この世界にあるすべてのものは感謝するために存在するbyままのまま

「わたし」が今、なぜ、ここで生きているのか。 人は本来この世の中でただ一つの命として、自然で無垢な、すがすがしくも清らかな存在です。 しかし現代では、その姿を保つには相当の努力が必要なことのようです。 心身を清浄に保つためには、神や祭り、自然の力をかりて謙虚な気持ちに立ち返ることが必要です。 自分の目の前に差し出されたことを真摯に受け止めてください。 出来ないことは求められないものです。 息の本体に帰ってください。 息の本体に帰り、愛となれば、望んだことは一寸の狂いもなく叶えられるもので、望みが叶えられないのは、我が身が愛でない証拠。 だから、息の本体に帰ってください。 ご自身の「根っこ」を見極めるために、父母 をこえる存在として神や仏、自然の世界やご先祖様の存在が解ると、大きな心のよりどころを得ることになるものです。 日本の文化や風習、特に日本人のこころに脈々と受け継がれてきている信念を取り戻すことは、古くからある豊かな心をとりもどさせてくれるだけでなく、新たな価値観を生み出す大きな手段ともなるものなのです。 そのために出来ることを日々、お伝えしています。

カテゴリ: グラウディング

人は必ず死ぬと誰が決めたのだろうか? 


それは、何か刷り込みのように思える。 


なぜなら、わたしは 今までの人生の中で 自分の心を見つめ感情の手放しで 自分の内に蔓延る病や老化の元となるものを浄化してきたからだ。 


そして それは、未だ継続している。 


まだまだ 継続していくつもりだ。 


肉体を終わらせないためにすべきことを中心にした生活に勤めている。 


それがわたしの行であり仕事だ。 




その体験の結果、自分の内側と繋がり、神様に使われる身となった。 


また 名前を見るだけでエネルギーを読むこともできる。 


そして 指先ひとつや目の動きでエネルギーを動かすことができ、空気中に浮いてる黒い邪悪に見えるものを握り潰すこともできるようになった。




すべて この行の賜物である。 




これは わたしに限ったことではないように思う。 

だから、伝えていきたいと思う。 




何事も成せば成る。 


成せば、成るしかないのだ。 







今の世の中、何故 こんなにも昔と変わってしまったかというと 
小さなミスと向き合うことを疎かにした結果だと思います。 





小さなミス、こんなことぐらいたいしたことないと 小さなほころびをそのままに放置した結果 取り返しのつかない結果になってしまう。 



目の前の小さなことに取り組みもしないで大きなものに手をつけようとするから、大きなミスを引き起こす。 




わたしは、ちょっと考えればわかること とよく、言いますが 


その ちょっと が考えられない のではないのでしょうか? 


ちょっと、も考えられないのに大きなことを考えようとする。 



考える力=思考力がないのです。





先日も、ヒーリングを頻繁に受けている人との会話で、読書ができない と言われました。 

また この携帯やPCの電波の影響で、頭が働かない人が増えています。  



良いものとされているヒーリングエネルギーや便利な携帯やPCは思考力を停止させる働きがあるのをご存知ですか? 



