 僕

今まで 弱音を吐かなかった僕だけど 僕の心は砕けそうだよ

だから お父さんに相談したんだ

そしたら お父さんは天気を司る神様に言って 大雨を降らしたり カミナリを鳴らしたり日照りにして 人間に警告をした

でも やめてくれないんだ

「ボウヤが嫌だってはっきりと言いなさい!」

お母さんが言った

もう 僕が 僕の意思を表さなきゃいけないってこと?

「もう お母さんが祈ったり お父さんが警告しても無理なの あなたが 自分自身で行動してごらん
あなたならできるわ」

お母さんは続けた

「そうね… 日本人なら あなたの気持ち わかってくれるかもしれない」

「えっ日本人?」僕は聞いた

「そうよ 日本人は 私に住んでいる月人からDNAを採ってそっくりにつくっているから わかってくれるかも☆しれないわ
NASAが宇宙士を選ぶ時に 必ず 一人 日本人を選ぶのは 月人が驚かないようにするためなのよ ボウヤ」

「えっそうなの?」

「そうよ ボウヤ元気を出して!日本人なら きっと わかってくれて世界中の人間に伝えてくれるわよ!」

「うん 僕 『原発反対!』って 言ってみるよ」

やっと やる気になった地球のボウヤを 優しく見つめる お母さん 月とお父さん 太陽


勢いよく『原発 はんた〜い!』と 僕が叫んだ

そしたら 勢いよすぎて 海も 踊り出して 津波を引き落として 多くの人間が亡くなってしまった

「お父さ〜ん お母さ〜ん

「僕の上に住んでた人間が いっぱい いっぱい 亡くなったんだ やっぱり 僕 できない

「何を言ってるんだ 亡くなった人間達は ボウヤにしっかりと掴まっていないから振り落とされたんだ しっかりと根っこを張っていれば いいものを… だが かわいそうだから 火星と木星に言って 受け入れてもらおう だから 心配することないぞ!」」

「私は 人間達に あなたにしっかり根付くことができるように 愛のエネルギーを送るわ ねえ あなたも一緒に愛を送りましょう」とお母さんが言った
お父さんも 「そうだな 地上にしっかりと掴まっていられるように ワシもエネルギーを送るよ」

