この世界にあるすべてのものは感謝するために存在する

わたしは、地球にグラインドしています。 わたしの意識は地球に同調しています。 わたしの想いは地球の想いです。 わたしの叫びは地球の叫びです。 わたしの言葉は地球からのメッセージです。 少しでも、みなさんに 地球の想いを感じていただけたら幸いです。

カテゴリ: ツインソウル、ツインフレーム

日の光りが放つように

あなたの光りを感じる。

いつも、どこにいても、出逢った頃と変わりなく、あなたを感じる。

山を観ても、桜を観ても、あなたを感じる

川のせせらぎもしぶきも あなたの光りを想い出させる。



わたしの左手にはあなたが宿っているの。

あなたを感じる。

いつも どこでも。

永遠に。。。



何故、ツインが地上で出逢うのか?


と言ったら


愛されて、コテコテに愛されて 誰をも許して生きていくためだと わたしは経験上、思うのです。



空ちゃんと知り合う前のわたしは、やさぐれてました。


だけど 空ちゃんと知り合ってからのわたしは、自然を愛し感謝が溢れ出るように変化しました。


一緒になりたいと苦しんだ日もありましたが、離れていても いつも変わらぬ安心感があり、それでわたしは満たされてきました。


一緒になることが目的ではないと思います。


愛されて愛されてコテコテに愛されて、誰をも許していける人になり、この世界から核を廃絶するようにするためだと、わたしは感じています。



わたしのこの想いが、どなたにも届き、誰をも癒していくのだと感じています。



わたしの空ちゃんを愛する想いと空ちゃんがわたしを愛してくれる想いが重なり、この世界を核のない世界へ導いていけると信じています。




だから、わたしは空ちゃんと出逢ったのだと思います。

裁かれても許す

理不尽なことをされても許す



そんなお試しが降ってくることがあります。


そんな時には、同じ土俵に乗らないことなのです。




人は自分が批判されたり非難されると、自分を守ろうとして相手を攻撃しようとします。

それが、相手の思うつぼなのです。


他者から非難されたり批判されることを引き起こさないことが大切なのです。


そのためには、自分を律することであったりそうならないための努力が必要なのです。

また、そこに近づかないことも大切です。


非難、批判されることをしない そこに関わらないのです。


それが、自分を守ることになるのです。


それは、逃げることではないのです。



どこまでも許すことができる器があるなら、関わることも良いでしょう。


許すこと、受け入れることが難しいと考えるなら関わらないことが一番です。




しかし 許すことができる人に対しては そんなお試しが降ってくることがあります。


許す(相手を受け入れる)と相手が変わるからです。


相手の心が変化します。


自分がどこまでも理不尽なことを言っても、どこまでも許されると人は癒され、心がゆるむのです。


わたしはそれが見たいのかもしれません。


人が癒された瞬間です。



人が癒され、固まっていた心が溶けるのをわたしは魔法と呼びます。




魔法は許す心から生まれます。



それは 空ちゃんにコテコテに愛されているからできること。

空ちゃんに愛されているから誰をも許して生きられるのです。


もひとつ重要なことを忘れていました。


裁く心を持っていると、裁かれることを引き起こします。


ちょっとしたミスから大きなことまで幅広く引き起こします。


出来ないことがあるのも それが要因であることもありますし、周りに裁く気持ちを持っている人がいると、その影響を受けて思わぬミスや間違いを引き起こすことがありますので注意が必要です。


そのためには、許す心が重要になってきます。


相手を許す、自分を許すことが大切です。


相手を許す、自分を許すって 自分の過ちをなかったことにすることではなくて
自分の過ちを素直に認め、二度と起こさないように努力することです。


いくら 相手のエネルギーに翻弄されたからといっても ボケっとしているから、翻弄されるのです。

そのためには、地に足をつけた生活を心掛けることが大切なのです。



裁く心、裁かれること どちらにしても 許していくことがわたしたちの課題と言えるでしょう、


そのためには、自分が満たされることではないでしょうか?


