この世界にあるすべてのものは感謝するために存在する

わたしは、地球にグラインドしています。 わたしの意識は地球に同調しています。 わたしの想いは地球の想いです。 わたしの叫びは地球の叫びです。 わたしの言葉は地球からのメッセージです。 少しでも、みなさんに 地球の想いを感じていただけたら幸いです。

カテゴリ: ツインソウル、ツインフレーム

日の光りが放つように

あなたの光りを感じる。

いつも、どこにいても、出逢った頃と変わりなく、あなたを感じる。

山を観ても、桜を観ても、あなたを感じる

川のせせらぎもしぶきも あなたの光りを想い出させる。



わたしの左手にはあなたが宿っているの。

あなたを感じる。

いつも どこでも。

永遠に。。。



ツインレイは真実の男女愛と豊かさを開く扉
http://ameblo.jp/saesnick/entry-12326145374.html

つい最近、わたしはこのHさんのツインの彼、と思われる人と話をしたのです。


彼もかなり舞い上がっておりました。


二人が互いのことをツインだと認識していますが この二人はツインではないのです。



前世のカルマの関係をツインフレーム、レイと思い込む人が後を立たないのです。



そういうことって 導き手として関与しないのかなあ と思います。

わたしのブログには連日連夜、『ツインソウル ツインフレーム、ツインレイ』を検索して訪れています。


何故でしょうか?


愛した人が 『ツインソウル ツインフレーム、ツインレイ』であったら良いと願うからです。


どうしてそこまで執着してしまうのでしょう。


何故なら、『ツインソウル ツインフレーム、ツインレイ』は離れられない存在=永遠を意味すると思い込んでいるからです。


誰もが、永遠の存在を望んでいます。


永遠に幸せな関係を望んでいます。


幸せ=安心、安定 です。


誰もが安心、安定を望んでいるから、『ツインソウル ツインフレーム、ツインレイ』に執着してしまうのです。


それは 今までの生活が、安定、安心の生活ではなく苦しく辛いから だと思います。


苦しみから抜け出したい!と思っているから、『ツインソウル ツインフレーム、ツインレイ』を求めてしまうのです。


今、苦しい! から 永遠を求めるのです。


いつか この苦しみから抜け出せる という希望を持ちたいのです。

希望を持つのは大切ですが そしたら、今、幸せでなくてもいいの?


今、苦しくてもいいの?

今、楽しまなくてもいいの?


『ツインソウル ツインフレーム、ツインレイ』を求めるということは、安心、安定できる幸せな生活を求めていることで 今、安心、安定したいからです。



永遠というのは、継続を意味します。


永遠に継続し続けるのです。


安心、安定な生活を継続し続けたら、それが永遠なのです。


継続は力なり。


『ツインソウル ツインフレーム、ツインレイ』に出逢ったからといって すぐさま 永遠な安定が手に入るわけではないことをお分かりいただけたでしょうか?


