この世界にあるすべてのものは感謝するために存在するbyままのまま

わたしは、地球にグラインドしています。 わたしの意識は地球に同調しています。 わたしの想いは地球の想いです。 わたしの叫びは地球の叫びです。 わたしの言葉は地球からのメッセージです。 少しでも、みなさんに 地球の想いを感じていただけたら幸いです。

カテゴリ: グラウディング


祈りとは、本来なら意識を乗せると書いて、「意乗り」と成る。 



意識を乗せる生き方こそが祈り。 



グラウディングとは、意識を自分の中心に乗せること。 




すなわち、『意乗り』である。





グラウディングして生きるとは、毎瞬、毎瞬、祈りを捧げて生きること。 



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


グラウディング力がついてくると 生きる力がついてきます。


受け入れること、すべてを受け入れて、許すことができてきます。 


すべてを受け入れて、許せるから 目の前の人に何を言われても、石を投げられても 反撃もしないで 前に進めるのです。 



前に進む力、 

ど根性がついてきます。



生かされているだけでありがたい、この世界のすべてのものに感謝ができるようになります。


感謝できるから、何をしますか?

グラウディングは『行動力』だけではありません。 


『行動力』と『包む力』です。 



女性性と男性性の統合でなのす。 



行動力だけでは生きてはいけない。 

包む力だけが強くても生きるのは難しい。 



二つ合わさることに意味がある。

『行動力』と『包む力』を携えて、命を輝かせて生きていきましょう。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


グラウディングの基本は、
自覚すること、意識すること、考えなしに行動しないこと。 



自分の行動に責任を持つこと。 


自分の行動に疑問を持つこと。 


確認、検証を怠らないこと。 




仕事をする上では大切なことですが 日常生活でも大切なのです。 


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


《自分に最善を尽くすこと》

自分が何をしているのかわかっていると その自覚が生まれます。 


一方、 何をしているかわからないと 自覚は生まれません。 


何をしているか自覚をするということは グラウディングができているということです。 


何かを気をつけてやる、意識をしてやることは グラウディング力を高めますし 気がない、やる気がないのは グラウディング力が弱い状態です。 



どんなことでも 意識して、自覚してすることに努めると、グラウディング力はついてきます。
逆に グラウディング力がついてくると 意識して、自覚して 物事を対処できるようになるということです。 


