この世界にあるすべてのものは感謝するために存在する

わたしは、地球にグラインドしています。 わたしの意識は地球に同調しています。 わたしの想いは地球の想いです。 わたしの叫びは地球の叫びです。 わたしの言葉は地球からのメッセージです。 少しでも、みなさんに 地球の想いを感じていただけたら幸いです。

カテゴリ: ツインソウル、ツインフレーム

日の光りが放つように

あなたの光りを感じる。

いつも、どこにいても、出逢った頃と変わりなく、あなたを感じる。

山を観ても、桜を観ても、あなたを感じる

川のせせらぎもしぶきも あなたの光りを想い出させる。



わたしの左手にはあなたが宿っているの。

あなたを感じる。

いつも どこでも。

永遠に。。。



この世界において 男性が次元上昇をしていく場合 自分自身の内面と向き合っていくと頭打ちになるようです。


ある程度までは上昇できるのですが そこから先は、ツイン女性の助けがいる、もしくは、仙人みたいになっていくしかないようです。


一方 女性はひとりで向き合っていって高みを目指せるようです。

そのため そのままひとりでより上がるのも良しですし、ツインを引き上げながら上がるのも良いようです。


男性がツイン女性の助けを借りる場合には、ツイン女性はその男性よりも上昇していなければなりません。


だから、女性の次元上昇が叫ばれるのですね。





変な話、男性が次元上昇を果たすためにツインがあるのです。


男性が次元上昇したいからツイン女性が引っ張られるのです。


だから、女性がより次元上昇のために内面を見つめさせられるのです。


仙人みたいになって次元上昇するがいいかツインとラブラブしながら次元上昇するがいいかといったら それは、、、、わかりますよね?


ということで、ツイン女性はツイン男性を好きにさせられるのです。



だから わたしは恋愛感情を外してもつけられてしまいます。。。



今のわたしは、空ちゃんを引き上げるのも良し、ひとりで上がるのも良し の状態におりますが、なんだか状況が変わってきています。


それは、、、


違う男性からのアプローチがあるのです。


選り取り見取りです^^



まあ こんなことは今まででもありましたが、結局は空ちゃんが焼きもちをやいて終わるのです。。。

アレルギー反応、というものは 身体的に起こる拒否反応ですね。


好き嫌いの感情的ではない反応です。


ツインの惹き付けというのは、この逆バージョンで 好き嫌いの感情的ではない身体的レベルで起きる受け入れ反応です。


磁石と同じです。


魂の惹き付けって、それをまとっている身体が反応を起こします。


だけど 魂が感情エネルギーに覆われていると誤作動を起こします。






自分の愛する人がツインフレーム、ツインレイではないか?と 不安になっていたり、不倫みたいになってしまったりしている人って 少なくないと思うのです。


また 今は、TVでも不倫報道が流れていますよね?

不倫なのかツインなのか?


この想いで自分を苦しめている方もいらっしゃると思います。
また 逆に、不倫をされていても わたしはツインだから、と言い訳されてる方もいるかな とも思います。



ツインフレーム、ツインレイの特徴としましては 上記に書いた、受け入れ反応なのです。 また 誤作動もあります。


ツインフレーム、ツインレイという魂の関係に恋愛感情をまとうのですから、語作動は当然あるのです。


感情を外してみないとわからない。


ツインならば、くっつくから。。。



わたしと空ちゃんは浄化力が強いから、互いに一斉にはがすとくっつきます(一度、試したことあります)


くっついたものを離す時は痛みが生じます。


痛いよ〜



とまあ ツイン現象ってアレルギーの逆バージョンだよ♪




ちまたでは、ほんと たくさんのツインブログが書かれていますが、ツインならば 感情が外れればくっつくんだから せっせと向き合うだけなんです。


同じものはくっつく♪

似ているだけではくっつかない♪


それだけです。


命、魂と向き合って生きるということは、常に生きることに集中することだし、しいては、本能を研ぎ澄まして生きていくことに繋がります。


やりたいこと、望みも必要だけど 基本は、生き延びていくことが大切なのです。


そのために自立が必要です。


だけど それだけでは片手落ちで、危機管理能力が必要になってきます。


生き延びるための見極めが必要。



ミサイル発射やツインというキーワードは、



生き延びていくための見極めができますか?

自立できていますか?

危機管理能力はありますか?