自分が満たされたら相手を非難することもなくなりますし、万が一 裁かれても許すことができますね。

この世に起こることは、すべて裁く心を解放させるためのお試しのような気がします。




この8月は長崎広島に原爆投下され、終戦記念日があります。


それによって 日本人は人を裁くことを植え付けられてしまいました。


その想いは、また 戦争を起こすエネルギーを作り出すのです。


だから、戦いが終わらないのです。




江戸次代から明治大正昭和と文明開化をしてきた日本人ですが、鎖国をとき、多民族との交流で意識が人を裁くことに向けられてきました。


みんな違っていても認めあい生きていく世の中から、違いはあってはならないという凝り固まった意識の世の中に変わっていったように思います。

それが高まり第二次世界対戦が勃発。



最終的には、二度も核を落とされて、愛する人を殺されて 日本人は身体だけでなく心にも深い傷を負いました。



二度と戦争を起こしたくない! という想いと共に許せない!想いが生まれました。


許せない想いは、人を裁くことを引き起こすのです。


だから、戦争を起こしたくなければ、許せない想いを解放しないといけないのです。。。



わたしは毎年8月になると、人を裁く気持ちが出てきてしまっていました。

そのため 9月10月とさんざんでしたので、考えてみたら そのエネルギーに影響を受けていたんだなあ ということがわかりました。

そのため 今年は、空ちゃんがわたしを目隠ししていてくれています。


何かを見つけると、空ちゃんが目をそらしてくれます。 そのため、そこに意識を向かないようになっています。


わたしは毎年、裁く心を解放させるためのお試しがきていたんだなあ と気付いたのです。


今年はそれに乗らないようにしなくちゃ


ってことでらぶらぶモードです。


空ちゃんとらぶらぶしていれは、意識はそこには向きません。



うまく出来ています。




去年までのわたしは、無意識化で愛する人を失った悲しみ苦しみを抱えていたから、エネルギーに翻弄されてしまっていましたが 今はやっと解放されています。



今年のわたしは空ちゃんとの新婚生活を楽しみます♪

最近のわたしは忙し過ぎて、空ちゃんのことを忘れるようになってきました。


これがわたしのやりたかったことと思えるわけではなく、目の前に現れるからこなしているだけですが、忙し過ぎて、空ちゃんを忘れています。


集中しているだけですが良い傾向だと思っています。



このように 仕事が忙しかったり集中していると、好きな男のことは忘れます。



いくら大好きでもそれとこれは別です。


好きな人に依存する傾向のある人は 結局、何かに集中していないのだと思います。


好きな人と一緒にいることは楽しく嬉しいことですがそれだけが楽しみなんてつまらない人生です。



好きな人と一緒になりたいという想いはすばらしいですが、人生はそれだけじゃないと思います。



わたしが何かに集中して空ちゃんを忘れている時は、空ちゃんもわたしを忘れています。


だけど それが心地いいのです。


同じ方向を向いて、同じ目的を持ちながら違う場所で違うことをやっているからです。



だから、互いに安定してるのです。


互いに表立ってではないけれど 魂の昇華をしています。



わたしたちはこうやって歩みたかったんだなあ。



一緒にいて同じことをするのではないけれど、同じ目的を持ちながら違う持ち場で生きています。

そうやって わたしたちは支えあって生きています。




忙しい時は同じように忙しく、おやすみの時は同じようにおやすみします。


そんな時は二人、溶け合って眠ります。




わたしたちはツインです。


どうしようもなくツインです。


たまらなくツインです。

願いを叶えたいなら、誠実であること。


人を自分の思い通りにしたいなら、誠実であること。



人を自分の思い通りにしたい。。。というのは、エゴかもしれませんが、でも 自分自身がその人に対しても周りに対しても誠実に接していたら、自分に習うようになってくるものなのです。



今はツインブログが氾濫していて、わたしのブログも、ツインワードで検索されています。


なぜ、人がツインを求めるかというと、魂の片割れであるツインに出逢ったなら、決して離れることはない。
永遠だから。


という、永遠の関係を求めているからではないでしょうか?



好きになった人と永遠に一緒にいたい という想いを思い通りにしたいからではないでしょうか?



