この世界にあるすべてのものは感謝するために存在するbyままのまま

わたしは、地球にグラインドしています。 わたしの意識は地球に同調しています。 わたしの想いは地球の想いです。 わたしの叫びは地球の叫びです。 わたしの言葉は地球からのメッセージです。 少しでも、みなさんに 地球の想いを感じていただけたら幸いです。

カテゴリ: 人間力


何かを変える勇気のない人は、人に愚痴る傾向があります。 


できないことを羅列して自分を納得させて同意を求めます。 


本当は、背中を押してもらいたいのに 背中を押してくれる人には出会うことができません。 


勇気のない人だから出会えないのです。 


本当に背中を押してくれる人には出会いたくないのです。 




背中を押すとはどういうことかと言うと 
その背中に気づかれぬよう懐に入れることから始まります。 


その背中に同調することなのです。 


その背中の周波数に自分の周波数を合わせるのです。 


これは、相手の立場をよく理解するという意味合いです。 


要は、勇気のない人の気持ちになることなのです。 


その上で、適切な助言をするのです。 


適切です。 



これができる人は少ないと思います。 


なぜなら、勇気のない人と周波数を合わせたら、同調して同情して適切な助言ができなくなる人が多いからです。 


指導者はそこで潰れる人がほとんどです。 



よほどの軸を持っている人でないと、適切な助言はできないものです。 



そのため 誰かに助言を求めるのではなくて 自分でわかるようにしていくという意味で瞑想を勧めることも多くなってきました。 



しかし 実際、ビジネスの現場で瞑想しなさいとは言えないですよ。 

その場で、直接 適切な助言ができる方はたいした人だと感服します。 



なかなかお目にかかることは少ないですが。 



わたしはそういう人を育てていきたいと思っています。 




わたしは常々、身に付けること、癖にすることを口酸っぱくなるほど書いてますが、実践しない人がほとんどで呆れてしまいます。 


身に付けると、それが日常になるのです。 


日常だから つい、口から溢れます。 


◎◎◎していて調子がいいよ♪ とか こんなこと実践しています、とか。。。 

また 日常になっていたら、周りの人も始めると思うのです。 



それが実践している、ということなのです。 


勧めなくても、周りの人が実践するものなのです。 



結局、周りが実践しなかったり、勧めれないことは、自分は実践していないということなのです。 

それか、自分だけのものにしたいという根性悪なのか。。。 



勧めて相手が実践しないのは自由。 


押し付ける権利はない。 


だけど、実践していたら 自ら勧めてしまうものだと思います〜 


結局、人に勧めれないのは、疑ってる証拠です。 

だったら、やらなきゃいい。




先ほどの記事に書いた、恐怖心を植え付ける人というのは存在します。 


自分の物差しを持って、人を裁く人です。 


そして、
自分は最善を尽くしていると思っています。 

自分ほど最善を尽くしている人はいないとも思っています。 


確かに、それなりに努力はするし、自分の思想を持って それに基づいた最善を尽くしているかもしれないですが それ自体、自分の思想に固執している姿なのです。 

だから、固執し過ぎて反省がないのです。


反省がないから、目の前に起きることは、自分の行いや心のせいだとは思わないのです。 


だから、自分の心が乱れた時、誰かを攻撃するのです。 


改めさせるために、人を裁くのです。



そんな恐怖心を植え付けたり煽る人と、どう付き合ったら良いかといったら、付き合わない。 離れる。 


それが最善の方法でしょう。 


それができないなら、自分の軸を持ち、それに振り回されない心を育てることです。 


自分の軸がないから振り回されるし巻き込まれるのです。 


自分の軸を持って生きることと自分の思想に固執して生きることは違います。 


自分の軸を持つことは、揺らいでも元に戻す柔軟さを持つことですから。 


固くないの。 柔らかいのです。 


柔らかいから如何様にも曲がったり添ったりしますが、最終的には、源に戻るのです。 