そして グラウディング力ができて どんなことでも自覚してできるようになると 次には 意識が変わります。 


どうして 自分はこうなのか!これを選択しているのか!がわかってきます。 


すると そこに 責任感が生まれます。 


責任感が生まれると 視野が拡がり、物事を 四方八方、前後、左右 多次元的にみえるようになってきて その背景が考えられるようになってきます。 

この状態が センタリングができている状態と言います。 


どんな方面からでも 自分に適したことを考えられるようになってきます。

ここまでなると、人間関係がよくなってきます。 


だから 自覚して生きることが大切ですし 
今、やっていることを意識してやることが大切なのです。 

ただ わからないけど やらされているよりも 
わかってやったほうが 自分のためにもいいですね。


また、責任感ができてくるということは センタリングができているというサインでもあります。 


今の社会は 
責任感がわかないうちから、責任を押し付けていきますね。

そのため 重圧に負けてしまうのです。 


責任感がついて センタリングができてくると 柔軟性もでてきますから いろんな対処ができるようになります。 



責任感がついてくると 
いつも一生懸命でなくても 力を抜くとこもわかってくるものです。 

むやみやたら 突っ走ることはしなくなります。

そうやって バランスが取れる人間になってくるのです。 


人に意見されたぐらいで 自分を曲げません。 

それをすると バランスが崩れるのがわかっているからです。 
自分を第一に考えて、最善を尽くすことができるようになります。



自分のことがよくわかってくるようになります。



まずは 自分です。 

自分が傷ついたら、責任が果たせません。
それは、一種の防衛反応と言えるでしょう。 


まずは、自分に最善を尽くす人になることです。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


《あなたが未来を創る》

ひとつ大きな山を乗り越えると人は、自信を持ち 同じ苦しみがあった人の役にたちたいと考える。 

それは 思いやり。 


その思いやりを実践するために、思考錯誤するだろう。 


どうやって伝えていくべきか。 


そこで 
地球に根ざした考え方の者は 確実に、その思いやりを発揮していくだろう。。。 



しかし、地球に根ざした考え方を持てないものは、その思いやりを形にすることなく、ただ 拡散するだけで終わる。



どちらも 思いやりのある行為だけど、 
地球に根ざした者とそうでない者の違いはある。 



確実に、形にする。 

確実に、思いやりを示すためには、地球に根ざした考え方をした方がいい。 



どんな方法も自由ではあるけれど 

世の中を考え、相手の立場を考えて 出した方法は 世界のためになる。 


世界中の人のためになるんだ。 


だから 
人のためになりたいと思うならば、 
地球に根ざした考え方をしてほしい。


それが未来に繋がる。 



あなたが未来を創る。 





1 第1チャクラに赤くて大きな玉をイメージしながら 息を吐きながら グラウディングコードを伸ばして、地球の核に突き刺します。


2 つぎに 息を鼻から吸いながら
地球の核から赤いマグマのエネルギーを第1チャクラまで吸い上げます。
3 吸い上げたマグマの赤いエネルギーをお腹の中でさらに大きくして

グラウディングコード、右足、左足から地球の核をめがけて 吐き出します。(口から息を吐ききってください)
吐き出すときに 足の中にある不要なものも一緒に吐き出すイメージをしてくださいね。


4 そしたら、またまた 地球の核からマグマの赤いエネルギーを吸い上げ(息を鼻から吸う)次に、第2チャクラまで吸い上げます。

5 そしたら 第2チャクラですので オレンジ色の大きな玉をイメージしながら、息を吐くときに 右足、左足、グラウディングコードから 不要なものを吐き出します。


6 そしたら またまた、地球の核から赤いマグマエネルギーを吸い上げ、第2チャクラまで吸い上げ
オレンジの玉をつくり
またまた、右足、左足、グラウディングコードから不要なものを吐き出します。


これを何回も何回も繰り返します。


足やせダイエット効果もあります


第1チャクラと第2チャクラがしっかり地球と繋がっていれば けっこう安定します


続いて、第3チャクラ、4、5 とエネルギーを吸い上げてもいいですよ。


グラウディング強化になります。







最後に 手をこすりあわせてのプロテクトもお忘れなく〜

今日は、グラウディングをする前の呼吸法をお教えしたいと思います。


まず 背筋を伸ばし足を肩幅ぐらいに広げて立ちます。


次に、両手を上に上げて手を組んで背伸びをします。


背伸びをしたら、そのまま両手を下ろし、後ろで組みます。


組んでから、手を離します。


そうすると 胸が開いている状態になります。


それが呼吸法、グラウディングの際の基本姿勢となります。


後ろで組んだ両手を離し、お腹に手を添えます。

その状態で、口から10秒間 息を吐きます。


息を吐いている時に、お腹を引っ込めてください。 (手を添えているとやりやすいのです)


そして、2秒間 息を止めます。


そのあと 鼻から息を10秒間吸ってください。 吸っているときは、お腹を膨らまします。


そして、2秒間、息を止めてから、また息を吐きます。

それを3分ほど、繰り返してからグラウディングを行うと グラウディングコードが繋がりやすいです。


また グラウディングをしなくても この呼吸法のみを毎日、10分ほど行うこともお勧めです。


この基本姿勢を普段でも身に付けると、背筋が伸びて健康的になりますよ。

ぜひ、お試しくださいね。







無意識に、「〇〇〇した方が良い」とか「〇*〇を選んだ方が良い」と感じていても、理由がないからとしないで終わってしまうことはありませんか? 