わたしがヒーリングをしなくなったのはそのためです。 


良いとされるエネルギーが入ってきても押し出す力がなかったら、溜まるのです。 


身体に蓄積されるのです。


蓄積されて風船玉のように膨れ上がり、エネルギー(気)が上に上がります。 


そりゃ頭が働かないわけです。 



そのためのグラウディングです。 




わたしは入ってきたエネルギーを押し出す力が強い(排出力)ので浄化力も強いのです。 


だから ヒーリングをどれだけ受けても頭は動きますが、押し出す力が弱い人は頭が回らず、ポーとしているでしょうね。 


ヒーラーさんでポーとしている人が多いのは排出力が弱いからです。 


排出力が弱いから小さなことも考えることが出来ずに現実を見ることが出来ないのです。 


現実的な考え方ができない人は往々にして 排出力が弱くて思考力も弱いものです。 



今と昔と比べて、 昔は携帯電話なんてありませんでした。 


だから、頭がポーとなる人も少なかったのです。 

しかし 今では、ヒーリング如何ではなくて 携帯電話が普及されて 電波が飛び交っている世の中です。 


ポーとなる人も多いです。 


だから 排出することが必要なのです。 



そのためにわたしは、排出力を鍛える、グラウディングを教えています。 


わたしは その人の言葉の使い方や選び方ひとつで 人となりや気持ち(想い)がわかります。


例えば、いい加減な気持ちでありがとうございますと言ってるのか 心の底から言ってるのかわかります。


これってサイキックではないです。


人と真剣に付き合っていたらわかるようになるものなのです。



通り一辺の付き合いやビジネスをしたことのない人はわからないかもしれません。


でも 生きていく上で とても大切だと思っています。


わたしだけがわかるわけではなくて、経営者クラスの方なら、誰もができることだと思っています。



お金持ちになりたいとか成功したいと思われる前に、 このようなことができるようになっておくものだと思います。



人はとかく、お金さえあれば良いと思いがちですが お金があっても これぐらいのことができないと、持続できません。


一瞬、お金を持つことは誰でもできますが それを継続できるためには それなりの才覚が必要なのです。



そのためには、心を鍛えた方がよいのかなあと思います。

わたしのブログを読んでいると 地に足のついた生活をしていない人に対してジャッジしてしまう傾向があると思うのです。

そして ジャッジしてしまうこともいけないこと。。。とジャッジする傾向もあるのです。


これは わたしの記事自体がわたしに向けて書かれていることにあります。

わたしが地に足をつけた生き方を望んでいるからです。


それがわたしの中心軸になっています。



そのため、違うなあ〜と感じる方がいることもわかっています。



だから、違うと感じる方はスルーしてくださいね。

日々、内観浄化を繰り返していると きちんと地球にグラウディングが出来てきて、自然に感謝が溢れるものです。


天や地球からの恵みに感謝が溢れてきます。


生かされていてありがたいなあと感じます。



でも この感覚って、いつでも起きるものではなくて 人との関係に身を置いている時や仕事を頑張っているときは 薄れています。



実際に、仕事をしている時にこの感覚に陥ると、仕事ができなくなります。


それは、今は、まだそれが現実的じゃないからです。



グラウディングできていることと、地に足のついた考え方ができる時って違うのです。




今、実際に グラウディングできている人が増えています。


感謝が溢れた生活をされている方もいらっしゃいます。


だけど 地に足のついた考え方ができるかといったら別物なのです。




本来なら、グラウディングできていれば魂としてはOKですが 人として生きている以上は まだまだ、認められていない世の中です。



だからこそ、まずは グラウディングが出来て 感謝が溢れる状態にしてから地に足をつけて生きていくと人への配慮や思いやりを持って生きていけると思うのです。



わたしたちは天や地球の自然の恵みに感謝すると共に 人に支えられていることにも感謝して生きていけるといいなあ と思います。



今はまだ、お金を必要とした生活をしているわたしたちですから、生きていくためのお金を稼ぐために どうやって生きたらよいかを考えるべきだと、わたしは感じています。


グラウディングできればよいというものではなくて その先の地に足のつけた生活をすることが大切だなあ と感じています。

グラウディングできている状態というのを、なかなか言葉で表すのは難しいのですが 地に足をつけているココロモチと言いますか生かされていることに感謝ができていること。。なのかなあ と思います。


自分の自我もそれほどなく、〜したいという想いもなく ただ、生きることに感謝できている状態なのかなあ と思います。



自分の内面と向き合っていくとわかるのですが 向き合っているときは、苦しいのです。


魂の想いに心が押し潰されそうで苦しく辛いものです。


だから そこから逃れたい、早く乗り越えたいって思うわけです。


苦しみがある時はまた、生かされていることに感謝できるよりも自我が強い状態ですので自我がはがされたくなくて必死です。


必死にはがされたくない!としがみついているから苦しいのです。


だから、そんなときは まだまだ、しがみついていたいんだね、と内観をやめることです。


しがみついているのは、まだまだ役割があるからしがみついていたいのです。


そんな自分の状態を知ることですね。


自分の状態を知っていることがグラウディングできている状態と言えるのではないでしょうか?