一方、恐怖心を植え付けたり裁く人というのは、 心がカチカチ過ぎて それが軸だと錯覚していることになりますね。 

軸はないのです。

ただの固い固まりです。 



思い当たる人がいるかもしれません。  


また そんな固い固まりを持った方に憧れを抱いている方もいるかもしれませんね。 




軸は柔らかいのです。覚えておいてくださいね。



想いを共有できる幸せ。 
自分の気持ちをわかってもらえて共有できることが嬉しい。 

魂が震える。 




それを越えると、自分の魂、本来の役割が見えてくるものです。


魂はワンネスですが それぞれの役割の違いがわかってきます。 


違いがあるから認めあえるようになってきます。 


それを経て、自分自身と繋がるように促されていくようです。 



最終的には、自分自身に繋がるのです。 





かに座上弦の月を越えて、今までやってきた基礎的なことを試されるようなことが起きる予感がします。 


今までやってきた基礎が理解できていれば容易いはずです。 


だから わたしが教える段階ではないのかもしれませんが 崖っぷちにいてわからない人には個別で答えを教えています。 


本当は、落ちないとわからないものです。 

落ちてみるのも楽しいです。 

でも それは、自分の選択によるものです。 


いくら わたしが答えを教えたところで そう選択するとは限らない。 


落ちてみたい♪ワクワクする♪と思うなら、落ちてみるのもひとつです。



そんなこれからの季節です。 



今までを振り返って自分の足で地を踏みしめて歩んでください。





朝、起きて 身支度を済ませてお詣りをしてからお掃除をする。 

それからお弁当をつくり朝ごはんをいただく。 


それからは、またまた お掃除したりお洗濯をする。 


そのあとは、まったく自由。 


まあ、朝起きたら自由みたいなものですが。 


何かが降りてきて、せかせか動くときもあれば、なんにもなくてだら〜っとしてる時もある。 


ほんと自由。 


思えば、仕事をやめる一ヶ月ぐらい前は、ほとんどこんな生活をしていました。 


仕事をするのは、週2ぐらいでした。 

だから、わざわざ仕事をやめなくてもよかったんじゃないのかと思えてしまうのですが、その場所に出入りするというだけでわたしに負担がかかっていたから強制終了したのだと思います。 

だから、辞めてよかったのだと思います。 



だけど 元々、わたしはライトワーカーです。 

だから どこかに降りるのだと思います。 



「疑う」というフィルターを持った人はまだ、多く存在します。 


それに気づいてる人も気づいていない人もいます。


離れたから、それで終わりということはないはずで たぶん そのような方たちに対しては違う取り組みをしていくのだと思います。 


今のわたしには まだ、何も降りてこないですが たぶん ままのままさんのことだから何かするのでしょう。 





今朝、何か掴めた感じがして動かされました。 

だけど その「疑う」というエネルギーに邪魔されました。 


結局、「疑う」エネルギーは変わりたいのだと思います。 


「信じる」エネルギーに変わりたいのだと思うのです。 


だけど 自分を信じられないから変われないんだと思う。 


だったら わたしを信じればいいと思う。 


いくらわたしが逃げたとしても追いかければいいし しがみつけばいい。 


わたしが逃げないようにしがみつけばいい。 



そう思うよ^^ 



諦めるな! 


諦めたらあかん!


しつこいの、何気に好きです☆

本当に欲しいなら掴みにいくのです。

欲しいものは掴むのです。 

掴みにいくのです。 

あなたの本気度を試されています。 



本気を出す 

覚悟を決める 



それができないのは、本気じゃないから。 


本当に欲しいものではないからではないですか? 


本当に欲しいのなら掴みにいくのです。 




>本当に覚悟を決めた人は リスクも覚悟もしたうえで「必要ないものは手放す」ってことをするんです。



ナイナイ 


今までわたしは、全部を握りしめてきました。 


そして これからも、離さない! 


