この世界にあるすべてのものは感謝するために存在するbyままのまま

わたしは、地球にグラインドしています。 わたしの意識は地球に同調しています。 わたしの想いは地球の想いです。 わたしの叫びは地球の叫びです。 わたしの言葉は地球からのメッセージです。 少しでも、みなさんに 地球の想いを感じていただけたら幸いです。

カテゴリ: 人の道

人として生きているのは、役目があると思うのです。。

まず、この世におぎゃ〜と生まれて 赤ちゃんとしての役目。

両親や家族に育てていただいてる代わりに その笑顔で癒すのです。

そして、自分を育ててもらいながら 親を 育児ができる親にさせる役目もあります。

お互いに 育ててもらいながら 成長して、親に守られるのです。

親に守られるという役目。

だから 子供は 親に守られる権利があるのです。

親は子供を守る義務があり、自立できるように育てる義務がある。

そうやって 子供は 家庭の中で 自立できるように 育ててもらうのです。

そして 社会に出るのです。

社会に出たら、社会人として それぞれの仕事につき それぞれの役目をこなすのです。

そして、愛する人ができたら 、愛する人を守る役目があり、
家族が できたら自分が親に育ててもらったように 、子供に癒され、親になっていくのです。

社会での役目もあり、大忙しです。


だけど、それまでは 頭も身体も動いていたけれど だんだんと 動かなくなって 家族の手を借りて 生活をするようになります。


そうすると、今まで 生かされてきた知恵を 子供や孫に伝えていく役目があり、


それが できなくなってくると 、介護をしてもらうようになります。


それでも 役目はあるのです。


それは、お世話をされるという役目。

お世話をされることによって 人は奉仕ができるのです。

人が奉仕ができるということは、

人に奉仕をさせていただけるということで お徳を積むことになるのです。

お徳というのは 人間にとっての貯金みたいなもの。


自分が お世話される側になり、相手に お徳を積まさせてあげられるのです。


素晴らしいことです。



こうやって、人は 自分の役目を全うしていくのです。


長い人生だから このようにうまく 進まないかもしれないけれど 、

最後は

人は老いる。


老いた人間は 必ず、誰かのお世話になるとは思うから、 そのときには 必ずお役目がある。


人間は 最後の最後まで 人の役にたちたいものなのです。


礼儀、礼儀と言っていても わたしは相手の扉を蹴破って入って行く習性があります。 


わたしは自分の大きさがわかっていないので、たまにやらかします。 


自分的には、ノックしているつもりですが、扉を蹴破ってしまいます。 


申し訳ない限りです。 



また わたしのメールアドバイスの子たちの中にはわたしにドアを閉めさせない子もおられます。。。 



まあ それぐらいのほうが勇ましいかもしれませんね。 


その子は着々と成長していっていますよ^^ 


他の人にしたら叱られてしまいますがわたしだから良いのです。 


信頼関係ができていますから。 


だから 信頼関係ができるまでは 礼儀は必要ですができてしまったら、なんでもOKなのです。 



だから わたしは24時間出動OKなのです。 




今のわたしは、自分をより整えることを求められています。 



たとえば 現実的には、だんしゃりをしたり家の掃除をしたりして 人が来るスペースを開ける。 

今までは自分が出向いていたけど これからは招いていくから 人が来るスペースを整えていく。 


また 今まで無造作に出掛けていた場所が自分の領域になってきています。 
だから、そこを整えることも必要になってきています。


要は、器が広がると 自分の領域も広がるということです。 


土地の開拓と同じで、畑を耕し作物を植えて実ると人に分け与えます。 

すると 豊かになるから また 隣の土地を開拓して豊かになります。 



人から奪うことなく、自然と領域が広がっています。 


そのため 自分だけでは手いっぱいなので人を雇い、自分の領域を整備します。 



領域=責任とも言います。 



自分の居場所というのは、自分の責任の範疇です。 




今までのわたしは、自分のプライベートをしっかり確保してきました。 


それでわたしが成り立っていたのですが そのプライベートスペースを解放するように促されているのです。 


わたしのプライベートスペースはパワースポットですから パワースポットの解放です。 


そうやって わたしの領域が広がっています。 



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 




わたしは2007年ごろから、プログを書いていますが読者はいっこうに増えません。 


器は広がったのに読者は増えません。 


それはなぜかというと わたしのブログは扉があるからです。 


礼儀のない人は入れないようになっているからです。 


神性だから、自然と扉がつけられたのだろうと感じています。 


気軽には入れないのです。 



わたしは比較的、外に出ると解放的でウェルカムですが礼儀のない人は受け付けないところがあります。 


これは、領域を守るための手段です。 


だから これからもそれは変わりません。 




今まで自分がやってきたことは、自分の領域を広げることをコツコツとしてきたのだなあ と気づきました。 


