この世界にあるすべてのものは感謝するために存在するbyままのまま

「わたし」が今、なぜ、ここで生きているのか。 人は本来この世の中でただ一つの命として、自然で無垢な、すがすがしくも清らかな存在です。 しかし現代では、その姿を保つには相当の努力が必要なことのようです。 心身を清浄に保つためには、神や祭り、自然の力をかりて謙虚な気持ちに立ち返ることが必要です。 自分の目の前に差し出されたことを真摯に受け止めてください。 出来ないことは求められないものです。 息の本体に帰ってください。 息の本体に帰り、愛となれば、望んだことは一寸の狂いもなく叶えられるもので、望みが叶えられないのは、我が身が愛でない証拠。 だから、息の本体に帰ってください。 ご自身の「根っこ」を見極めるために、父母 をこえる存在として神や仏、自然の世界やご先祖様の存在が解ると、大きな心のよりどころを得ることになるものです。 日本の文化や風習、特に日本人のこころに脈々と受け継がれてきている信念を取り戻すことは、古くからある豊かな心をとりもどさせてくれるだけでなく、新たな価値観を生み出す大きな手段ともなるものなのです。 そのために出来ることを日々、お伝えしています。

カテゴリ: 般若心経

選択には大きく分けて二つあります。


ひとつは、現実を生きるという選択。

そして、もうひとつは 現実逃避をするという選択です。


だいたい、どちらかです。

何か、事が起きた時に 解決しようとするのが、現実を生きるという選択で 逃げようとするのが 現実逃避するという選択です。


選択は自由です。


どんな生き方も、その人の自由意思で決められます。


現実を生きなければいけない

ということではなく、

また、

現実逃避はいけない

ということでもないんです。



でも、前を向いて、進むことができるのは

現実を見て生きる生き方なのです。



目の前のご主人が嫌いで嫌いで仕方がない。

とする。

『ご主人が嫌いという現実』と向き合い克服することが、現実を生きる選択ということで
嫌いだから、離婚をするというのは
現実逃避の選択だということをわかってください。


現実を生きるということは、『克服する』『乗り越える』
ということなのです。


だから、離婚しても 同じような人と知り合ってしまうんです。



そして、子供は 親を選んで生まれくるといいます。

先ほど 書いた
『子供は親を信頼して生まれてくる』
というのは、
実は 子供は、『親自身の現実を生きていくことを信頼して生まれてくる』ということなんです。


要は
子供は、親に対して 『現実を見て、前を向いて生きてね』と 見守り、応援してくれている存在なんです。



だから
子供は、

現実逃避ばかりしている人に対し、
身を正しなさいと教えてくれるために生まれてきてくる時もありますね。

また、

子供が欲しくてもできない場合には
まだ 向き合うことがあるから それを乗り越えてからですよ という場合もあります。



現実逃避は 悪いことではないけど
癒し的な バカンス的に捉えていただけると 進みは早くなるかと思います。


わたしたちは
現実逃避をするために生まれてきたのではなくて、現実を生きるために生まれてきたんです。



そこを よくよく、理解をしていただきたいですね。

わたしは 神様、仏様に般若心経をお唱えさせていただいておりますが
それをお唱えさせていただくだけで とても、心が洗われます。



その中でも
般若心経の中で大切な文は
『ぎゃーてーぎゃーてー からぼーじそわか』までの部分です。

これは、直訳すると、
『彼岸へ行こう、みんな一緒に行こう、みんな揃って悟りの彼岸へ行き着こう』 です。

その意味は、『六波羅密行』をしよう!ということです。

無や空を悟っても、それは『悟』というだけで、世の人に尽くす菩薩行、すなわち六波羅密行という『
行動』をしなければ、本当の仏さまの住む彼岸へはたどりつかないと説かれています。

その前の部分の意味が
ひとつは『無』(もし、わたしという肉体が無いとするならば、感覚器官も無いのだから、煩悩のもととなる家庭も会社も財産も無い。
国も無ければ世界もない。この地球も月も星もないということになります。)

二つ目は『空』(『空』はからっぽの『空虚』のことではなく、無限の可能性そのものである『仏さまの生命力』がいっぱい詰まっている大いなる世界であるということです。)
です。


この『無』と『空』が『悟』なんですね。

悟る前の段階なんです。


それだけでは意味がなく、 『行動』である六波羅密行をしよう!とおっしゃられています。

これが、わたしがいつもお話しをしている『グラウディング』なんです。



だから
般若心経でも『グラウディング』が大切だよ と解かれているんですよ。



六波羅密行の修行というのは

1『布施』
2『持戒』
3『忍辱』
4『精進』
5『禅定』
6『智恵』


悟りを開いた者は
この六波羅密行を実践されています。

般若心経 (はんにゃしんぎょう)

