この世界にあるすべてのものは感謝するために存在する

わたしは、地球にグラインドしています。 わたしの意識は地球に同調しています。 わたしの想いは地球の想いです。 わたしの叫びは地球の叫びです。 わたしの言葉は地球からのメッセージです。 少しでも、みなさんに 地球の想いを感じていただけたら幸いです。

カテゴリ: 人の道

地に足をつけた考え方をわかっている人は、そうそういないのだと思う。



目の前の出来事。。。をわかっている人もそうそういないのだと思います。


なぜなら 人は、前を向いていないから。



天を仰いでいたり、下を向いている人がほとんどの世の中で 前を向いて生きている人が何人いるだろうか?



一生懸命に生きていても、 前を向いていない。



もったいない。



地に足をつけた生き方が絶対というわけではないが 良いとわかっていることは積極的に実践したほうが良いと思うし
悪いとわかっていることは、防ぐことが より良い人生を生きる秘訣だと思う。



前を向くためには まずは、姿勢を正すことです。


姿勢を正して生きていれば、前を向けると思うのだが、いかがかな?



毎日 身の姿勢、心の姿勢を正して生きているだけで 地に足をつけた考え方ができるものです。




お試しください。

最近 仕事において、プロフェッショナルを求められるようになりました。


プロフェッショナルな高い志

プロフェッショナルな高い倫理観

プロフェッショナルな高い信頼感


です。



わたしの本業は 特に専門職ではないのですが プロフェッショナルとして顧客に接することを要求されるのです。



でも、これって 仕事においては当たり前のことなのです。



最近の風潮では 社内仲良しごっこして協調性を重んじられているように思いますが
実際、顧客からしたら
社内、仲良くしようが厳しかろうか 顧客満足度が高ければよいと わたしは思います。



対顧客を大切にすることが第一条件だと思います。


顧客を満足させることが基本だと思うのです。



そのためには 自分のスキルを磨くことは大前提ですし 意識の高さも必要です。

いい加減な仕事は迷惑をかけますし、 けじめがないのも話しになりませんね。



顧客から高い信頼感を得るためには 日々、向上することだとわたしは考えています。




わたしは スピリチュアル方面の仕事もさせていただきますが
やはり こちらも同様で 意識が低いと話しになりません。



一旦、引き受けた限りは クオリティーの高いものを提供したいと考えています。


それまでは、低料金でお気軽に と設定していましたが 高レベルで提供できるように料金は高めに設定させていただいております。


そのため 施術前、一時間かけて 部屋の浄化、自分の浄化をしていきます。


場所の浄化を何かで代用したり
また、カラオケやさんやカフェで相談を引き受けることもしていません。



だんだん 最初の頃に戻ってきました。




そうすることで 顧客の意識も変わってくるようです。

スピリチュアルなこと(ヒーリングやリーディングやツインソウル等)に関心を持つと、その話しができる場所に行って、同じような仲間ができると思います。



そういったおしゃべりは楽しいし気楽です。



一般的にはまだまだ、受け入れられていないから そういう場所に出掛けて話をすると思うのです。


自分の悩みを話し相手の悩みを聞き、おしゃべりします。


話をして聞いてもらうだけで、心が軽くなる方もいるでしょう。



そこは、癒しの場。



自分の好きな場所。



だけど、そこは現実世界ではないのです。



あなたにはちゃんと帰る家があり戻る現実があるのです。



現実を歩むために必要だというのなら、それもいいでしょう。


でも、その場所を逃げ場所にしていませんか?


また、あなたは逃げ場所を提供していませんか?



現実から逃げたい者と逃げ場所を提供する者。



提供する者がいるから逃げ込む者がいる。



わかって提供していますか?



現実逃避場所を提供しているのではないのでしょうか。。。?



そこに行けば、前を向いて生きれるようになるのでしょうか?



そこに漂ってしまうのではないのでしょうか?



ヒーリングやリーディングは、自己判断で と聞きますが 正当な自己判断ができる人はそうそう行かないと思います。




提供される方は現実逃避の片棒を担いでいるに過ぎないと思うのは、わたしだけでしょうか?



人を幸せにしたいと想う気持ちがあるのなら、自立させようと考えるのが 人の道だと思います。

人に対して嫌だなあとか嫌いって思うことは、たまにあるけど
それだからと言って、 人を裏切ったり いじめたり 無視したりすることは してはいけない と思う。


それは したことは自分で返ってくるから。。。

というよりも


人の道に反しているから


と言い切れる。

生きるためのこと あなたは何をしていますか?


食事をして、お仕事する。


食べるためのこと あなたは何をしていますか?


食べることに感謝して

食べていけるために 身体を使って働いていますか?



癒しが大切といいます。
なぜ 大切ですか。

食べることができていて、それからの癒しです。


あなたは なんのために生きていますか?


愛する人といたい。

やりがいがある仕事がしたい。


なぜですか?

身体を維持することが満たされているからですね。


本当に生きるとは

自分の力で 食糧を得るための仕事をすることです。

食べていけるように
自分で努力することです。



癒しだけでは、人間の身体は維持できない。

食べることしないと、維持できない。



自分の力で食べていけることを努力することが

目の前に起こることを一生懸命にする


と いうことなのです。



生きるための優先順位を間違えないように生きていきましょう。

自分の波動が高まってくると 日常的に 相手への感謝の気持ちがわいてくるため 言葉に態度に表れます。

すると、人間関係が非常に円満に進みますね。

常に、感謝の気持ちが 態度に行動に表れる。。。

それが、礼儀作法、マナーに繋がったのかな と思いました。

でも 最近のマナーというのは 感謝の心を態度に行動に表すというものではなく、『しなければいけない』という目的で使われているように思います。
この場所では こういうマナーでなければいけない とか 目上の人だから 言葉使いに気をつけなければいけないとか。。

動機は 愛ではないですね?
動機は 怖れ といったところでしょうか?


マナーとは、教えられるものではなくて、感じるものだと思うのです。

相手を想い、感謝して 慈しむ気持ちがあれば それが、言葉に 行動に表れます。


それが 一番のマナーだと わたしは思います。

今日 ちらっとお話をした時に 自分の口から出た言葉なんですが



この地球というのはほんとによくできているなあ と思います。


私たちは生きています。
食糧をいただき生きています。

食糧を得るために働きます。
お仕事をします。



お仕事をするということは 食糧を得るためのお金をいただけるという喜ばしい行為です。

お仕事をするということは 働かせてもらえるということです。
奉仕をさせていただける場所を提供していただけることです。

また、お仕事をするということは 相手から学ばせていただくということに繋がります。
この世は 相手は 自分を映す鏡として存在をしています。

相手から誉められれば 自分は喜ばしい人間だということがわかり 相手から憎まれれば 自分は傲慢だということがわかります。



つまり、お仕事をするということは

生きるための食糧を得るためのお金を得ることができ 奉仕をさせていただけて、お得を積まさせていただけて なおかつ 相手から 自分が学ばせていただく、成長させていただけるという行為です。



お仕事をするだけで 3つのことが同時にできちゃうねっ

すごいねっ


明日から お仕事がんばろう



へへっ

このページのトップヘ