決して離れることはない、永遠の関係を求めるから、ツインを求めるのだと思います。



だから、ツインというワードに執着してしまうのだと思います。



また ツインとは違いますが、話題の松居一代さんも舟越英二さんを永遠の相手だと思っていたから、執着してしまうのだと思います。



でもね、永遠の相手って 出逢うものではないのです。



作り上げていくものなのです。


先に述べましたように、

人を自分の思い通りにしたいなら、誠実であること。

とは、


永遠を求めるなら、誠実であること


なのです。




この人がツインだ〜というのは、感覚でしかないと思います。

わたしは誰と誰が魂的に繋がっているというのはわかりますが、一般的にはわからないと思います。


ツインかどうかわからないから、ツインブログを読み漁るわけですが、
そんなにも 相手のことが大好きで離れたくなくて永遠を求めるのなら、相手に対して誠実になってください。

自分にも相手にも嘘をつかず、甘やかさず、清廉潔白になってください。



そうなれる相手こそ、ツインだと思います。

今まで、ツイン方面のことは分けて書いていましたが、もう分けて書けなくなりました。


ツインとは、好き嫌いといった恋愛する仲ではないですし、仲良くなることがゴールではないからです。


仲良く、らぶらぶしてからがスタートです。


しかし、仲良くらぶらぶとわたしはいつも書いていますが、実際に ベタベタするわけではないのです。
感情は極めて、ノーマル。
動かないです。


これから書く内容は、今朝 降りてきたエネルギーを言語化したものですが うまく言語化できていなくて意味不明です。

だから、エネルギーだけ感じてください。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆



この地球では 男女の愛は嫉妬したり。。。したりと感情的なものですが 宇宙での男女の愛は もっと宇宙的なものなのです。


交わり、結び付きといった重なる関係を現し それによって 形つくられるもので 幅広く、壮大なものなのです。



だから、ネチネチ、ギラギラした感じではなくて 壮大で奥行き深いものなのです。



本来の男女の愛はそうだったのですが、だんだん変わっていったようです。


そんな男女の関係が元になって 他の関係がつくられていきます。



だから 今、ツイン問題が叫ばれているのです。


好き嫌いといった感情的なものではなくて 宇宙的で原子的な根本になるものが男女の愛なのです。


だから、男女は出会うのです。


そんな感情的でない愛を思い出すために。。。




しかし 恋愛で傷ついている人は 男女の愛はとくに、感情的なものとしてとらえているため、ツインと出会っても 恋愛対象として見てしまうため、苦手意識が働くようです。

そうではなくて、純粋に 二人の関係として見つめてみたら 男女の恋愛とは違った関係だとわかるはずです。


また、恋愛をしたい人は 出会ったツインを恋愛対象と見てしまいます。




ツインだから、恋愛対象になるのではなくて 恋愛したいから恋愛対象になってしまうのです。



ツインは 同じ魂同士ですから 強烈な磁場が働きます。


そのため、不思議なことが起こりやすいです。


だから、出会った方はスピリチュアルにのめりこむのかもしれません。


しかし ツインに出会い本来の男女愛を思い出したなら


この地球は変わるのです。



それがツインの愛であり、使命なのです。




☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆



要は 恋愛感情はツイン本来の愛の形ではなく

宇宙根本エネルギーそのものがツインエネルギーなんだ ということです。


だから 今、わたしたちは出会わされています。

強制的に 出会わされることで、恋愛を越えて 真実の愛を体感して、宇宙の叡知をおろしていくのです。


ゆくゆくは この地球も宇宙根本エネルギーで充満されていきます。


わたしたち、ひとりひとりはそれをするために生まれてきているのです。


誰かがこの地球を変えてくれるのではなくて 自分の力で変えていくのです。

自分の居るエネルギーフィールドを宇宙根本エネルギーで満たしていきましょう。



ということで これからのわたしは、ツインエネルギーを下ろしていきます。


ツインエネルギーは愛しか選択できない というエネルギーです。

覚悟していてください。
愛のエネルギーを投下していきます。

結局 わたしと空ちゃんは、根源のエネルギーの扱い方が違うのかなあ と思います。


わたしは 絶えず、感じていて それを万民のために使っていきたいと思っているのに対し、空ちゃんは それをわたしたちだけの特別なものとして、自分の辛い時にそれを取り出し、それで癒す そんな感じに思えるのです。



