この世界にあるすべてのものは感謝するために存在するbyままのまま

「わたし」が今、なぜ、ここで生きているのか。 人は本来この世の中でただ一つの命として、自然で無垢な、すがすがしくも清らかな存在です。 しかし現代では、その姿を保つには相当の努力が必要なことのようです。 心身を清浄に保つためには、神や祭り、自然の力をかりて謙虚な気持ちに立ち返ることが必要です。 自分の目の前に差し出されたことを真摯に受け止めてください。 出来ないことは求められないものです。 息の本体に帰ってください。 息の本体に帰り、愛となれば、望んだことは一寸の狂いもなく叶えられるもので、望みが叶えられないのは、我が身が愛でない証拠。 だから、息の本体に帰ってください。 ご自身の「根っこ」を見極めるために、父母 をこえる存在として神や仏、自然の世界やご先祖様の存在が解ると、大きな心のよりどころを得ることになるものです。 日本の文化や風習、特に日本人のこころに脈々と受け継がれてきている信念を取り戻すことは、古くからある豊かな心をとりもどさせてくれるだけでなく、新たな価値観を生み出す大きな手段ともなるものなのです。 そのために出来ることを日々、お伝えしています。

カテゴリ: 人の道


「わたし」が今、なぜ、ここ で生きているのか。
その「根っ こ」を見極めるためにも、父母 をこえる存在として神や仏、自然の世界やご先祖様の存在が解る と、大きな心のよりどころを得ることになるのです。


人は本来この世の中でただ一つの命として、自然で無垢な、すがすがしくも清らかな存在です。 しかしその姿を保つには相当の努力が必要です。

心身を清浄に保つためには、神や祭り、自然の力をかりて謙虚な気持ちに立ち返ることが必要です。
本来の人としての姿にもどることを願う。
これこそが神道の祈り です。

神道では、具体的な教えを言葉や文章として遺していませんが、 日本の文化や風習、特に日本人のこころに脈々と受け継がれてきています。


「神のご意志のまま」に、「神の意に背かない」生活を常に心がけ ること。
「教えられたことを忠実に守る」のではなくて
「おのずから神の意志というものを推し量って生きる」信仰が「かんながら」なので す。


「かんながら」の信仰を持ち、信念を取り戻すことは、古くからある豊かな心をとりもどさせてくれるだけでなく、新たな価値観を生み出す大きな手段ともなるものなのです。



社会的立場を考えられる人と考えられない人、それには 人の意識が関係していると思います。

その人の心の在り方がそれぞれ違うのですね。

意識レベルの違いです。

自分の内側を見つめ直していくと、ストレスを爆発させることなく、意識が上がるようになります。

意識レベルを上げるためには 自分の内側を見つめ直していくことが必要になります。

自分の内側の見つめ方を次に簡単に書いていくので参考にしてみてください。

また、


社会的立場を考え過ぎて、それがストレスになっている方もみられます。


その場合にも自分の社会的立場を否定しているのです。


そして そのような人は社会的立場を考えて生きていない人を否定するようになります。


自分の社会的立場を否定しているから 相手を否定するのです。


自分にないものは反応しないのです。



だから 人のそういうことを批判する人は自分の立場を否定していて不満があるということです。


相手は鏡となって、教えてくれますね。



人を批判する人は、自分に不満があるのです。



その立場だから、しなければいけないと我慢していたり、思い込もうとしているため 不満を感じるのです。



しかし そんな時は 自分の波動を上げてみると すんなり受け入れることができるようになるものです。



だけど、現代人は その不満を爆発させて ないものとしてしまう傾向があります。



不満が溜まりに溜まると、そうさせてしまいます。



そのようにならないためにも
その不満、ストレスを早めに対処、改善するとよいでしょうね。



本当は ストレス回避することよりも きっちり見つめ直すことがよいのです。



ストレスを爆発させると
自分が築き上げてきた立場もなくなってしまいますから。

人間は社会の中で生きているから 立場があって当然なのです。


でも あなたは、その社会的な立場を否定していませんか?


自分のありのままを認めてもらいたいあまりに、社会的立場を否定していませんか?