今、もし あなたに安心、安定が手に入ったとします。

それを継続し続けることが永遠なのです。



継続し続けるということは、『信じる』ことです。


信じ続けることで永遠は手に入るものなのです。


信じ続けることです。

ブレずに、信じ続けることです。




わたし事ですが、わたしは空ちゃんをツインだと信じる力が弱まると、不幸なことが起こったり頭を打ち付けたりします。
幾度となく、繰り返してきました。

また 信じ続けてきて安定が続くと、刺激が欲しくなります←贅沢^^

だから、わざとわたしから空ちゃんから離れます。

そんなことも幾度となく繰り返してます。

安心安定もそりゃ、良いものですが、不安や苦しみも楽しいです。

結局は 安心安定を手に入れて、たまの苦しみを経験するのが刺激的で楽しいです。



要は、今を楽しむこと をわたしたちはしたいだけなんです。


『ツインソウル ツインフレーム、ツインレイ』と出逢って 辛いの苦しいのという想いも魂的にはしたいのよ。

楽しい!!!!!!ってめちゃんこ感じてます。


苦しみも悲しみも安心も味わってください。


あなたは、それがしたいのだから。


そして あなたは幸せなのです。


幸せなのです。

とまあ、わたしの考えはこういうものです。


だから、すべてを捨てて 一緒になるというのはツインレイとして生まれてきてツインの風上にもならない と思うわけです。

すべてを捨てたら、お山は大きくはなれません。

すべてを受け入れて、器を大きくして 丸のみして自分を大きくしてから統合するのです。


わたしを大きくするために 空ちゃんや天は無理難題を吹っ掛けてきます。
それをクリアして信頼を積み上げていくのです。

お山は信頼の固まりです。


自分で信頼を積み上げて自分のお山を造り上げるのです。


お山を造るのは楽しいです。


たまの空ちゃんとの会瀬を忘れてしまうくらい楽しいです^^



将来的には合体するから、今 会わなくても構わないとも思えるんですよね〜



合体したら最後です。

合体しながら人生を歩むのです。

巨大なままのまま山脈ができますわ〜

巨大過ぎて身動きが取れなくなりますがな。

だから、今のうちにフラフラしているんで〜す♪


ほんと、空ちゃんほど俺様はいないですから、一緒にいたら窮屈で逃げたしたくなります。

息ができないくらい羽交い締めにされちゃいます^^

わたしが思うにツインの統合というのは まず、ツインフレームが集まってひとつのお山を造るのです。

そのひとつのお山というものは、社会貢献に根差したお山です。


そして、ツインレイのお山と合体させて山脈となすのです。



シャスタ山脈を例に取ると、シャスタ山脈はシャスタ山とシャスティーヌ山に分かれています。


男のツインレイはシャスタ山をつくり、女のツインレイはシャスティーヌ山をつくります。

そして シャスタ山とシャスティーヌ山を統合させてシャスタ山脈の完成となります。


うちの空ちゃんは、空ちゃんのお仕事関係の人たち(ツインフレームさんとする)とシャスタ山を大きくしています。
一方、わたしはわたしのお山であるシャスティーヌ山を自分のツインフレームさんたちとつくっています。

そして 将来的には合体させて シャスタ山脈にするのです。


一般的に、ツインなんちゃらという役割は そのような役目をするんだと思います。


だから、ツインレイである彼と一緒になりたい!よりも先に、ツインフレームさんである自分のブレーンとひとつのものを形造る必要があるのです。


一緒に造り上げる役目はツインフレームさんたちとするのです。

ツインフレームさんたちと造り上げたら、必ず ツインレイさんのお山との合体があるのです。



こう考えると わたしと空ちゃんはツインレイだと思います。


ひとつのお山の頂点に立つのは責任を伴いますし、それ相当の人格も求められます。

そこをクリアしながらお山を造るのです。



愛する彼はツインレイだから一緒になりたいという想いがあるならば、先に自分のお山を造り上げることです。

ただ 一緒になりたいでは話しになりません。

愛しているなら、できるはず。

ツインレイの統合というものは、全責任をかけて行うものです。

一寸の狂いもなく造り上げることです。

ツインレイにはその責任が伴います。


自分がツインレイと出逢っていると確信するならできるはずです。

最近、ますますツインなんちゃらブログが多いですね。


わたしも空ちゃんとのことを書いていますが、それによるとわたしたちはツインレイに当たるようです。


ツインレイ、ツインフレーム、といろいろ種類があり また、その区分けの仕方 向き合い方などがあるようです。


いろいろ調べている人がいて、御苦労様です。



わたしも最初の頃は ブログを読み漁りました。


それは、わたしたちの未来が知りたかったからです。

ツインレイならどう進むんだ、ツインフレームならどう未来が作られていくんだ そんなことを期待、不安になりながら読み漁りました。


でもね、そんなのって当てにならないんですよね〜



定義付けされていますが、当てはまらなかったら落胆して辛いものです。


わたしの場合は、とにかく 自分の体感や感覚で進んできています。


『わたしと空ちゃんはツインなんちゃらじゃないんだ』 と思った瞬間から わたしの身に不幸が起こります。

そして、思い直すと 人生薔薇色です。

簡単です。


また わたしの身体は空ちゃん探知機で、身体が空ちゃんを求めて動きます。


空ちゃんは 日本全国を回っている人で どこにいるかわからないです。

でも、身体がわかるのです。

出逢うと、ペッタリくっつきます。

磁石です。

離れる時はいきおいで離れます。



頭で考えなきゃいけない関係はツインなんちゃらではないように思います。

感情があるからなのかもしれませんが、感情を取っ払ってしまえば簡単です。


そして また、ツインなんちゃらは 必ずと言って良いほど 片方は霊的な指導者でありもう片方は感情を取っ払っうように導かれます。



わたしからしたら 体感でわからないのはツインなんちゃらではないと思うのです。



ソウルメイトには、様々な役割があるから その一種かもしれないです。



愛されてる確信というのは出逢った直後から強かったしなあ。


でも、言葉は発しないし、ましてやs☆xな関係なんてあり得ないです。

そんなこと出来るの?

そんなことしたら、電気ショックで死んでしまうわ〜

結局、ツインなんちゃらは魂=磁石、裸電球 ですから、そこまでの絡みは難しいんじゃないの???


と妄想が膨らみます^^


ひょっとしたらわたしたちは規格外かもしれませんね^^

この世界において 男性が次元上昇をしていく場合 自分自身の内面と向き合っていくと頭打ちになるようです。


ある程度までは上昇できるのですが そこから先は、ツイン女性の助けがいる、もしくは、仙人みたいになっていくしかないようです。


一方 女性はひとりで向き合っていって高みを目指せるようです。

そのため そのままひとりでより上がるのも良しですし、ツインを引き上げながら上がるのも良いようです。


男性がツイン女性の助けを借りる場合には、ツイン女性はその男性よりも上昇していなければなりません。


だから、女性の次元上昇が叫ばれるのですね。





変な話、男性が次元上昇を果たすためにツインがあるのです。


男性が次元上昇したいからツイン女性が引っ張られるのです。


だから、女性がより次元上昇のために内面を見つめさせられるのです。


仙人みたいになって次元上昇するがいいかツインとラブラブしながら次元上昇するがいいかといったら それは、、、、わかりますよね?