わたしが外に出ると 最初は周りがざわつきますが 心を開いて礼儀を尽くしていくので相手も心を開いてくださるのです。 


嫌な人がいても気にせずわたしのエネルギーをおいていくので わたしのエネルギーが苦手な人はその場所に近づかなくなります。 


そうやって 自然と領域を広げてきているようです。 


こう考えると 最初は、礼儀を知らず土足で相手の領域に入っていったことがあったと気づかされます。 


自分の領域を荒らされるのは嫌ですね。 

だから、衝突を繰り返していましたが 徐々にそれもなくなり、わたしの心の開き方如何で相手とうまくコミニュケーションがとれるようになったと感じています。 



やはり礼儀は大切ですね。 



また 礼儀といえば 

日頃お世話になっていても 何かのきっかけで疎遠になっている人はいるものです。 


最近では波動がどうこう言われますが お世話になった方に近況報告もなにもよこさないのは礼儀のない証拠ですね。 

心の姿勢が悪いのです。 
連絡、報告なく お願いがあるときだけ連絡してくる人は相手ができませんね。 

会った時についでに言えばいいと姑息な考えでいる人はいつまででも会えませんし、ついでのお願い事は受け付けません。 

結局 そういう人は感謝がないのです。 


だから、そういう人はいつも目前のことだけにとらわれてお金に忙しいです。 


そういう心の姿勢の悪さが収入に反映されますね。 


困った困ったと自力で解決しようとしない人や近況報告もないのは礼儀も感謝もない証拠です。 


また、最近では礼儀を知らない人が上に立っても知らないから教えられないのです。 

自分のプライベートに扉がないのです。

人間関係というのは礼儀が基本です。 


知らない、できない、わからないから成長もできないし礼儀もないのです。 


コミニュケーションの基本は礼儀があってこそなのです。 



自分の居場所がないと感じている人は、探す前に 礼儀ができる人間かどうかを自分に問うことをすべきかと思います。 





わたしは、大概が人を受け入れて生きています。 

そして 娘やメールアドバイスを受けてくださっている方々にも伝えています。 


『受け入れる』と簡単に言いますが難しいです。 

自分を否定してくる相手でもわたしはそれを受け入れることができるように導いていきます。 


認めることと受け入れることは違います。 


認めるのは、事実を事実のまま(ありのまま)見ることです。 


見るだけで自分の中に取り入れません。 




最近は、波動の違いが顕著なため 合う合わないの差が激しいです。 


そのため、合わない人とは離れた方がいいと言われる人が多いですが わたしはそうは思いません。 

何が合わないのか原因を突き詰め自分を変えていくことで相手が変わるからです。 


メールアドバイスや娘には事細かに受け入れる方法を教えています。 


受け入れるためには、相手を認めた上で、相手に礼を尽くすことです。


それが基本です。 


好きとか嫌いという感情に左右されずに 相手にたいして礼を尽くすことが基本なのです。 


嫌いな相手にたいしても敬う。 


自分が相手を嫌いだという感情は否定しない。 


これが自分を尊重することで 


その上で、相手を尊敬するから 礼を尽くすことができる。 


だから、相手を自分の中に取り入れることができ、受け入れることができるから自分の感情が変わり、相手の心も変わるのです。 




人と人との関係は感情で繋がっているのではなく、尊敬で繋がっているのです。 



それが 人を受け入れるコツです。 



波動が合わなくて苦手だ、嫌いだと感じていても 尊敬することはできるはずです。 




わたしたちは同じ宇宙の魂の同志なのですから。 


合わない相手などいない、わたしはそう思います。 




朝、目覚めたら 顔を洗って身支度して神仏に手を合わせ、生かせていただけてることに感謝する。
そして、自分をつくっていただいているご先祖様にも感謝し、ご供養させていただく。

その後、身の回りの掃除をして 朝食のしたくをして 朝ごはんを感謝していただく。


そのあとは、家事をこなしたり 仕事や遊びに出掛けて 帰ってきたら 無事に帰宅できたことに感謝申しあげ、食事をして お風呂に入り 一日の反省と明日の予定して就寝。



簡単に書きましたが、これが 人としてより良い人生を歩むための基本です。




基本的なことも知らずにやらずに、仕事がうまくいかないと嘆いてみたり、病気になったり、心がざわついたり、、、、。


人としての基本的なことをやらずに 遊びで神社詣りしてご利益をいただけるわけがないと思いませんか?


家の掃除ひとつしないのに、外でうまく仕事ができると思うの?


これって 基本的なこと過ぎて 最近は書かなくなったけど いろいろ履き違えてる人が多いから書きました。



娘にもよく話しますが、家でやらないことは外でもできない。



自分の身の回りのことをきちんできないのに、人から信頼されるわけがない。


やることやってからなら どれだけ遊んだり仕事をしても構わない。


いちいち、基本的なことを言われなければならないのでしょうか?



それは 心が浮わついているから。



出来ない、じゃなくて やるの。


そこに選択はない。




こんな基本的なことを実践しない人が、講演したり人を導いたりってできるのかなあ?



