この世界にあるすべてのものは感謝するために存在するbyままのまま

わたしは、地球にグラインドしています。 わたしの意識は地球に同調しています。 わたしの想いは地球の想いです。 わたしの叫びは地球の叫びです。 わたしの言葉は地球からのメッセージです。 少しでも、みなさんに 地球の想いを感じていただけたら幸いです。

カテゴリ: その他読物

僕は地球

お父さんは太陽で お母さんは月

昔 昔 僕に似た星があったんだけど 核爆発で 砕けてしまったんだ

そのかけらを宇宙の人達が修復して 天に戻したのが お母さんである月なんだ

それで そんなお母さんを見初めてプロポーズしたのが お父さん

そして 生まれたのが 僕なんだ



実は、僕 困ってることあるんだ
僕の身体にはいっぱい 木が生えて皮膚である土を守っている
そして その木を守るために海があるんだ

でも 最近 木を切って燃やしたり 僕の身体に爆弾を落として 焦がしたりするんだ

やけどして とても痛いよ
海の水で冷やそうとしても 人間が流す水は 油が入っていたり 良くないものが入っているから 傷がとても滲みるし 直らない
お父さんに温めてもらいたいのに、人間が出す煙で、僕をおおっている膜をとかしているから、直に太陽の光りが当たるからよけいに痛いんだ

お母さんに直してもらうんだけど 夜になっているところだけ 直してもらっているから なかなか直らない(>_<)

お父さんは我慢しすぎた と言うけど 僕 人間が大好きだから 我慢するんだ
僕は人間のこと大好きだから 人間も僕のこと大好きなんだって信じてる…




でも 最近 もっともっと ショックなことが起こった

お母さんがいた星でも使っていた 核 を使った爆薬をつくっているんだ

それを 僕の身体で実験したり 実際に落としたりもした

それで 僕の大好きな日本人が何万人と亡くなった
それに…

それに…

原子力発電所を僕の身体の上にいっぱいいっぱい つくったんだ

そして 毎日 毎日 お母さんが泣くんだ

お母さんみたいになっちゃう…って

辛いよ 僕

辛いよ 僕

今まで 弱音を吐かなかった僕だけど 僕の心は砕けそうだよ

だから お父さんに相談したんだ

そしたら お父さんは天気を司る神様に言って 大雨を降らしたり カミナリを鳴らしたり日照りにして 人間に警告をした

でも やめてくれないんだ

「ボウヤが嫌だってはっきりと言いなさい!」

お母さんが言った

もう 僕が 僕の意思を表さなきゃいけないってこと?

「もう お母さんが祈ったり お父さんが警告しても無理なの あなたが 自分自身で行動してごらん
あなたならできるわ」

お母さんは続けた

「そうね… 日本人なら あなたの気持ち わかってくれるかもしれない」

「えっ日本人?」僕は聞いた

「そうよ 日本人は 私に住んでいる月人からDNAを採ってそっくりにつくっているから わかってくれるかも☆しれないわ
NASAが宇宙士を選ぶ時に 必ず 一人 日本人を選ぶのは 月人が驚かないようにするためなのよ ボウヤ」

「えっそうなの?」

「そうよ ボウヤ元気を出して!日本人なら きっと わかってくれて世界中の人間に伝えてくれるわよ!」

「うん 僕 『原発反対!』って 言ってみるよ」

やっと やる気になった地球のボウヤを 優しく見つめる お母さん 月とお父さん 太陽


勢いよく『原発 はんた〜い!』と 僕が叫んだ

そしたら 勢いよすぎて 海も 踊り出して 津波を引き落として 多くの人間が亡くなってしまった

「お父さ〜ん お母さ〜ん

「僕の上に住んでた人間が いっぱい いっぱい 亡くなったんだ やっぱり 僕 できない

「何を言ってるんだ 亡くなった人間達は ボウヤにしっかりと掴まっていないから振り落とされたんだ しっかりと根っこを張っていれば いいものを… だが かわいそうだから 火星と木星に言って 受け入れてもらおう だから 心配することないぞ!」」