という意味なのです。



それを 誰の言葉を信じているのか知らないけれど、飛んできていないだろうと余裕でいるのは、鈍感過ぎて、話しにならない。




『ツインソウル、ツインフレーム、ツインレイ』といった 魂繋がりの人との出逢いを求めている人が多いですが、根底にあるのは、生き延びていくための知恵を授かりたいという魂の想いによるものです。



『ツインソウル、ツインフレーム、ツインレイ』が離れているのは、どちらかが生き延びるための魂の知恵なのです。


一緒にいて 互いに、死んでしまったら、地球に来た意味がないでしょう。

どちらか生き延びるために離れているのです。


一緒になりたければ、自立して本能を研ぎ澄まして生きることです。


それならば、一緒にいられる。




ミサイルが本当に飛んできてるかどうかわからないようでは、まず無理でしょう。



危機管理能力、本能と書きましたが、それがあれば 仕事ができるはずです。


生きていくためのお金を稼ぐことは楽にできるようになるものです。



全部、つながっているのです。


覚えておいてくださいね。

何故、ツインが地上で出逢うのか?


と言ったら


愛されて、コテコテに愛されて 誰をも許して生きていくためだと わたしは経験上、思うのです。



空ちゃんと知り合う前のわたしは、やさぐれてました。


だけど 空ちゃんと知り合ってからのわたしは、自然を愛し感謝が溢れ出るように変化しました。


一緒になりたいと苦しんだ日もありましたが、離れていても いつも変わらぬ安心感があり、それでわたしは満たされてきました。


一緒になることが目的ではないと思います。


愛されて愛されてコテコテに愛されて、誰をも許していける人になり、この世界から核を廃絶するようにするためだと、わたしは感じています。



わたしのこの想いが、どなたにも届き、誰をも癒していくのだと感じています。



わたしの空ちゃんを愛する想いと空ちゃんがわたしを愛してくれる想いが重なり、この世界を核のない世界へ導いていけると信じています。




だから、わたしは空ちゃんと出逢ったのだと思います。

裁かれても許す

理不尽なことをされても許す



そんなお試しが降ってくることがあります。


そんな時には、同じ土俵に乗らないことなのです。




人は自分が批判されたり非難されると、自分を守ろうとして相手を攻撃しようとします。

それが、相手の思うつぼなのです。


他者から非難されたり批判されることを引き起こさないことが大切なのです。


そのためには、自分を律することであったりそうならないための努力が必要なのです。

また、そこに近づかないことも大切です。


非難、批判されることをしない そこに関わらないのです。


それが、自分を守ることになるのです。


それは、逃げることではないのです。



どこまでも許すことができる器があるなら、関わることも良いでしょう。


許すこと、受け入れることが難しいと考えるなら関わらないことが一番です。




しかし 許すことができる人に対しては そんなお試しが降ってくることがあります。


許す(相手を受け入れる)と相手が変わるからです。


相手の心が変化します。


自分がどこまでも理不尽なことを言っても、どこまでも許されると人は癒され、心がゆるむのです。


わたしはそれが見たいのかもしれません。


人が癒された瞬間です。



人が癒され、固まっていた心が溶けるのをわたしは魔法と呼びます。




魔法は許す心から生まれます。



それは 空ちゃんにコテコテに愛されているからできること。

空ちゃんに愛されているから誰をも許して生きられるのです。


もひとつ重要なことを忘れていました。


裁く心を持っていると、裁かれることを引き起こします。


ちょっとしたミスから大きなことまで幅広く引き起こします。


出来ないことがあるのも それが要因であることもありますし、周りに裁く気持ちを持っている人がいると、その影響を受けて思わぬミスや間違いを引き起こすことがありますので注意が必要です。


そのためには、許す心が重要になってきます。


相手を許す、自分を許すことが大切です。


相手を許す、自分を許すって 自分の過ちをなかったことにすることではなくて
自分の過ちを素直に認め、二度と起こさないように努力することです。


いくら 相手のエネルギーに翻弄されたからといっても ボケっとしているから、翻弄されるのです。

そのためには、地に足をつけた生活を心掛けることが大切なのです。



裁く心、裁かれること どちらにしても 許していくことがわたしたちの課題と言えるでしょう、


そのためには、自分が満たされることではないでしょうか?


