この世界にあるすべてのものは感謝するために存在するbyままのまま

「わたし」が今、なぜ、ここで生きているのか。 人は本来この世の中でただ一つの命として、自然で無垢な、すがすがしくも清らかな存在です。 しかし現代では、その姿を保つには相当の努力が必要なことのようです。 心身を清浄に保つためには、神や祭り、自然の力をかりて謙虚な気持ちに立ち返ることが必要です。 自分の目の前に差し出されたことを真摯に受け止めてください。 出来ないことは求められないものです。 息の本体に帰ってください。 息の本体に帰り、愛となれば、望んだことは一寸の狂いもなく叶えられるもので、望みが叶えられないのは、我が身が愛でない証拠。 だから、息の本体に帰ってください。 ご自身の「根っこ」を見極めるために、父母 をこえる存在として神や仏、自然の世界やご先祖様の存在が解ると、大きな心のよりどころを得ることになるものです。 日本の文化や風習、特に日本人のこころに脈々と受け継がれてきている信念を取り戻すことは、古くからある豊かな心をとりもどさせてくれるだけでなく、新たな価値観を生み出す大きな手段ともなるものなのです。 そのために出来ることを日々、お伝えしています。

カテゴリ: 人間力


先ほどの記事に書いた、恐怖心を植え付ける人というのは存在します。 


自分の物差しを持って、人を裁く人です。 


そして、
自分は最善を尽くしていると思っています。 

自分ほど最善を尽くしている人はいないとも思っています。 


確かに、それなりに努力はするし、自分の思想を持って それに基づいた最善を尽くしているかもしれないですが それ自体、自分の思想に固執している姿なのです。 

だから、固執し過ぎて反省がないのです。


反省がないから、目の前に起きることは、自分の行いや心のせいだとは思わないのです。 


だから、自分の心が乱れた時、誰かを攻撃するのです。 


改めさせるために、人を裁くのです。



そんな恐怖心を植え付けたり煽る人と、どう付き合ったら良いかといったら、付き合わない。 離れる。 


それが最善の方法でしょう。 


それができないなら、自分の軸を持ち、それに振り回されない心を育てることです。 


自分の軸がないから振り回されるし巻き込まれるのです。 


自分の軸を持って生きることと自分の思想に固執して生きることは違います。 


自分の軸を持つことは、揺らいでも元に戻す柔軟さを持つことですから。 


固くないの。 柔らかいのです。 


柔らかいから如何様にも曲がったり添ったりしますが、最終的には、源に戻るのです。 


一方、恐怖心を植え付けたり裁く人というのは、 心がカチカチ過ぎて それが軸だと錯覚していることになりますね。 

軸はないのです。

ただの固い固まりです。 



思い当たる人がいるかもしれません。  


また そんな固い固まりを持った方に憧れを抱いている方もいるかもしれませんね。 




軸は柔らかいのです。覚えておいてくださいね。



想いを共有できる幸せ。 
自分の気持ちをわかってもらえて共有できることが嬉しい。 

魂が震える。 




それを越えると、自分の魂、本来の役割が見えてくるものです。


魂はワンネスですが それぞれの役割の違いがわかってきます。 


違いがあるから認めあえるようになってきます。 


それを経て、自分自身と繋がるように促されていくようです。 



最終的には、自分自身に繋がるのです。 





かに座上弦の月を越えて、今までやってきた基礎的なことを試されるようなことが起きる予感がします。 


今までやってきた基礎が理解できていれば容易いはずです。 


だから わたしが教える段階ではないのかもしれませんが 崖っぷちにいてわからない人には個別で答えを教えています。 


本当は、落ちないとわからないものです。 

落ちてみるのも楽しいです。 

でも それは、自分の選択によるものです。 


いくら わたしが答えを教えたところで そう選択するとは限らない。 


落ちてみたい♪ワクワクする♪と思うなら、落ちてみるのもひとつです。



そんなこれからの季節です。 



今までを振り返って自分の足で地を踏みしめて歩んでください。





朝、起きて 身支度を済ませてお詣りをしてからお掃除をする。 

それからお弁当をつくり朝ごはんをいただく。 


それからは、またまた お掃除したりお洗濯をする。 


そのあとは、まったく自由。 


まあ、朝起きたら自由みたいなものですが。 


何かが降りてきて、せかせか動くときもあれば、なんにもなくてだら〜っとしてる時もある。 


ほんと自由。 


思えば、仕事をやめる一ヶ月ぐらい前は、ほとんどこんな生活をしていました。 


仕事をするのは、週2ぐらいでした。 

だから、わざわざ仕事をやめなくてもよかったんじゃないのかと思えてしまうのですが、その場所に出入りするというだけでわたしに負担がかかっていたから強制終了したのだと思います。 