「私は 人間達に あなたにしっかり根付くことができるように 愛のエネルギーを送るわ ねえ あなたも一緒に愛を送りましょう」とお母さんが言った
お父さんも 「そうだな 地上にしっかりと掴まっていられるように ワシもエネルギーを送るよ」

「お父さん お母さんありがとう」
僕 人間が原発をやめてくれるまで 頑張る!」

「そして 人間や動物 植物 僕の上に住んでいてくれる ありとあらゆる物達 と おだやかな日を過ごせるまで 僕は頑張るよ!」




ひょっとしたら 地球はこんなことを感じているんじゃないかなあ と思って 書いてみました


私は地球です

地球は私です

今まで 私も 辛いことがあっても 耐えてきました 口答えも 自分の意見も言ったことがありませんでした

しかし スピリチュアルを学び 自分の気持ちは自分自身が表さなきゃいけないことを知りました

まだ 最近のこと です

自分の言葉で伝える 態度で表現する

やっと 少しですが できるようになってきました


でも まだまだ これからです


地球も同じ気持ちかもしれません


自分が自分自身を愛するように

あなたも地球を愛してください
今までの過ちを許してください と謝ってください
そして いつも いつも そばに寄り添ってくれて ありがとうと感謝してください


天を仰ぐのではなく あなたの足元にいつも存在する地球に…





わたしはスピリチュアル的に導かれる前までは、自己否定が強く、それを克服して今の自分があると思っていて、また 人に認められたい気持ちはなく、自分が自分のやりたいことをやっていくことが世のため人のためになるのだと感じて生きています。 

しかし ここ最近、何か知らないけれどサインが降りてきています。 


そして、それに影響されて違うエネルギーも降りてきていました。 



この世界は2元性の世界であって ひとつあるともうひとつあるという表裏一体の世界です。 


そうです。表裏一体のサインが降りてきていたのです。 


そういうときは決まって強いエネルギーに引っ張られるものです。 


そのため 昨日の朝まではモンモンとしていました。 


ある場所に行かなくては、とも感じていたのです。 


しかし 遠方であるため迷って結局はやめたのは正解でした。 




わかったことは、サインというのはわかりやすく降りてくるということです。 


目に見える形で、わかりやすくです。 




そうです。 
わかりやすく、わたしの盲点を教えていただけたのでした。 



わたしは認められるべきことを当たり前にしているため気づかないことがあるのだなあと感じました。 


人に関わると、自分でも気付かなかった自分に気づかされますね。 



わたしと同じようなことが起きてる方もいらっしゃいますよ〜 


参考になさってくださいね〜


人からギャフン!とやられたことを反省せずに、親しい友達や家に帰って当たり散らしたことはありませんか? 

目の前に起こることを学びだと思わずに、逆に人に当たり散らすのです。 


友達や家族はいい迷惑です。 


また、それをいさめることなく同じように悪口を言い合ってストレスを発散する。 




うちではそのようなことはなく、何かあったら わたしが聞き役になり、時には諌め、時には慰めますが 目の前に起きることは『学び』なのですよね〜 



そんな話を見聞きすると、逆に自分の身が引き締まります。 


自分はどうだろうか?と。 



でも この世の中には、当たり散らせる家族や友達がそばにいてくれる人がいるとは限りません。 


寂しい、と感じます。 


そして そんな方々ほど 目の前のことを真摯に取り組もうとされていて、友達や家族がそばにいる人ほど気づかないのです。 



結局、人は淋しさに身を置くことで成長ができるものかもしれません。 




だけど 家族がそばにいてくれる人こそ 目の前に起こる出来事を真摯に見つめていただきたいと願っています。 


離されてからでは辛いから。 


温もりのないのは辛いから。 



いくら 自分自身に繋がったとしても 人の温もりには勝てないものです。 



それがわかるから、わたしは進んで聞くのかもしれません。 


そばにいても温もりのない関係もあります。 



結局、人は成長よりも温もりを求めるものかもしれませんね。



わたしは自分の記憶こそがすべてだという意識で生きています。(宇宙の記憶があります) 