それが わたしの血となり肉となっています。 


まあ、勝手に離れていくのは、追い掛けませんが。 


全部を握りしめているから、器が大きくなるのです。 


全部を握りしめるから、スピードアップを求められるし やりくりもしなくちゃいけないのですが そこを努力していると 時間配分等のやりくりは、そばにいる存在がやってくれるようになります。 


握りしめているものたちが順序よく整列して目の前に現れてくれるようになります。 


オートメーション化です。


オートメーション化すればするほど 詰めてくれるので そこに、ストンと新しいものが入ってきます。 


便利なわたし♪ 


24時間、働けます。 


自分の使命に気付くと 目標設定が出来て 人生を計画しやすくなります。


そして 今まで生きてきた道筋の意味がわかり、過去を受け入れることができます。


過去を受け入れると癒されますので、前を向いて進むことができますね。


そのためには、自分の使命がわかったほうがいいのかもしれませんが 結局、誰かから教えてもらっても 自分が納得できなかったらわからないほうがよいのです。


その時には、ただやりたいことをする という目標でもよいのです。



目標設定することが大切です。


やりたいことがなくても不満があれば不満解消がやりたいこと、目標になるのです。


♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪




一生懸命に生きていたって ダラダラ過ごしていたって 自分自身は何も変わらない。

価値も変わらない。


ただ、人からの評価は変わると思います。

だけど それを気にしなければそれはそれでいいだけです。



その生き方で自分が納得していれば良いのだと思うのです。



これが自分の人生なんだ!と胸を張って生きていれば良いことだと思うのです。


自分の生き方に何か不満があるなら そこを改善するだけなのです。  



自分の人生を自分自身が納得して生きていくことができていれば それは良い人生だと言えると思うのです。



不満って 人それぞれです。


そこを改善しながら生きていくのです。



そのためには努力は必要ですね。



不満がないなら、努力はいらないです。


だけど 不満があるなら改善する努力がないと、永遠に不満は解消できなくて、不満のある人生です。



結局、 人生とは自分の不満を改善しながら生きていくことだと思います。




そうやって 生きていくと 好きなことに出逢い、やりたいことに出逢っていくのだと思います。



だから まだまだ、人生に不満があるうちから 自分の指命を知りたいと思わなくても良いのだと思います。


世界がおかしい、なんかおかしい

と気付いている人は増えていると思います。


そしたら 気付いたならどうしますか?


どうするべきだと思いますか?


戦うのか?

逃げるのか?

知らないふりをするのか?



何が起こっても、すぐ目の前にあることに意識を向けることです。



足元がシッカリしていないのに、外側に目を向けるなんて 軸のない人がやることです。



目の前に起こる小さなことにすぐに取り掛かれない者に、大きなことはできません。



少し、考えればわかることです。



浮き足立つ、勇み足ほど 役に立たない者はないのです。



本当に この世界のことを考えるのなら

毎日の生活を規則正しく過ごすこと。


自分の身の回りのことをきちんとできること。


人の話をじっくり聴くこと。


足手まといにならないこと。


いつも、周りの人に親切にすることです。




人のお役に立ちたいのなら、それが基本です。

お片付けが出来ない人達っています。



開けたら開けっ放し。


出したら出しっぱなし。


閉めないし、片付けない。



このような人達は
人付き合いも同じです。


言ったら、言いっぱなし。
フォロー出来ない。



失敗しても、失敗した後の対処が出来ない。


謝れない。




後のことを考えた対処が出来ないのです。


先が読めないのです。


思い付いたことが頭に浮かんだら、言っちゃう。


言わずにはいられない。

やらずにはいられない。

行動は早いです。




じっくり待つ、考えることが出来ないのです。


その発想がないのです。



それは何故かと言ったら?


彼らには

『今』しかないから。


『今を生きている』から。




『今を生きている』といったら、格好はいいですが 結局は 計画性がない。
感性だけで生きているのでしょう。




そういう人には、


言いっぱなし♪

やりっぱなし♪


のお役が合うのでしょう〜



後始末は、妻がするのです。。。



惚れたが最後、妻がするのです。

このページのトップヘ