社会的立場を否定しているから、社会的立場を求められます。


否定しているから、そこを調和させようと求められ、現象化します。



親として、子供として 素直に受け入れて生きられないのは、それを自分が否定しているということではないですか?。



家族間では親子関係があります。


学校に行けば、教師と生徒、先輩と後輩という上下関係があります。


成人して社会に出れば、雇い主と従業員の関係があります。



社会というものは、そういうものです。


そこを否定していては、人との調和が保てないのです。



『どんな自分も否定しない』
というのは、そんな社会的立場を否定せずに受け入れていくことでもあるのです。




まずは、あなたの社会的立場を考えてみてくださいね。



あちらこちらで自由な発言を耳にする昨今ですが思いやりある発言?はあまり耳にしないのが現状です。 



相手を思いやることをせず自分を満たすことしか考えてない人が少なくないと感じます。 



うわべの言葉に振り回されているからでしょう。 




想像が出来ないのです。 


これを言ったら相手はどう感じるのか? 

これを言ったら相手はどう返答してくるのか? 



それは、物事の道理をわかってないから起こることでしょう。 





この世の中には物事の道理がわからない人が大勢います。 


大勢です。 


物事の道理がわからない多くの人が主義主張を繰り返し、結局は物事の道理がわかる人がそのような人を許していく世の中のようです。 


道理がわからないから、言って良いこと悪いこと して良いこと悪いことがわからないです。 


どれだけ教えても理解が出来ないのです。 


理解が出来ない人が多いのです。 


だから、わかる人が許していくより仕方がない世の中です。 



でも 物事の道理がわからない人は許されていることもわかりません。 


当然のことだと主張します。 


そのことも、全部全部 許します。 



許されるって守られていることなのです。 



だけど わからないから、主義主張を繰り返します。 

守られていることがわからないから主義主張を繰り返します。 



物事の道理がわからない人は、守られていることをわからないまま主義主張を繰り返し生きていくようです。 



感謝がなくても生きていけるのです。



「ありがとうございます」という言葉は、有ることが容易ではないものを頭の上に掲げて頭を下げて頂戴するということを差します。 


有ることが容易ではないということは、本来なら無いものなのです。 


本来なら無いものが有るのです。 


それってどういうことなのでしょう。


不思議なことです。 
魔法なのかしら? 


本来なら無いものが存在していて、存在しているだけでなく自分にいただけるのです。 


だからこそ「ありがとうございます」と、言葉を発して、頭を下げて『感謝』申し上げるのです。 



「ありがとうございます」 
という言葉はそんな意味があるのです。 




本来なら、有ることが難しいものだから、頭を下げて(掲げて)頂戴する。 



頂くものは、それだけ神性さがあり貴い(尊い)ものなのです。 


「ありがとうございます」と頂いて、どこかに放置して腐らせたりすることは、「ありがとうございます」の言葉に恥じる行為です。 

口先だけで 「ありがとうございます」を使っている人が多いです。 




「ありがとうございます」と頂戴したなら、その時限りでなく、美味しかったとか役立ちましたとか、言えるはずなのです。 


『感謝する』とか『感謝して生きる』ということは、そう出来て当たり前のことなのです。 


その時、「ありがとうございます」と頂いたら 次にお会いした時に、もう一度、お礼がてら報告するのは当たり前のことなのです。 



「ありがとうございます」と頂いたなら、出来て当たり前のことです。 


出来ないなら、頂かないことです。 


相手に失礼です。 




お礼は大切です。


人と接する時には 必ず、挨拶から入ると思いますが、挨拶のできない方が多いです。

また それ以上に大切なのは、お礼をすることです。

それは、けじめでもあります。


ひとつの物事を終える時の締めくくりとも言えるけじめです。


感謝、お礼、後始末は、物事のけじめです。


挨拶はそこそこでも最後の締めくくりであるお礼、感謝、後始末はきちんとすることです。


それは この世に生きる人としてのルールとも言えます。


それがある人とない人というのは、人生に雲泥の差が出ます。



物事のけじめが出来るということは、相手を尊敬しているからこそできることです。


人から尊敬されるということは、嬉しいもので、それだけで信頼に値することになります。


人から信頼されるということは、それだけで引き立てられる要素に繋がります。


また、もっと重要なことがあります。



人から信頼されるようになると、人は 運が良くなり、良い発想がつくようになります。
勘が冴えるようにもなります。


だから より、仕事に身が入り、運気も良くなります。



見ていると、ネガティブ、運のない人というのは お礼下手の人です。


人から物をいただいたり何かしていただいても、感謝がない、お礼もない、きちんとお返しもできない人が多いです。


そういう人に限って、人に与えたがります。


お礼もそこそこで人には与えたいのです。
本末転倒です。


それでは 人とのコミニュケーションができないのです。


物事のけじめをつけられない人は人との信頼関係を結べないのです。


挨拶が苦手、お礼が苦手、感謝が苦手というのは、口下手というのとは違います。


口下手ながらでも物事のけじめをつけることは可能です。



目の前に差し出される出来事をきちんとこなすというのは、差し出された物事に感謝、お礼、後始末をすることなのです。


それをしたら、また 与えられます。



目の前に何も与えられないと思っている人は、感謝、お礼、後始末をしていないからですね。



自分の周りを見渡してみてください。




あなたは物事のけじめをつけて歩んでいますか?