ふと、感じる 閃く という類いのことです。 


無意識下のことですので、スルーしてしまうこともあるし理由がわからないからと先伸ばしにしてしまう。 

しかし 結果、やっておけばよかった〜気付いて後悔する。 


でも 本人としたら、ホント一瞬の無意識下のことで頭に過る程度なのです。 


しかし、それが明暗を分けるのです。



それって運がないわけではなくて無意識に過ごしてるからそんな結果になるわけなのです。 



そんな頭に過る、閃きを大切にすることで人生が変わることもありますし人付き合いも良くなりますね。 



直観を磨くと良いとかグラウディングしましょうという表現を使っていますが、要はこういうことなのですよ♪

チャネリングしたり

直観を受けたり

はたまた、覚醒して、啓示を受けたりした情報は



グラウディングできていないと


その内容が真実かどうかの確信が持てないのです。



情報はエネルギーで降りてきますが


グラウディングがしっかり出来ていないと、言語化ができません。


グラウディングが出来ていないのに、情報を受け取ったとしても

正確に、言語化できないのです。



だから

グラウディングが必要です。

内観浄化をする上で 最も大切なことは

グラウディングです。

グラウディングが出来ている状態というのは、身体から伸びているグラウディングコードが地球に繋がっていることです。

地球に繋がっている状態で
やっと 人は 直感を信じることができます。

地球に繋がっていないにも 関わらず 内観浄化はできません。

地球からの支えがないと人は立つことができないのです。

グラウディングコードは人それぞれ、特徴があります。

ちゃんと伸びている人

伸びているけど折れている人

短い人

何者かによって切られている人。。。


だから
わたしは
誰にあった時でも
グラウディングコードを視ます。

グラウディングコードを視ると その方の心の状態がわかるからです。


グラウディングコードって重要なんです。

まっすぐ伸びている人は 自分でグラウディングできますが

短い人 何者かによって切られている人 ない人は

正直に言って、精神的介助が必要なんです。


見た目は、5体満足でも 実際は 他者の介助が必要なんです。

それは 自分ではわからないのです。


精神的介助が必要にも関わらず スピリチュアルに関心を持ってしまうと。。。
エライこっちゃになります。


内観浄化どころの騒ぎではありません。


精神的介助が必要な人が無用にエネルギーを浴びると 宇宙に飛ばされます。

この地球に風船のように浮いているだけの存在の人に エネルギーを浴びせると エライこっちゃです。

グラウディングコードが視れないのに エネルギーを扱うのは危険です。


あなたは グラウディングコードを視て エネルギーを扱ってますか?

人間は 母親のお腹で十月十日を過ごし産まれてきます。

一般的には 母親の初乳を飲み 免疫をつけて 大切に大切に育てられますね。


人間は 元々 地球人の魂を持つ人は少なく たいがいが 宇宙の魂を持っています。

宇宙の魂を持って 産まれてきて 人間として 地球で育てられますね。

ってことは

元々 私達は 宇宙とはつながっているのです。

元々は、地球には つながっていないのです。

だから 赤ちゃんは 両親に 地球に繋がれるように 育てられるのです。

地球に根っこを張るように育てられるのです。

親が子供が育てるときには、 まず、人間はこの地球に住まわせていただいけているということを教えることです。

人間は 地球とは対等な間柄ではなく 地球に生かされているから 生きていけるんです。

この地上に存在する空気も 植物も 生物も 生かされている存在で ひとつも当たり前ではなく 地球の恵みをいただいて 私達は生きています。


と まあ 親は このような話を子供に教えながら 地球を敬うことを教えていくことが 望ましいのです。


そうやって 育てられると人間は 地球に根っこを張ることができます。

地球に感謝ができるから 地球から 養分をいただくことができるようになります。


このような人が グランディングができている人と言います。



でも 最近はどうでしょうか?