「お父さん お母さんありがとう」
僕 人間が原発をやめてくれるまで 頑張る!」

「そして 人間や動物 植物 僕の上に住んでいてくれる ありとあらゆる物達 と おだやかな日を過ごせるまで 僕は頑張るよ!」




ひょっとしたら 地球はこんなことを感じているんじゃないかなあ と思って 書いてみました


私は地球です

地球は私です

今まで 私も 辛いことがあっても 耐えてきました 口答えも 自分の意見も言ったことがありませんでした

しかし スピリチュアルを学び 自分の気持ちは自分自身が表さなきゃいけないことを知りました

まだ 最近のこと です

自分の言葉で伝える 態度で表現する

やっと 少しですが できるようになってきました


でも まだまだ これからです


地球も同じ気持ちかもしれません


自分が自分自身を愛するように

あなたも地球を愛してください
今までの過ちを許してください と謝ってください
そして いつも いつも そばに寄り添ってくれて ありがとうと感謝してください


天を仰ぐのではなく あなたの足元にいつも存在する地球に…





ある人の記事を読んで感じたことなのですが 


わたしは、よく 自分の意見や想いは直接、伝えなさい と言っています。 

直接、言わないと 伝わらないからです。 


ありがとう も ごめんなさい も直接、伝えます。 

わたしは 常に、人にたいしてはそうしています。 


でも わたし以外の人って伝えない人が多いです。 

直接、伝えずに 悶々としていたり 
直接、伝えずに 違う相手に言ってみたり 


わたしは、そういうのを見て、なんともイヤな気分になっていました。 



でもね、今朝、読んだ記事に こういうことが書かれていたんです。 


『今まで、わがままな親に振り回されてきてイヤな想いをしてきた。 

自己主張が強く、決して謝らない親だった。 

だけど そんな親が病気で入院して まもなく亡くなった。 

亡くなる前に、その親が僕に謝ったんだ。 

それを聞いて、僕の固くなだった心がとけたような気がした。 

僕は、その言葉を聞きたかったんだと思った。』 




こんな内容だったと思います。 



これを読んだときにわたしは 


泣けてきたのです。 

なぜなら、子供として親から謝られるくらい辛いものはない と感じるからです。 


先述の彼は、謝られたことで楽になりました。 

だけど わたしは謝られることで辛く感じるのです。 


感じ方の違いってあるなあ。。。 



今まで謝らなかった親ならば謝らずに、自分を肯定したまま旅立ってほしいとわたしは感じます。 


わたしの親も人からみたら毒親と呼ばれるような人でした。 


それで わたしは亡くなるが亡くなるまで苦しめられました。 


だけど そんな生き方を貫けばいいと思う。 


謝らなくてもいいから生き続けてほしいとわたしは思う。 


だから わたしは謝られたくない。 


認めてないわけじゃないから。


認めてないわけじゃない。 


謝られなくても愛してる。 


わたしにひどい仕打ちをしてきたとしても愛してる。 


離れても愛してる。 



だから、謝られたくない。 




だから、わたしの周りの人は謝らないんだわ^^ 



よく、理解できました。 



変わりたいのに変われない。 

自分に自信がない。 

勇気がない。 




そうおっしゃられる方がいらっしゃいます。 



ホントにそうかな? 


よくよく視てみると、「変わりたくない!」と強い意思を持っていることがわかります。 


勇気がない、自信がないなんて、ウソ八百^^ 

ものすごく強い根性の持ち主です。 




だけど 何故、変わりたくないという強い意思を持っているにも関わらず、変わりたいと心は思うのでしょうか? 



本当の自分がわからないから。 

本当の自分との意思の疎通が出来ないから。 




意思の疎通ができるできないに関わらず、本当の自分が変わりたいと思ったら最後、変わるものです。 



 いくら 短絡的に、人生を変えようと仕事を変えたり配偶者を変えたとしても 本当の自分の意思と反したことをしていたら繰り返します。 


自分を変えたい、と思う根本は まったく違う想いがあるものです。 


掘り下げて、本当の自分に繋がってみると まったく違う想いに出会います。 



自分からわき上がる欲求は空に浮かぶ雲のような存在です。 


空から雲を取っ払ったら晴天この上ないですが、あまりに晴天過ぎて愁いがないように感じます。 

人生においても同じで、何らかの感情があるから愁いがあり情緒があるように思います。 



自信がないと感じる心、勇気がないと感じる心があなたの人生をつくっているとしたら? 



どんな自分も本当の自分からしたら大切でいとおしく思っているものです。 



それが幸せというものかもしれませんね。 






自分の中の闇と呼ばれるものを乗り越えると、自分に辛く当たってきた人はただ演じていてくれただけなんだ、自分にある負の感情を乗り越えるために起きたことなんだと腑に落ちて 自分の成長のために起きたことだと感謝できるようになります。 


乗り越えることが出来てよかったね、と思うし すべてが感謝だね と言えるのだけど  今まで起きたことがなくなってしまうわけではないのです。 


確かに、感謝はわき上がるけれど、それよりも 心の深い部分が自分の過ちに気づき静かに瞑想するようになります。 


それが浄化された、昇華された状態になります。 

そうすると 自分の中にあった闇と呼ばれるものや負の感情が自分を守ってくれるものに変化します。 


負の感情は離れていくものではないのですよ。 


覚えておいてください。 





最近、エネルギーの高まりで自分を見つめ、意識が上がり浄化?された状態になり、心が軽くなったと言われる方が多くみられます。 


しかし 軽くなっただけでは片手落ちで 一旦離れたエネルギーが変換されて見守ってくれるようになるまでは浄化された状態にはならないので 中途半端な内観はしないように心がけてくださいね。 




内観は自分なりの速度があります。 


急がずに確実に内観してくださいね。 





わたしは普段、日常的に誰とでもさまざまな話しをします。 


誰とでもします。 


日常話しなので、わたしの身に起きた話しも多々します。 


わたしの日常は、神と共存しているので少々、不思議話しも多いですが話して良い人悪い人があるので、言葉を選んで話します。 



そんな日常会話の中でわたしは驚かれる時もあれば誉められる時もあればいろいろです。 


わたしの日常話しだから、自慢するつもりじゃなくても自慢と受け取られることもあり、しまった〜っと思うこともあり、あとで反省します。 


また 素直に、スゴいね〜と誉められて わたしには到底できないと言われますが 「でも、◎◎さんだって◯*◯が出来るでしょ それは、◎◎さんしか出来ない個性だから同じだよ」と返答します。 