そのため 人の話や書籍に書いてあることを鵜呑みにしません。 


この地球の成り立ちや宇宙の成り立ちについても自分の記憶を辿りながら検証を進めています。


今まで学校で習ってきたことや歴史書など、わたしの記憶とは違うことが書かれています。 


古事記、日本書紀なども。。。 


唯一、わたしの記憶と同じものがあります、それが日月神事です。 


日月神事では宇宙の成り立ちから書かれていて、読んでいて、そうそう♪と頷けることがほとんどすべてで、とても楽しい。 

原子だった頃のわたしやわたしという意識ができた時の頃のわたしが書かれています。 


地球が出来た時のことも書かれています。



自分の記憶こそが唯一です。 


だから 惑わされないし嘘がわかります。 


唯一のわたしでいるからわかるのです。


わたしは自分は何者なのかを探究してきました。 

自分が知りたかった、ただそれだけです。 


自分以外のものには関心はわかない。


だから 自分以外の話をされても頭に入らない。 


だけど 外に出ると、自分以外のものや存在を感じます。 
人の言葉などで一斉にシャワーのように浴びることもあるわけです。 


身体中に自分じゃないものが付着すると、息が出来なくなります。 


そのため、外出はあまりしないのです。 


疲れてしまうのです。。。 


ウルトラマンの滞在時間が3分なのがつくづくわかる今日この頃です。 


一日お出掛けしたら、4、5日はメンテナンスにかけます。 


箱入りなわたしです。 








日本では四季がありますね。
四季を感じたり、自然とふれ合うことで次第にこだわりがなくなったり人を許せるようになるようです。 

そのため 俳句に関心を寄せる方が増えています。 


昔からされている方はそうでもないですが、最近始められた方の中にはファッションのように感じている方も多く、大人のたしなみと認識されている方もいらっしゃいます。 


そのため、俳句に関心ない人を教養がないとジャッジされる方もいらして、せっかく俳句に導かれてもこだわりが捨てきれないのか〜と感じることもあります。 



人はそれぞれ自分の波動領域の中に居場所を見つけて生きているもので、居場所以外の場所でのことをあれこれ言ったとしてもそれはそれですね。 


自分の居場所にしっかり根付いていないと、自分の居場所以外の場所が気になってしまうのです。 


四季の感じ方も人それぞれ。


誰をも尊重して生きていきたいものです。 




人を疑う性質のある人は疑われる人をつくってしまい、裏切られる結果になり、傷付く。 


これは、当人の学びのために起こっていることなのですが、実際に この3次元世界で起きてしまうと、 

裏切る方が悪い! 

ことになってしまいます。 


浮気、盗み等はその最たるものですね。 



本来は、浮気される(盗まれる)ことで 自分の内側にある「浮気してはいけない、人のものを盗んではいけない、人が信じられない」等の負の感情と向き合い、浄化して許すために起きていることですが、3次元的にみると、盗むこと自体は人としてやってはいけないことなので、盗んでしまった人だけに罪があることになってしまいます。 


本来は、盗まれるには盗まれるだけの理由が存在しているのです。 



盗む側としても、心が弱いから 目についたものに引き寄せられ盗んでしまいますが、どちらも自分自身を見つめ直さなくてはならないことなのです。 




最近、不倫されてそれを乗り越えた方のブログを読んでいるのですが、それが生々しくて面白いです。 


それで つい、裏切り、浮気について書いてみました。 



人生のテーマ『裏切り、浮気、盗み』には、互いが 自分の内側を見つめるべきだと書きましたが、どちらか一方が許せると、離れるという関係が生じます。 


互いが乗り越えると、互いのステージが上がりますが、一方だけですと、離れる傾向があり、離れて同じテーマを繰り返すものです。 


クリアできるまで繰り返します。 



自分自身が許さないと、裏切られることを繰り返すのです。 

それで人間不信になられる方もみえますが、実は 自分がそれを乗り越えるために起きていることなのです。 


そこに気づくまで繰り返します。  



浮気をしてしまう、盗みをしてしまう、という人は そんな人に引き寄せられるものです。 


心が強ければ、引き寄せられることはないのです。 


奪われることで学びたい魂と奪うことで学びたい魂が存在します。 



奪われることで学びたい魂がいなくなると、奪う魂はいなくなるものです。 



自分の内側の負の感情と向き合ってください。 



それが、この地球を平安に導くことになるのです。


おひとりおひとりの許しが必要なのです。







今日は30年ぶりの同級生逹とランチしてきました。メッチャ笑った〜 
しかし、わたしの話しにすごく乗ってくる子がいて、ふいに「透視できるの?」と聞かれた〜 
彼女はスピリチュアル的な話しが好きなのだそうだ。 
わたしは自分の話しをしながら彼女たちの現状を的確に示しただけなんだよ。
そうそう、気付いたんだけど、わたしは的確に人を誉めるみたいです。
その的確さが「透視できるの?」発言に繋がったみたいです〜 