般若心経の意識レベルを測定してみると、そのレベルは: 【994】 書物の中で最も高い意識レベルと思われます。

さらに、般若心経と唱える と言霊(マントラ)として我々のこころと身体に染み渡りますので意識レベルの向上に利用いたしましょう。

三蔵法師と般若心経
唐の時代の中国・、読誦したり書写したりしている般若心経は、有名な玄奘 三蔵(げんじょうさんぞう・西遊記でお馴染みの三蔵法師です) によって漢訳 されたものです。 サンスクリット語の原典が存在しています 般若心経を理解する 般若心経は漢訳されておりますので、とても難しく思われがちですが、実は とてもシンプルで分かりやすいものです。
般若心経は最初の3行から5行に全て語りつくされておりますので、最初の 段落だけ集中して理解すればよいです。
あとの部分はその説明部分です。

【空(くう)】の世界がわかり、こだわりなく物が見えるようになるとすべての苦しみは消えます。
ただし、そのためには修行をしなければなりませ ん。
修行とは
「最上級般若の智慧の実践」
言い換えれば「損得を考えない生き方をする」ということなのです。

◆ 般若の智慧とは 具体的には次の三つの智慧の実践です:
1. 損をする智慧
2. 問題を解決しない智慧
3. 世の中をよくしようとしない智慧
つまり、ありのままを受け入れることなのです。



と まあ、般若心経の解説を 拝借して 転載しました。

般若心経って どうやって生きたらいいか ということが書いてあるものです。
人生の指針になるものです。

『損得を考えない生き方』をするためには どうしたらいいのか というと ありのままを受け入れることなんですよね?

ありのままを受け入れることってどうすればいいの? といったら

まず、
ありのままの自分を知らなきゃ受け入れることができないですね。

だから goodタイミングで目の前の人が鏡になってくれるわけですよ♪

ありがたや〜♪

『目の前の人が自分のありのままを見せてくれる』 それを受け入れる 生活をしていくこと


これが 般若心経の教えなのです。


わたしがいつもお話していることですね〜


『ありのままを受け入れる生き方』を実践しますと 誓いをたてるために 般若心経を唱えるのです。

わかりますか?


これが『法』です。


この教えをいただけることに感謝致します。

人として 生まれたから、実践できるのです。


これが、人の道の基本です。


グラウディングがしっかりできてくると 内側から教えられます。

それまでは 般若心経をお唱えしながら できるように努力しましょうよ♪

完璧にしようと思わなくていいのです。

最初は 少しずつから 始めるのです。



Let's 般若心経♪♪♪

肉体を持った人間の特徴って

感情があって それは 欲でもあり煩悩でもあるんですよね

そして 人間として生きる上でのルールというのがあると思うんです

それが 般若心経の中での持戒だと思うんです
簡単に書くと『生き物を殺さない』『盗みをしない』『邪道のセックスをしない』という3つの行動の戒めと『嘘をつかない』『言葉を飾らない』『人の悪口をいわない』『二枚舌は使わない』という4つの言葉の戒めと『必要以上にケチケチ欲張ったりしない』『むやみに腹を立てない』『間違った物の見方をしない』という3つの心の持ち方の戒め 全部で10の戒めなんですよね

般若心経はこれだけではないですので 詳しくは書かないですが…

最近のスピでは よく 魂に従って生きる と聞くのですが

魂の生きたい方向なら 『動物を殺していいのか?』
魂の生きたい方向なら『人の物をとっていいのか?』
魂の生きたい方向なら『不倫してもいいのか?』
違うでしょ?

人間ならばやっていいことと悪いことの区別をつけるのは当たり前だと思うのですが この基本ができてこその 魂の生きたい方向に沿って生きるのではないか と思うんです

この地球に人間として肉体を纏っているならば 人間として生きなきゃ人間じゃないよね?

魂の生きたい方向なら肉体いらないでしょ

魂だけになったときに存分にやればいい


この地球に人間として生きている意味を考えて欲しい

何故 肉体を纏っているのかを…


それが分かれば アセンションの本当の意味がわかるのかと思うんです


前の記事とも合わせて考えると


人間として どう生きるべきかが見えてくると思うんです


これ以上 自分のカルマを増やして 生きにくくなるのは 自分のためにはならないんじゃないかな?


過去も現在も未来も繋がっている


今の行動で未来がつくられる


誰もが この人間のルールを前提に生きていけたら この地球は 満たされていけるのだと思います

誰かに幸せにしてもらうのではなく 自分で自分を幸せにする

その意思さえあれば いいのだと思います。


だからね

自分を抱き締めるって ホントに自分だけ抱き締めることじゃないんだよ

自分がつくられている総てを抱き締めることなんだ

このページのトップヘ