自分の状態を知ると、自分の力を過大評価もしないので無理なく生きることができるようです。


人に対して無理して奉仕したいとか人に認められたいために役に立ちたいとは思わないものです。

分を知るということです。


自分というものを知りますと、人にあれこれ手は出さなくなるものです。

人に役立つよりも前に人に迷惑をかけずに生きようと思います。


人の手を煩わさないようにしようと努めるものです。



人に対する奉仕は余録でよいとわたしは思います。



それよりも 自分でしっかり立つことです。



よく病気になっから他者への感謝が溢れて、人の役に立ちたい と言われますが、わたしからしたらまだまだ、わかってないな と思います。


本当に感謝が溢れたら、手が出なくなるものなのです。

思いやりは当然あるものですが、役に立ちたいなんて滅相もない。


困っている方に手を差し伸べるのと役に立ちたいというのは違います。


役に立ちたいという想いは思いやりを越えています。


役に立ちたいという想いは欲求ですが、思いやりは無償の愛です。


感謝して、無償の愛がわき上がるのは理解できますが 欲求が溢れるのは理解できないです。


欲求が出るのは、心が満たされない証拠です。


そのように 幾度となく感謝を経験して人は無償の愛がわき上がるようになるのです。


自分を知ること、大切です。



現実を生きるためには、まず 自分を知ることからです。


常に今の自分を知って生きると、無理なく生きることができますよ。

自分に対して気を使ったり、喜ばせる人は良い人 できない人は悪い人。

という価値観で動く人がいます。

そのような人から見ると 鏡になる人は悪い人になります。

鏡にならず、すべてが自分の思い通りに動く人が良い人になります。

それは ある意味、理にかなっています。

何故かというと

鏡にならないと、相手とは、まったく円満に進むからです。

自分自身が中心で居ることは 人に対して鏡にならないことでもあるのです。

だから、目の前の人が他の人に対してはどんなに理不尽であったとしても 自分が中心で居さえすれば、相手の鏡にはなり得なくて関係は良好になります。

相手に対して 気を使って、鏡にならないように努めるか
中心に居て鏡にならないかは
自分の選択しだいです。

中心でいたら誰とでもトラブルを起こすことなく、円滑に進みます。

それを目指す人が増えています。

しかし 自分の周りに、自分の好きな人だけおいて それが中心に居ることだと勘違いをしている人も多く見られます。

中心で居ること、すなわちグラウディングができているということは どの次元においても意識を置くということなのです。

ただ、平和を願っているだけの状態なら センタリングができていると表現されますが
平和を願い、意識を置くことで グラウディングとなるのです。

願いだけではなく、意識を置くこと、行動することが 中心に居ることなのです。



こんなわたしだから出来ること


それがわたしの軸になっています。



こんなわたしだから わたしはいつでもどこでも何をしていても お伺いを立てます。


自分のしたいことってないのです。


だから わたしは 人から求められたことをきちんとこなそうと思います。


それが わたしのやりたいことなのです。



人から求められることをすることがわたしのやりたいことなのです。


それが わたしの軸なのです。




ままさ〜ん

と呼ばれると、ホイホイ参上します。


ハクション大魔王みたいに ハクション♪ されたら、

ご主人さま♪

と出ていきます。



一緒に泣きたい♪
一緒に笑いたい♪
一緒に歌いたい♪

なんでもござれです。



出来ないことも求められたら、挑戦します。

最初から投げ出さないです。

求められることは出来ることだからです。

挑戦し続けると、努力し続けると
あら、不思議〜♪
出来ます、出来てます^^



そんな毎日を過ごしています。



自分のやりたいことを見つけることは大切なことかもしれませんが わたしは相手ありき、求められることありきで 過ごさせていただいています。



それが わたしの軸なのです。


グランディングは 諦めない強さ ブレない強さ 許す強さ 明け渡す強さ 受け入れる強さです。



この5つの力が合わさって しなければいけないことをしよう!と気楽に挑めるのです。



ここに行き着くには 忍耐が必要です〜

1c8ae0f3.jpg自分のやるべきことを一生懸命する。




誰かの支えになったり
誰かを応援することは、人のためになることだけど
それだからといって、

自分のやるべきことをしずに 人の応援しているのは、違うと思う。




まずは、自分のやるべきことを一生懸命に致しましょう。

このページのトップヘ