だから、辞めてよかったのだと思います。 



だけど 元々、わたしはライトワーカーです。 

だから どこかに降りるのだと思います。 



「疑う」というフィルターを持った人はまだ、多く存在します。 


それに気づいてる人も気づいていない人もいます。


離れたから、それで終わりということはないはずで たぶん そのような方たちに対しては違う取り組みをしていくのだと思います。 


今のわたしには まだ、何も降りてこないですが たぶん ままのままさんのことだから何かするのでしょう。 





今朝、何か掴めた感じがして動かされました。 

だけど その「疑う」というエネルギーに邪魔されました。 


結局、「疑う」エネルギーは変わりたいのだと思います。 


「信じる」エネルギーに変わりたいのだと思うのです。 


だけど 自分を信じられないから変われないんだと思う。 


だったら わたしを信じればいいと思う。 


いくらわたしが逃げたとしても追いかければいいし しがみつけばいい。 


わたしが逃げないようにしがみつけばいい。 



そう思うよ^^ 



諦めるな! 


諦めたらあかん!


しつこいの、何気に好きです☆

本当に欲しいなら掴みにいくのです。

欲しいものは掴むのです。 

掴みにいくのです。 

あなたの本気度を試されています。 



本気を出す 

覚悟を決める 



それができないのは、本気じゃないから。 


本当に欲しいものではないからではないですか? 


本当に欲しいのなら掴みにいくのです。 




>本当に覚悟を決めた人は リスクも覚悟もしたうえで「必要ないものは手放す」ってことをするんです。



ナイナイ 


今までわたしは、全部を握りしめてきました。 


そして これからも、離さない! 


それが わたしの血となり肉となっています。 


まあ、勝手に離れていくのは、追い掛けませんが。 


全部を握りしめているから、器が大きくなるのです。 


全部を握りしめるから、スピードアップを求められるし やりくりもしなくちゃいけないのですが そこを努力していると 時間配分等のやりくりは、そばにいる存在がやってくれるようになります。 


握りしめているものたちが順序よく整列して目の前に現れてくれるようになります。 


オートメーション化です。


オートメーション化すればするほど 詰めてくれるので そこに、ストンと新しいものが入ってきます。 


便利なわたし♪ 


24時間、働けます。 



つい、10年ほど前までの わたしは人の話をまったく理解できなくて、論理力も読解力も洞察する力もまるでない人間だったのです。 


お喋りは出来ても会話が出来ない。 


だから、人からバカにされるだけで 誰からも教えてもらうこともなく生きてきました。


自分はどうしてこうも人からバカにされてしまうのだろう? 

どうして、わたしと話すと人は離れていってしまうのだろう? 