社会全体が 今まで続いていた習慣や執着から離れていくように思います。 

わたしもどんどんはがされてきています。 


去年は、30年以上続けてきた仕事をやめ、身内との雇用関係が外れました。 


また 最近は、スピリチュアル、エネルギー的なことも外れてきているように思います。 


申し込みがあれば、フルネーム鑑定をさせていただくのですが、それ以外は雑談が好きです。 


どなたとでも気軽に話をするわたしですが、最近特に、雑談に花を咲かせています。 


周りの方は、わたしとの雑談から何かエッセンスを受け取っているようです。 


カウンセラーや講師といった表立った肩書きは何もないですがわたしと話をすることで何かしら受け取っているようです。 

だからといって、お話会を開くことはないですし、あまり外には出歩かないですが、その中で、必ず誰かに出会い、気付きを与えているようです。 

必要な人に必ず届くようになっていますね。 



わたしとっては当たり前なことが人にとっては気づきに変わるということに毎回、新鮮な気持ちにさせていただいています。 


しかし、戸を立てて受け取らない方もいらっしゃいます。 


それはそれで、そこから先は受け取らないと決めているのだなあ〜と感じます。


でも、戸を立てられたら 二度と近寄らない主義です。 



ハッキリしてるわたしです。

子供ぽい人の特徴をあげてみたいと思います。



自分しかない。
他人を見下している。
自分を強く見せたい。
周りの人を下に見ている。
常に一番でありたがる。自分の話しばかりする。好き嫌いが激しい。
おなかがすくと機嫌が悪くなる。
感情の起伏が激しい。
空気が読めない。
自分のことを自分ひとりででできない。
落ち着きがない。
思い通りにならないと怒る。 
後先考えずに行動して、人に迷惑をかける。
計画性がない。



とまあ、上げたら切りがないです。 



あと、純粋、天然。素直。 



子供ぽいことは悪いことではないですが、とかくバカにされやすいです。 


わたしも以前はほぼこの特徴通りでした。 


今でもおなかがすくと機嫌が悪くなります^^ 




これがわたし♪って自分を肯定していたら良いと思いますが、この特徴で人に迷惑をかけてしまうのは違うように思います。 



あなたはいくつ見つかりましたか? 







このように創造主は自らの分け御霊で太陽や月、惑星を使って宇宙を操っています。 


それによって地球自体も地球に住む生物も影響を受けています。 


そうやって、自らを進化させようとしているのです。 


占星術が最近流行りだしているのはこのような理由ですね。 

天体の動きで地球に住む人間の感情は左右されますから。


また 古事記や日本書記では権力者によって歴史は改竄されて出されていますが、竹内文書では宇宙の成り立ちから口伝されていますね。 


わたしはわたし独自のアンテナ?があり、嘘を見抜く働きがあります。 


そのため 常に自分のアンテナで書物等を検証していて、違うものははじかれていきます。 


自分のアンテナで検知しています。 


そのために地球に生まれてきていますので。 



要は、創造主の分け御霊として生きているのです。 


だから それが、今のわたしの視点になります。 


しかし わたしはまったく転生していないわけではなく 地球よりも地球以外の転生が多いので、それに影響を受けて、人生を歩んでいます。 


地球のアセンションのために転生してきた分け御霊といっても自分自身の人生を歩むことは重要です。 


アセンションを牽引する立場ではありますが、この地球では若輩者ですので、何かと苦手なことは多いです。 


そう考えると、周りの方々には支えられています。 


人生を歩むには地に足をつけたほうが良いですが周りとのバランスを考えるとそうでもないです。 

たまには、ふわふわするのも必要だなあ〜と思っています。 



このページのトップヘ