わたしって 正直者だから、いい加減に謝れないんです。 


でも きちんと、自分の過ちにわかったら、早い。 

すぐに、謝ります。 


気づくまでは、苦しみます。 


気づいたら、すぐに謝ってスッキリしたい。 


スッキリしたいだけですが、スッキリしたら 何か気づきはいただけます。 

ありがたいなあ、と思います。 


人間だから、間違うわけです。 


気にしない。ドンマイ♪わたし。 




心の底から謝ったら、許してもらえるものなのです。 


心の底から謝ったら許してもらえることを知ってるから、謝れるのかもしれないです。




謝っても許してもらえないのは、自分自身が本心から謝っていないからか相手が不実だから。 


相手が不実なのは、相手の責任です。 


だから、詫びる心を自分の心の奥底からわき上がるのを待つわけです。 


自分は自分に嘘はつけないので、必ず わき上がってくるものです。 


にもかかわらず、相手から許されなかったら、、、、 

相手に天罰が下るものなのです。 



もう、そこは仕方ない。 

神様仏様はフェアですので。 



そんなことを経験してきています、わたしは。 


だから、正直でいられる。


先の記事『自立と恩に報いること』を投稿した後、一件のメールが届きました。 


『ブログに書いていただいたのは、私のことですね。
正直な自分はやはりわがままで上から目線でしたが、そこから、恩へ報いるということが、何の恩に対して報いるのか、それに恩に報いろうと思える心持がなくて、何をしたらいいのかが、わかりません。』 



今回、その気づきがなかったことで自分を責めているようにみえますが、それこそ 自分勝手で横柄な態度が鼻につきます。 
『わかりません』という言葉は自分勝手な言葉です。


まずは気づきをいただけなかったことを素直に認めて詫びる気持ちを神様仏様に届けることです。 

その気持ちが届けば、神様仏様は まずは見てくださいます。


日々の生活を観ていてくださいます。 



『わかりません』というより前に、詫びる気持ちがない。 


神様仏様に対しても自分に対しても。 




素直さがないというのは、このようなことを言います。 



自分を責めるのは、自分はできる!と鷹を食ってるからです。
出来ないとわかっていたら、責めることはしないものです。 


そんな心持ちの人には、神様仏様からの言葉も届かない。 



自分のことを言われているとわかった時点で申し訳ないと素直に詫びる気持ちが大切なのです。 



自分を責めるのではなくて神様に詫びるのです。 


一日の締めくくりに、「今日の一日はどうですか?いたらないところはないでしょうか?あったら教えてください。直します。」という謙虚な気持ちで過ごすことですね。 




謙虚な気持ちで過ごすことが心を育てるのです。 



そうしたら 自分がどれほど、ごう慢であったかに気づき、申し訳なさで頭が下がり、素直に詫びる言葉が自然と口から溢れるのです。 





わたしはそうやって、日々を過ごしています。 



自立と恩に報いること


自立っていうのは、字のごとく、自分の足で立つということだけど その地盤にあるのは、恩なんだよね。 


今まで守られてきた想いに報いるという気持ち。 

それがあって わたしたちは、きちんと自分の足で立てるんだ。 


自分の心の底からわき上がる感謝の気持ち。 


それがあってこその自立だね。 



〇〇〇から離れるというのは自立ではない。 


居場所が変わっただけだ。 




この一週間ほど、サンタクロースは良い子にプレゼントを届けたと思います。 


人の恩を感じて生きてる人には届いて、これからの人生も前を向いて進んでいくのだと思います。 


だけど 大浄化を受けた人は、どうかな? 


それをわからせるための大浄化だったわけだけど、気付いた人はいるだろうか? 




わたしたちは一人で生きているわけではなくて、支えあって生きているんだ。 


それを不義理したままで過ごしていても、なんの徳も生まれない。 




人からの支えを感じたり守られていることを感じたら、人は何をすべきかがわかるものなんだ。 


何を大切にすべきかがわかってくるものなんだ。 



この大浄化の時に、そんな気付きを得たならば、2019年はきっと良い年になるだろう。 



自立と恩に報いることはセットだから。

このページのトップヘ