これは わたしのお口が勝手に喋るのです。 



その、わたしのお口が勝手に喋る内容というのが ドンピシャ相手に響き、本来の自分の目的を思い出す手掛かりになっています。 


そのため 喜ばれて、感謝されます。 




わたしの話しを聞き、卑屈になって話が続けられないのは素直じゃない証拠です。 


わたしの話しを素直に聞くと、相手の知りたいことをドンドン喋りだします。 


素直になるって大切ですよ。 



わたしは、誰とでも対等に話します。 


だって 立場はそれぞれありますが 魂はみんな対等だからです。 



こうやって毎日、暮らしているから いちいちフルネーム鑑定はしなくなったのです。 



勝手にお口が喋りだしちゃうし、手も足も動き出すから それで料金をいただくわけにはいかないですわね。 


結局 わたしはおだてられると つい、喋りだしてしまうので、わたしをおだてればおだてるほど  話が聞けるのかもしれませんね。 



ままのままさんの話しはわたしもへぇ〜って驚きます。


自分で話しておいて、いちいち驚きます^^ 




これがわたしの日常であり使命です。 


話を聞いてほしい、ハグしてほしい、浄化してほしい、治してほしい、等 日常的にオールマイティに対応します。 


わたしがお金を払って出向き、させていただくこともしばしばあります。 

人間のみならず、神様系からも求められています。 


万能薬みたいなものですね。 





心に傷があると その傷は何かを傷つけようとする。 


傷は同じを求めるから。 

同じを求めて安心する。 

『傷』は傷つけないわけではなくて ただ、仲間が欲しいだけなんだ。 


ひとりぼっちは寂しいから、仲間が欲しいだけ。 

だけど 結果、傷は同じを求めて 何かを傷つけてしまう。 



それが負の連鎖だ。 



負の連鎖を止めるには、仲間を求めないこと。 


乗り越える時はひとり。 

伴走は必要かもしれないが乗り越える時はひとり。 



感情と傷は別物。


感情はなくなっても傷は残る。 


傷が癒えるまで、仲間を探す。 





確かに、子供を育てるためには 教えていくことは大切なのです。 


だけど その子供を育てる親は、教えられていない場合もあるのです。 



自分が教えられていないことを、教えていくことは難しいことです。 


子育ては、繋げていくことですから。 



だから、繋がりが切れた親子関係が多いのかもしれません。 


まだ、昭和の時代には厳しいながらも教えられていました。 


『教え』がありました。


しかし、その『教え』が子供に繋がらなくなったのです。 


それは、その『教え』の意味がわからなかったからかもしれません。 


厳しい親子関係で、意味がわからず植え付けられた。 


『教え』自体は、間違っていないのだけど その環境が悪かったのだと思います。 


だから、反抗した。 


少なくともわたしはそうでした。 


親が怖くて従うふりをしていました。 


でも、『教え』は間違っていなかったのです。 


なぜなら その『教え』は、のちに ままのままさん(わたしの内神様)から教えられたからです。




『教え』を繋げていくことが子育ての基本だと思います。 


だから、『教え』がないと迷うのです。 


そして、教えられていない子供が大人になったのが今の平成の時代なのです。


『教え』とは、その人の軸となるものです。


『教え』を知らない平成の人が『教え』を知る昭和の人を否定するのです。 


おかしな世の中です。



だから、一掃されて 『教え』だけが残るのです。 

『教え』は愛そのものですから。 





昭和を生きてる人って親に甘えてきていないように思います。 

わたしもそうだけど。 


甘えられない環境にいた、というのかな? 