不思議だ。



当たり前過ぎて書かなかったけど 知らない人が多いのかな と思って書きました。

悩むならやることやってから悩めばいい。 
やることやってもうまくいかないことが、悩みというものだと思います。

地に足をつけた考え方をわかっている人は、そうそういないのだと思う。



目の前の出来事。。。をわかっている人もそうそういないのだと思います。


なぜなら 人は、前を向いていないから。



天を仰いでいたり、下を向いている人がほとんどの世の中で 前を向いて生きている人が何人いるだろうか?



一生懸命に生きていても、 前を向いていない。



もったいない。



地に足をつけた生き方が絶対というわけではないが 良いとわかっていることは積極的に実践したほうが良いと思うし
悪いとわかっていることは、防ぐことが より良い人生を生きる秘訣だと思う。



前を向くためには まずは、姿勢を正すことです。


姿勢を正して生きていれば、前を向けると思うのだが、いかがかな?



毎日 身の姿勢、心の姿勢を正して生きているだけで 地に足をつけた考え方ができるものです。




お試しください。

最近 仕事において、プロフェッショナルを求められるようになりました。


プロフェッショナルな高い志

プロフェッショナルな高い倫理観

プロフェッショナルな高い信頼感


です。



わたしの本業は 特に専門職ではないのですが プロフェッショナルとして顧客に接することを要求されるのです。



でも、これって 仕事においては当たり前のことなのです。



最近の風潮では 社内仲良しごっこして協調性を重んじられているように思いますが
実際、顧客からしたら
社内、仲良くしようが厳しかろうか 顧客満足度が高ければよいと わたしは思います。



対顧客を大切にすることが第一条件だと思います。


顧客を満足させることが基本だと思うのです。



そのためには 自分のスキルを磨くことは大前提ですし 意識の高さも必要です。

いい加減な仕事は迷惑をかけますし、 けじめがないのも話しになりませんね。



顧客から高い信頼感を得るためには 日々、向上することだとわたしは考えています。




わたしは スピリチュアル方面の仕事もさせていただきますが
やはり こちらも同様で 意識が低いと話しになりません。



一旦、引き受けた限りは クオリティーの高いものを提供したいと考えています。


それまでは、低料金でお気軽に と設定していましたが 高レベルで提供できるように料金は高めに設定させていただいております。


そのため 施術前、一時間かけて 部屋の浄化、自分の浄化をしていきます。


場所の浄化を何かで代用したり
また、カラオケやさんやカフェで相談を引き受けることもしていません。



だんだん 最初の頃に戻ってきました。




そうすることで 顧客の意識も変わってくるようです。

スピリチュアルなこと(ヒーリングやリーディングやツインソウル等)に関心を持つと、その話しができる場所に行って、同じような仲間ができると思います。



そういったおしゃべりは楽しいし気楽です。



一般的にはまだまだ、受け入れられていないから そういう場所に出掛けて話をすると思うのです。


自分の悩みを話し相手の悩みを聞き、おしゃべりします。


話をして聞いてもらうだけで、心が軽くなる方もいるでしょう。



そこは、癒しの場。



自分の好きな場所。



だけど、そこは現実世界ではないのです。



あなたにはちゃんと帰る家があり戻る現実があるのです。



現実を歩むために必要だというのなら、それもいいでしょう。


でも、その場所を逃げ場所にしていませんか?


また、あなたは逃げ場所を提供していませんか?



現実から逃げたい者と逃げ場所を提供する者。



提供する者がいるから逃げ込む者がいる。



わかって提供していますか?



現実逃避場所を提供しているのではないのでしょうか。。。?



そこに行けば、前を向いて生きれるようになるのでしょうか?



そこに漂ってしまうのではないのでしょうか?



ヒーリングやリーディングは、自己判断で と聞きますが 正当な自己判断ができる人はそうそう行かないと思います。




提供される方は現実逃避の片棒を担いでいるに過ぎないと思うのは、わたしだけでしょうか?



人を幸せにしたいと想う気持ちがあるのなら、自立させようと考えるのが 人の道だと思います。

人に対して嫌だなあとか嫌いって思うことは、たまにあるけど
それだからと言って、 人を裏切ったり いじめたり 無視したりすることは してはいけない と思う。


それは したことは自分で返ってくるから。。。

というよりも


人の道に反しているから


と言い切れる。

生きるためのこと あなたは何をしていますか?


食事をして、お仕事する。


食べるためのこと あなたは何をしていますか?


食べることに感謝して

食べていけるために 身体を使って働いていますか?



癒しが大切といいます。
なぜ 大切ですか。

食べることができていて、それからの癒しです。


あなたは なんのために生きていますか?


愛する人といたい。

やりがいがある仕事がしたい。


なぜですか?

身体を維持することが満たされているからですね。


本当に生きるとは

自分の力で 食糧を得るための仕事をすることです。

食べていけるように
自分で努力することです。



癒しだけでは、人間の身体は維持できない。

食べることしないと、維持できない。



自分の力で食べていけることを努力することが

目の前に起こることを一生懸命にする


と いうことなのです。



生きるための優先順位を間違えないように生きていきましょう。

このページのトップヘ