確かに、このエネルギーは究極な何かがあるけれど 自分だけのものにしていいものでもないのです。



また わたしは それを日常的に与えることを実践しているのに対し、彼は 自分の癒しと秘密兵器として使用しているからかもしれません。


だから、いつも意見の相違があるのです。



日常的に与えているためには、常に一緒にいた方が効率がよいのですが、彼の場合は違うから。。。



彼が彼の仕事で忙しいときには、わたしはわたしでそのエネルギーを精製しなくてはなりません。

だから、わたしは動き回ることもあります。



このエネルギーは、色で言うと レインボーで、一色なくてもレインボーにならないから、足りない色をわたしが補充するのです。


今の空ちゃんは ただのジジ色で 何の魅力も感じられません。


だから、興味がわかないのです。



結局 ツインというのは、人ではなくて 魂=エネルギーだなっと強く思います。

7c6094d5.jpg昨夜は、引き寄せの凄さを体験しました。


それは。。。


先週は、主人の仕事が忙しくて 木、金は出張で一 昨夜、久しぶりに家でご飯を食べました。
そして 昨夜は、今日からの仕事に備えて 早めにお風呂に入り 7時ごろからの夕食になりました。

しっかりお腹も膨れて、寝ようとしていたら 電話が。。。

主人の友達からでした。
どうして電話してきたかわからない内容の電話のあと、主人がその友達の現状を話し出しました。


甘えたいけど、甘えられない人っているんだね。

心配になってずっと電話をしていたけど、繋がりません。

わたしからすると、心配させるだけさせておいて、なんだ?って思うのです。

助けてほしいなら、言わなきゃ!


わたしなら、強引に迎えに行くのですが 主人は強引さがないため 結局、後から電話はかかってきましたが何も言えず。。。


そういう中途半端さがたまらなくイヤで


まあ、わたしんちに電話してこれるだけ まだマシか〜と思いつつ、不完全燃焼です。


と まあ、昨日の日記ですが


いつもなら、夕飯は8時頃から一時間ぐらいで その後は主人は寝ちゃうんです。

でも 昨日は早めの食事ということもあり、会話が弾み、主人とわたしの出会ったなれそめ近辺の話しになりました。


過去話しです。


わたしとしては、楽しい会話のつもりでしたが、波動的には低かったんだと思います。

だから、主人の友達の電話を引き寄せた。。

それで気づけばよいものを、その後 眠れずに、空ちゃんがいない!空ちゃんはどうして迎えにきてくれないの! という意識まで発展してしまいました。


お布団の中で泣きじゃくりまして、、


今朝は、回復しております^^



どの次元のわたしもわたし♪なんです。

でも、その次元に入り込んでしまっている場合は、何も見えないのです。


わたしがいつも居る次元にいる時には、空ちゃんがそばにいなくても安心して互いに見守っていられるのです。

亭主元気で留守がいい♪的な〜

だけど 何らかの原因で波動が極端に落ちると、その波動の自分になり、その波動と同等のエネルギーを引き寄せてしまうのです。

そうなると 自分じゃない何かになってしまうのです。

自分じゃない何かになってしまうと 自分=ツインフレーム は、介入できなくなってしまうので 結局、寂しいだけで終わってしまうのです。


ツインフレームが引き合う次元って ホント、高いところにあるので 通常の自分の意識をそこまで上げてあげることが大切なのです。


だから、波動を上げることが叫ばれているのですね。



わたしは地に足をつけて生きるためのことを書かせていただいているので 自分の波動の低い部分をいかに上げていくかに着目しています。

だから、波動の低い部分にフォーカスすることも必要だと思っています。

そのためには、波動を高くすることも大切で。。。




詳しく書くと ややこしいのですが、次元というのは細かく層に分かれているのです。


辛いだけの次元、苦しい次元、自分みつめできない次元、自分みつめをしてみようかな?と思える次元、自分みつめができる次元、自分みつめをしてみてスッキリしている次元。。。。等 細かく分かれているのです。


だから、苦しい次元にいる時には、自分みつめをしてみようかな?と思える次元まで引き上げることが大切なのです。

そのためには、ツインとらぶらぶ次元を味わうことは必須なのです。

それが出来ない環境にある場合には、違ったアイテムで波動を引き上げてあげることが大切です。


そうやって いつも日常的に居る時の次元を上げることをしていくことが より良く生きていけると感じています。





わたしの話からツイン話、次元の話しになり、長話しになってしまいました。


写真は、先週 訪れた天空の茶畑です。

このページのトップヘ