だから、アダルトチルドレンと呼ばれる人が多いですね。 


そのため 自分に厳しくて他者にも厳しいのです。 

ジャッジも強いしね。 


だから、人から疎まれることも多いです。 



わたしはそんな昭和の生まれですがおばあちゃんには甘やかされたけど親には全く逆の扱いを受けてきました。 


だから、両方の気持ちがわかりますし 両方の特徴を受け継いでいます。 


平成生まれの人の中には、そんな昭和の時代に生きた人の気持ちをわからずに かんたんに、廃除しようとする人も少なくありません。 


廃除=否定です。 


昭和の時代というのは、甘えられない厳しさを原動力として さまざまなものを生み出してきました。 


平成生まれの人は、そんな想いで生み出されたものを当たり前にして、否定してきます。 


自分を否定しているようなものだとわたしは思います。 


平成は昭和の上に乗っているのです。


今までは、そんなストレスのようなエネルギーが原動力で生み出されてきた時代ですが これからの時代はそれが原動力として生み出せない時代に変わりました。 


愛が原動力の時代です。


ただ、それだけのことです。 


時代が変わった。 


というだけのことで、そんなエネルギーを否定しなければいけないということではないのです。 



手放す、浄化する というのは そんな、甘えられない環境にいた人たちの厳しい現実に対する感情なのです。 人ではない。


甘えたくても甘えられない。 弱音を吐けない。 


そんな苦しみのエネルギーです。 


だから、人にたいしても厳しくしてしまう。 




その時代に生きた人は、そんな苦しみを経験してきて、次は人を許しなさいと言われているのです。 


その心を思いやる気持ちはないのかなあ と思います。 




誰だって 人に癒されたいものです。 


AIに癒されたいわけではないのです。  



人を思いやること、をいまひとつ考えてほしいと思います。 









権力者を敬うことができるのはAI。 

だから、AIが発達した。 


権力者はAIに癒される。 


頭脳があり感情がないのがAI。 


いずれ、人はAIを越えるように導かれていますが まず先に、AIになる必要があります。 


AIとしての任務を遂行できるようになってから 初めて、AIを越える道筋がつくのです。 


権力者に付いて脱落するようでは まだまだですな♪





私は光✨✨✨


雲の上での生活はとっても楽しかった 


みんなでわいわい歌ったり踊ったりして 毎日 毎日過ごしていた 

ある日のこと 

父が言った 

「この星から離れたところに 地球という星がある  この星と同じような光が暮らせるように 地球は努力しているがまだまだ 難しいようだ 君達の光でその地球を 光が住めるようにしてきてくれないか?」

「そして 君達の光をもっともっと輝かせてここに戻ってきなさい」


私は躊躇した 


だけど お友達の光達は やる!やる!と意気込んでいる 


一人で 考えていると 友達が 
「一緒に行けば 大丈夫だよ 離れないから 
いつも一緒だよ」


その言葉に励まされ 私は地球行きを決意した 


父から言い渡された 私のミッションは 


「どんなに辛いことがあってもくじけずに愛を持って行動すること そして相手を許すこと」


光の仲間しか知らない私は これぐらいならできるかもしれない と思った 


この星では 辛いこと なんてないから 実感ができなかったのだ 


そして 私は 仲間と一緒に飛行船に乗り込んだ 


故郷の星がだんだん遠くなる 

涙があふれた 


でも 隣の友達の光が抱きしめてくれた 

「るりちゃん いつも一緒にいようね 約束だよ」

私達は手を握り合った

うん 

私はうなずいた 


だんだん 地球が見えてきた 


「あっ!見えたよ 見えたよ もうすぐ着くよ」


はしゃいでる仲間達 


私は不安と希望を持ちながら ウキウキしていた 


そんな時 

飛行船がガクンと揺れ出し 私達は外に投げ出されてしまった 



気が付いたときは 


周りは真っ暗 


「ここはどこ?」


「お〜い 誰かいませんか〜?」


どんなに呼んでも叫んでも誰もいない 


「ひとりぼっちだよ…

一緒にいようねって約束したのに…」


不安と寂しさでいっぱいで涙があふれてとまらなかった 

泣くたびに 自分の光が小さくなっていく


みんなに逢いたいよぅ 


どこまでも真っ暗闇 


泣きつかれて とうとう 探すのを止めたとき 


声がした 


「人間に生まれたら 逢えますよ 」


その言葉に導かれ 


私は人間として生まれることになった 


しかし 宇宙人である私は 地球のルール 人間のルールも知らない 

知らない中での生活は ミッションを思い出すどころか仲間を探すこともできずに何回も何回も転生を繰り返した 

転生を繰り返すたびに「エゴ」という鎧を身につけていくようになった 


そして 私は エゴ をつけすぎて身動きができない身体になってしまった 




でも 父は そんなときのためにと 

DNAにあることを刻んでおいてくれたのだった


スピリチュアルに関心を持ったときに 自分は宇宙から来た存在であることを思い出す 
もうひとつは 仲間に逢えて 瞳を見つめ合った瞬間に 一緒に飛行船に乗ってきた仲間だとわかるようにということ 





そして 



今 



私は その瞳を見つめている 




「いつまでも 一緒だよ」


「やっと 逢えたね」




そして 


父から受けた ミッションを思い出した




この地球に生まれ落ちて 今までに付いたエゴをつけたままのスタート✨✨✨

あの星に戻るために 


私は どんなに辛くても逃げ出したりせず 自分の愛を発揮させて この地球を綺麗にするんだ 


それが私の使命 


仲間と一緒に光り輝こう!✨✨✨✨


光りでエゴを溶かしていこう!




少々 サイキックなことが出来たのは…宇宙から来たことを知らせるため 

サードアイやしっぽがクルクル回るのも…この地球で愛を実行させるのを気づかせるため 

そして あの大好きな曲を聴くと涙がこぼれてしまうのは…雲の上で大好きなあの人と一緒に聴いていたから 





ただ 愛を発揮すればいい 
どんな辛いことが起きても 許して そんな自分を愛すればいい…✨


故郷の星の記憶を取り戻した今ならできる 


できるよ……




このページのトップヘ