自分が満たされたら相手を非難することもなくなりますし、万が一 裁かれても許すことができますね。

この世に起こることは、すべて裁く心を解放させるためのお試しのような気がします。




この8月は長崎広島に原爆投下され、終戦記念日があります。


それによって 日本人は人を裁くことを植え付けられてしまいました。


その想いは、また 戦争を起こすエネルギーを作り出すのです。


だから、戦いが終わらないのです。




江戸次代から明治大正昭和と文明開化をしてきた日本人ですが、鎖国をとき、多民族との交流で意識が人を裁くことに向けられてきました。


みんな違っていても認めあい生きていく世の中から、違いはあってはならないという凝り固まった意識の世の中に変わっていったように思います。

それが高まり第二次世界対戦が勃発。



最終的には、二度も核を落とされて、愛する人を殺されて 日本人は身体だけでなく心にも深い傷を負いました。



二度と戦争を起こしたくない! という想いと共に許せない!想いが生まれました。


許せない想いは、人を裁くことを引き起こすのです。


だから、戦争を起こしたくなければ、許せない想いを解放しないといけないのです。。。



わたしは毎年8月になると、人を裁く気持ちが出てきてしまっていました。

そのため 9月10月とさんざんでしたので、考えてみたら そのエネルギーに影響を受けていたんだなあ ということがわかりました。

そのため 今年は、空ちゃんがわたしを目隠ししていてくれています。


何かを見つけると、空ちゃんが目をそらしてくれます。 そのため、そこに意識を向かないようになっています。


わたしは毎年、裁く心を解放させるためのお試しがきていたんだなあ と気付いたのです。


今年はそれに乗らないようにしなくちゃ


ってことでらぶらぶモードです。


空ちゃんとらぶらぶしていれは、意識はそこには向きません。



うまく出来ています。




去年までのわたしは、無意識化で愛する人を失った悲しみ苦しみを抱えていたから、エネルギーに翻弄されてしまっていましたが 今はやっと解放されています。



今年のわたしは空ちゃんとの新婚生活を楽しみます♪

最近のわたしは忙し過ぎて、空ちゃんのことを忘れるようになってきました。


これがわたしのやりたかったことと思えるわけではなく、目の前に現れるからこなしているだけですが、忙し過ぎて、空ちゃんを忘れています。


集中しているだけですが良い傾向だと思っています。



このように 仕事が忙しかったり集中していると、好きな男のことは忘れます。



いくら大好きでもそれとこれは別です。


好きな人に依存する傾向のある人は 結局、何かに集中していないのだと思います。


好きな人と一緒にいることは楽しく嬉しいことですがそれだけが楽しみなんてつまらない人生です。



好きな人と一緒になりたいという想いはすばらしいですが、人生はそれだけじゃないと思います。



わたしが何かに集中して空ちゃんを忘れている時は、空ちゃんもわたしを忘れています。


だけど それが心地いいのです。


同じ方向を向いて、同じ目的を持ちながら違う場所で違うことをやっているからです。



だから、互いに安定してるのです。


互いに表立ってではないけれど 魂の昇華をしています。



わたしたちはこうやって歩みたかったんだなあ。



一緒にいて同じことをするのではないけれど、同じ目的を持ちながら違う持ち場で生きています。

そうやって わたしたちは支えあって生きています。




忙しい時は同じように忙しく、おやすみの時は同じようにおやすみします。


そんな時は二人、溶け合って眠ります。




わたしたちはツインです。


どうしようもなくツインです。


たまらなくツインです。

願いを叶えたいなら、誠実であること。


人を自分の思い通りにしたいなら、誠実であること。



人を自分の思い通りにしたい。。。というのは、エゴかもしれませんが、でも 自分自身がその人に対しても周りに対しても誠実に接していたら、自分に習うようになってくるものなのです。



今はツインブログが氾濫していて、わたしのブログも、ツインワードで検索されています。


なぜ、人がツインを求めるかというと、魂の片割れであるツインに出逢ったなら、決して離れることはない。
永遠だから。


という、永遠の関係を求めているからではないでしょうか?



好きになった人と永遠に一緒にいたい という想いを思い通りにしたいからではないでしょうか?



決して離れることはない、永遠の関係を求めるから、ツインを求めるのだと思います。



だから、ツインというワードに執着してしまうのだと思います。



また ツインとは違いますが、話題の松居一代さんも舟越英二さんを永遠の相手だと思っていたから、執着してしまうのだと思います。



でもね、永遠の相手って 出逢うものではないのです。



作り上げていくものなのです。


先に述べましたように、

人を自分の思い通りにしたいなら、誠実であること。

とは、


永遠を求めるなら、誠実であること


なのです。




この人がツインだ〜というのは、感覚でしかないと思います。

わたしは誰と誰が魂的に繋がっているというのはわかりますが、一般的にはわからないと思います。


ツインかどうかわからないから、ツインブログを読み漁るわけですが、
そんなにも 相手のことが大好きで離れたくなくて永遠を求めるのなら、相手に対して誠実になってください。

自分にも相手にも嘘をつかず、甘やかさず、清廉潔白になってください。



そうなれる相手こそ、ツインだと思います。

このページのトップヘ