子供を育てる義務のある大人が 地球を破壊しますね。

グランディングできていない人々です。


人間は 地球に住まわせていただけているのに 感謝を忘れてしまいました。


グランディングとは 地球に感謝ができるようになる方法です。

地球に感謝ができるようになると 地球から養分、恵みをいただくことができます。


本来なら 親が教えることですが 教えられていない人たちのために グランディングという方法があります。

セルフヒーリングとも言います。



 
--------------
 
--------------
グラウンディングについて。      グラウデンィングというのは「自分を 地につけること」ということである。
 
木に たとえて言えば、 根が 地球の中心まで ずっとのびて強く立ってる木 のようなもので、何が きても 揺るがない強さが ある。
逆に 根を はってない木というのは、少しの台風でも 負けて倒れたりする。
 
人の場合、 ちゃんと グラウンディングができている人というのは、まず 自分の スピッリットがちゃんと 体の中に はいっていて自分でいられる。 ふらふらしていない。
 
グラウンディング が 掃除機みたいな役目を果たし、ほかの人の エネルギーとか、そこらへんに うようよしているエネルギーとか、もし やってきても グラウンディングのおかげで、自分の体に くっつかないで、地球の 中心に 落ちていって、落ちたエネルギーは 良いエネルギーになって、行くべきところへ、戻っていくような しくみになっている。
 
人のエネルギーは、 その人のところに 戻っていくし、自分にとっても、また その人に とっても、良いことをしているわけである。
 
自分が 本当の 自分で いられるために、自分の エネルギーはきれいにした方が良いのはもちろんである。その一番効果的な方法が グラウンディングである。
 
グラウンディングは 誰でも、何処でも、いつでも できる。やり始めは 少し 練習が いるが、 いったん 習慣にしてしまうと、楽に できるようになる。
 
ぜひ 皆さんに 薦めます。
 
やり方。
いすがあれば 一番やりやすいので 、最初は いすを使って練習する。
うまくできるようになると 寝た状態でも どんな状態でもOK。
 
まず、座って目を つぶる。両足は 必ず 床につける。足を くむと グラウンドは 難しい。
 
まず自分の 1番目 のチャクラに 意識をおいて、だいたいどこらへんか 感じてみる。
 
チャクラを しらない人は 大体自分が すわっているおしりのあたりで、また 背骨の一番下のところが だいたい1番目の チャクラだと 思うと良い。
 
それが 感じられたら、今度は 足の裏で 地球のエネルギーを感じてみる。地球に 声をかけると すぐエネルギーが 帰ってくる。
 
地球は 生きているので そのことを 忘れないこと。
 
それが できたら、今度は 地球の中心が どこにあるか 自分で想像して、 それを見る。何か 色とか 見える人もいるだろうし、また感じで わかる人もいるし、人それぞれである。
 
大体 それが想像できたら、自分の 1番目のチャクラと地球の 中心を つなげるように これも 想像する。
 
一番やりやすいのは、自分が でっかい 木のかぶに すわっているように 想像し、その木が どんどん 下に のびていって、地球の中心まで 伸びていき、そこで 強くつながるように 想像することである。
 
木のかぶは 自分の お尻のまわりよりも 大きくして、自分のオーラが含まれ、すべて グラウンドできるようにすることが、とても 大切である。
 
このつながりを つくるものを、グラウンディング コード とよぶ。
 
コードは 木のかぶ 以外にも 何でも、 自分流に いろいろなものを使って やってみて、一番気に入ったのを 選ぶと良い。
 
たとえば、光でつなげたり、滝みたいに水をつかってやったり、自分の 創造力を 生かして どんどんと、個性的な、グラウンディングのやり方で いいと思う。
 
要するに 1番目のチャクラ と 地球の中心とを つなげれば良いだけである。 太くすることを 忘れないように。
 
初めての人には 少し難しいと、思われるかもしれないが、力をぬいて 軽く楽しむようにやると、ひとりでにそれが できていくようになる。力むと 逆に やりにくい。
 
理想的には 一日24時間、それが できていると、その人は本来の自分でいられるし、 かなり パワフルな 人であるが、私もまだまだ 訓練中である。
 
グラウンディングが できたら とにかく、 自分の体から出したい物、(たとえば、 いらいらとか、怒りとか、緊張感とか、人のエネルギーとか)を どんどん と 地球の 中心に 落としていくことが できる。
かなり すっきりする。
 