ということで、ツイン女性はツイン男性を好きにさせられるのです。



だから わたしは恋愛感情を外してもつけられてしまいます。。。



今のわたしは、空ちゃんを引き上げるのも良し、ひとりで上がるのも良し の状態におりますが、なんだか状況が変わってきています。


それは、、、


違う男性からのアプローチがあるのです。


選り取り見取りです^^



まあ こんなことは今まででもありましたが、結局は空ちゃんが焼きもちをやいて終わるのです。。。

アレルギー反応、というものは 身体的に起こる拒否反応ですね。


好き嫌いの感情的ではない反応です。


ツインの惹き付けというのは、この逆バージョンで 好き嫌いの感情的ではない身体的レベルで起きる受け入れ反応です。


磁石と同じです。


魂の惹き付けって、それをまとっている身体が反応を起こします。


だけど 魂が感情エネルギーに覆われていると誤作動を起こします。






自分の愛する人がツインフレーム、ツインレイではないか?と 不安になっていたり、不倫みたいになってしまったりしている人って 少なくないと思うのです。


また 今は、TVでも不倫報道が流れていますよね?

不倫なのかツインなのか?


この想いで自分を苦しめている方もいらっしゃると思います。
また 逆に、不倫をされていても わたしはツインだから、と言い訳されてる方もいるかな とも思います。



ツインフレーム、ツインレイの特徴としましては 上記に書いた、受け入れ反応なのです。 また 誤作動もあります。


ツインフレーム、ツインレイという魂の関係に恋愛感情をまとうのですから、語作動は当然あるのです。


感情を外してみないとわからない。


ツインならば、くっつくから。。。



わたしと空ちゃんは浄化力が強いから、互いに一斉にはがすとくっつきます(一度、試したことあります)


くっついたものを離す時は痛みが生じます。


痛いよ〜



とまあ ツイン現象ってアレルギーの逆バージョンだよ♪




ちまたでは、ほんと たくさんのツインブログが書かれていますが、ツインならば 感情が外れればくっつくんだから せっせと向き合うだけなんです。


同じものはくっつく♪

似ているだけではくっつかない♪


それだけです。


命、魂と向き合って生きるということは、常に生きることに集中することだし、しいては、本能を研ぎ澄まして生きていくことに繋がります。


やりたいこと、望みも必要だけど 基本は、生き延びていくことが大切なのです。


そのために自立が必要です。


だけど それだけでは片手落ちで、危機管理能力が必要になってきます。


生き延びるための見極めが必要。



ミサイル発射やツインというキーワードは、



生き延びていくための見極めができますか?

自立できていますか?

危機管理能力はありますか?

という意味なのです。



それを 誰の言葉を信じているのか知らないけれど、飛んできていないだろうと余裕でいるのは、鈍感過ぎて、話しにならない。




『ツインソウル、ツインフレーム、ツインレイ』といった 魂繋がりの人との出逢いを求めている人が多いですが、根底にあるのは、生き延びていくための知恵を授かりたいという魂の想いによるものです。



『ツインソウル、ツインフレーム、ツインレイ』が離れているのは、どちらかが生き延びるための魂の知恵なのです。


一緒にいて 互いに、死んでしまったら、地球に来た意味がないでしょう。

どちらか生き延びるために離れているのです。


一緒になりたければ、自立して本能を研ぎ澄まして生きることです。


それならば、一緒にいられる。




ミサイルが本当に飛んできてるかどうかわからないようでは、まず無理でしょう。



危機管理能力、本能と書きましたが、それがあれば 仕事ができるはずです。


生きていくためのお金を稼ぐことは楽にできるようになるものです。



全部、つながっているのです。


覚えておいてくださいね。

何故、ツインが地上で出逢うのか?


と言ったら


愛されて、コテコテに愛されて 誰をも許して生きていくためだと わたしは経験上、思うのです。



空ちゃんと知り合う前のわたしは、やさぐれてました。


だけど 空ちゃんと知り合ってからのわたしは、自然を愛し感謝が溢れ出るように変化しました。


一緒になりたいと苦しんだ日もありましたが、離れていても いつも変わらぬ安心感があり、それでわたしは満たされてきました。


一緒になることが目的ではないと思います。


愛されて愛されてコテコテに愛されて、誰をも許していける人になり、この世界から核を廃絶するようにするためだと、わたしは感じています。



わたしのこの想いが、どなたにも届き、誰をも癒していくのだと感じています。



わたしの空ちゃんを愛する想いと空ちゃんがわたしを愛してくれる想いが重なり、この世界を核のない世界へ導いていけると信じています。




だから、わたしは空ちゃんと出逢ったのだと思います。

このページのトップヘ