ずっと 悩んでいました。 

そのため 能力開発にのめり込んだりもしました。 

悩んだ時に、手に取ったものが 娘の学習教材でした。 


娘のドリルを一緒にやりながら、大人向けのものを探して巡り合ったのが『論理エンジン』です。 

論理エンジンの創始者である出口汪さんは、あの出口王仁三郎さんのお孫さんです。 

その出口汪さんの本を片っ端から読み、論理エンジンもやり始めました。 

それと同じくしてスピリチュアルな回路も開いてきたので わかりやすくスピリチュアルなことを読みながら読解力や洞察力をつけてきました。 


わたしがそんな勉強を始めたのが2005年頃です。 


その時に勉強してまとめたのが、わたしのメインブログであるライブドアブログの初期の頃のものです。 


その時は、ヘミシンクをよく聴いていたので、木全さんのブログを読んでいまして 勉強させていただきました。 


賢い人の頭の構造に興味を持ちながら、自分なりに独自に勉強して頭に叩き込んでいきました。 


そのあとは、実践です。 

論理力って重要です。 

人間関係を築く上で基本となるからです。 


よく、わたしは人の立場になって考えましょう と書いていますが、これは論理が基本となるのです。 


人の立場をどうやって知るかといったら まずは、論理力がないとわからないのです。 


論理とは、思考の法則・形式。思考や議論を進めていく筋道。ある事物間に存在する法則的な筋道。

です。 


筋道がわかることで、読解力がつきます。 

読解力とは、文章を読んで,その意味・内容を理解する力を指します。 


また 洞察力も養われます。 

洞察力 どうさつ 物事をよく観察して,その本質を見抜くこと。物事の奥底まで見通す力です。 



基本は、客観的視点で筋道立てることができることですが それが出来てくると その肉となる内容や意味がわかり、観察力が養われるので本質を見抜くことが出来てくるのです。 



だから、基本となる論理力(筋道立てる力)が必要となるのです。



社会に出て、何故 人間関係を築くことが難しいかといったら 相手の知識、経験、理解力を洞察する力がないからではないですか? 



読解力、洞察力はサイキックではないのです。 


相手のことがわかるのは、読解力や洞察する力なのです。 



だから、わたしのセッションは料金をいただかないのです。 


電話で話をするくらいなら、料金は発生しないでしょ^^ 



たまに、ままのままさんの能力は使わせていただきますが ほぼ、わたしの洞察力です。 


ピッとかぺっ で終わるから、いただきようがない^^ 



話しはそれてしまいましたがf^_^; 