世界に グラウンディングを する人が 増えれば、この世界も もっと 良いものに なっていく。
 
自分のエネルギーと、人のエネルギーの 区別ができるようになり、また どんどんと 良いエネルギーが増えていく。
 
あなたも ぜひ 練習してください。
 
また、自分だけでなく、 家とか、会社の事務所とか、車とか、なんでも エネルギーの掃除をしたいものも、てエネルギーを きれいにすることができる。
 
要するに、自分が グラウンドしたいものを 目をつぶって想像し、それが 地球の中心まで つながるように、光でもなんでも 想像して つなげれば良いだけである。
 
一日一回 自分の 家を グラウンドするだけで、かなり家の エネルギーが 良いものに かわります。
これも、ぜひ薦めます。
 

自分に最善を尽くすこと

自分が何をしているのかわかっていると その自覚が生まれます。 


一方、 何をしているかわからないと 自覚は生まれません。 


何をしているか自覚をするということは グラウディングができているということです。 


何かを気をつけてやる、意識をしてやることは グラウディング力を高めますし 気がない、やる気がないのは グラウディング力が弱い状態です。 



どんなことでも 意識して、自覚してすることに努めると、グラウディング力はついてきます。



逆に グラウディング力がついてくると 意識して、自覚して 物事を対処できるようになるということです。 


そして グラウディング力ができて どんなことでも自覚してできるようになると 次には 意識が変わります。 


どうして 自分はこうなのか!これを選択しているのか!がわかってきます。 


すると そこに 責任感が生まれます。 


責任感が生まれると 視野が拡がり、物事を 四方八方、前後、左右 多次元的にみえるようになってきて その背景が考えられるようになってきます。 

この状態が センタリングができている状態と言います。 


どんな方面からでも 自分に適したことを考えられるようになってきます。



ここまでなると、人間関係がよくなってきます。 



だから 自覚して生きることが大切ですし 
今、やっていることを意識してやることが大切なのです。 

ただ わからないけど やらされているよりも 
わかってやったほうが 自分のためにもいいですね。


また、責任感ができてくるということは センタリングができているというサインでもあります。 




今の社会は 

責任感がわかないうちから、責任を押し付けていきますね。

そのため 重圧に負けてしまうのです。 


責任感がついて センタリングができてくると 柔軟性もでてきますから いろんな対処ができるようになります。 



責任感がついてくると 

いつも一生懸命でなくても 力を抜くとこもわかってくるものです。 

むやみやたら 突っ走ることはしなくなります。


そうやって バランスが取れる人間になってくるのです。 



人に意見されたぐらいで 自分を曲げません。 

それをすると バランスが崩れるのがわかっているからです。 

自分を第一に考えて、最善を尽くすことができるようになります。



自分のことがよくわかってくるようになります。



まずは 自分です。 

自分が傷ついたら、責任が果たせません。
それは、一種の防衛反応と言えるでしょう。 


まずは、自分に最善を尽くす人になることです。


人は必ず死ぬと誰が決めたのだろうか? 


それは、何か刷り込みのように思える。 


なぜなら、わたしは 今までの人生の中で 自分の心を見つめ感情の手放しで 自分の内に蔓延る病や老化の元となるものを浄化してきたからだ。 


そして それは、未だ継続している。 


まだまだ 継続していくつもりだ。 


肉体を終わらせないためにすべきことを中心にした生活に勤めている。 


それがわたしの行であり仕事だ。 




その体験の結果、自分の内側と繋がり、神様に使われる身となった。 


また 名前を見るだけでエネルギーを読むこともできる。 


そして 指先ひとつや目の動きでエネルギーを動かすことができ、空気中に浮いてる黒い邪悪に見えるものを握り潰すこともできるようになった。




すべて この行の賜物である。 




これは わたしに限ったことではないように思う。 

だから、伝えていきたいと思う。 




何事も成せば成る。 


成せば、成るしかないのだ。 




このページのトップヘ