論理力(筋道立てる力)を養うといいよ♪というお話でした。 



人に恐怖を与えることで支配している人がいる。


恐怖を与えられている人は支配をされているから、与えている人は支配することが良いことだと思い込み増長する。


一方、恐怖を与えられていても、恐怖は愛じゃないと支配を嫌がり離れようとすると 与えている人は不満が起きる。


また 一方で 与えるものはすべて感謝して受け取る人は、恐怖さえも感謝に変えてお返しするから 与える人は心が満たされて癒される。



何を与えられたかが大事なのではなく どう自分が受け取ったかが大切なのです。


拒否したのか、イヤイヤ受け取ったのか、感謝して受け取ったのか で相手との関係も変わります。




すべては、自分次第です。



完ぺきな人なんていない。


ただ 自分が愛に満たされていれば、人を変えることはできるし、自分は幸せです。



世界を変えたい、良くしたいと思うならば、自分の心を愛で満たすことです。


自分の心が満たされていれば、目の前の相手や周りにいる人はおのずと良い方向に導かれるものです。

わたしは その人の言葉の使い方や選び方ひとつで 人となりや気持ち(想い)がわかります。


例えば、いい加減な気持ちでありがとうございますと言ってるのか 心の底から言ってるのかわかります。


これってサイキックではないです。


人と真剣に付き合っていたらわかるようになるものなのです。



通り一辺の付き合いやビジネスをしたことのない人はわからないかもしれません。


でも 生きていく上で とても大切だと思っています。


わたしだけがわかるわけではなくて、経営者クラスの方なら、誰もができることだと思っています。



お金持ちになりたいとか成功したいと思われる前に、 このようなことができるようになっておくものだと思います。



人はとかく、お金さえあれば良いと思いがちですが お金があっても これぐらいのことができないと、持続できません。


一瞬、お金を持つことは誰でもできますが それを継続できるためには それなりの才覚が必要なのです。



そのためには、心を鍛えた方がよいのかなあと思います。

人って使う言葉でわかります。


わたしが外出していて、おかえりなさい と声かけられた瞬間に その人が遊んでいたか集中して仕事をしていたかわかります。


それってサイキックではないです。


毎日、集中力を持って仕事をしている人ならわかります。


ビジネスマンなら普通に持っている能力だと思います。


だから、自分に自信もつくのだし いちいち神社に願い頼みしないのかな とも思います。


だから、スピリチュアルを苦手とする方も多いのかもしれません。


スピリチュアルな人はゆるさがあるから〜


ゆるさも必要、集中力も必要です。


わたしは日々、サイキックも使うし 集中力も使いながら生活しています。

生活しながら、人を絶えず 視ています。



人の頭の中を読み取りながら生活しています。


だからなのかしれませんが、わたしと同じようなことを無意識でしている人はわかります。


会社経営者、弁護士などは多いです。


そのような人の言葉はとても参考になります。


わたしの娘は就職して、営業先の経営者の方の話を事細かにしてくれるので 楽しいです。


娘の仕事にも活かせるように話をしています。




学生なら まずはお勉強が本業で そこに集中すれば集中力が増し頭の使い方もわかり頭の回転も早くなるから勉強するのが一番です。


今は、不登校な子供が増えていますが それは、親が勉強する楽しさ、集中する楽しさを教えないからではないでしょうか?

親がしないことは子供はしないです。


親が学力つけないなら子供も学力をつけようとは思わないです。


しかし、子供に集中力、頭の使い方を教えるぐらいのことをしてもバチは当たらないと思います。

将来的に 子供がどんな道に進むかは子供が決めることですが、義務教育は親の義務ですし 子供はその権利はあるのです。


貧困だからと 教育まで貧困で良いのでしょうか?

集中力をつけることはそんなに難しい厄介なことでしょうか?


注意散漫な子供や発達に気になる子供や何らかの障がいと呼ばれる子供が多く生まれてきていることは事実ですが、それだからと頭を使わせない集中力をつけさせないのは わたしは正直わかりません。


親が楽しんですることは子供もするからです。


学校に通わせることが義務教育ではなくて 集中力頭の使い方を学ぶために学校があるのです。

それが義務教育期間です。



それが親の責任感であり教育者としての責任感ではないでしょうか?

アスリート系だからなのかもしれないですが

好きでもないことはしないですし、
好きでもないことを集中することもしないです。



わたしは集中することが好きです。


だけど 人によっては、集中したり一生懸命が好きでない人もいます。

昔はわたしもそうでした。


好きなことなら努力できるし、一生懸命になれます。


きっと 好きなことのない人や好きでもないことばかりさせられてる人は 一生懸命や努力ができないのかもしれません。


自分の意思に反したことをさせられてる人は嫌だ!という想いが先に立ってしまうかもしれません。



自分の意思に反した生活をしていると 無気力にもなると思います。


それでは 集中力がつくはずもありません。


何故、自分の意思に反した生活をしているのでしょう?


心を大切にしないで生きるために生きているからです。


生きることは大切ですが、それだけでは 心が置き去りになってしまいます。


お金がない、貧困な人がいるからです。

心が貧困な人もいます。



いくら わたしが話をしたとしても、貧困な人には届かない と思います。


何故、貧困な人がいるのでしょう?


自分の意思に反した生活をしているから、心が麻痺して集中力や努力することができないからです。


集中力や努力する心を奪われているからです。


ゲームや携帯ばかりしていると頭がバカになり、集中力も損なわれます。




わたしは 人と少し話をしただけで その人がどんな生活をしているかわかります。


それは エネルギーを読むからではなくて
その人の言葉の選択でわかるのです。


頭の使い方でわかるのです。


日々、集中力を持って生活をしていると それぐらいのことはわかるようになるのです。


だから、人の裏も読めるようになるし、何を考えているかが手を取るようにわかるのです。


仕事をしていない人、集中力を持って仕事をしていない人の思考は手に取るようにわかります。


だから、わたしが仕事から戻った時、同僚が何をしていたかわかります。





貧困といえども生活をしているのです。

お金は使っているわけです。

どこにお金をかけているのでしょう?

ストレス発散するためにお金をかけていないでしょうか?


好きなことをすることとストレス発散は違います。

食べることが趣味。

それは、集中力を損なう行為ですし、頭をバカにする行為です。


ストレス発散することに没頭しても集中力はつきません。



日々、頭を使って生活をしている人
一生懸命に仕事をしている人というのは、わかるの。

だから、人からの引き立てがあるの。



お金がなく貧困だからといって 集中力もなく頭を使わない生活をしていると より貧困になるのです。


これ以上、貧困になりたくないなら 頭を使ってください。


頭は使わないとバカになります。

このページのトップヘ