この世界にあるすべてのものは感謝するために存在するbyままのまま

わたしは、地球にグラインドしています。 わたしの意識は地球に同調しています。 わたしの想いは地球の想いです。 わたしの叫びは地球の叫びです。 わたしの言葉は地球からのメッセージです。 少しでも、みなさんに 地球の想いを感じていただけたら幸いです。

カテゴリ: 鏡の法則

この世では 内観浄化をしていないにも関わらず、元々、直観が強い方や共感能力の高い方 見える、聞こえる人がたくさんいらっしゃいます。


わたしも一応、そういうタイプでした。


そういう人って
それで 人生を渡ってきているから 曲げようとしない人が多く

人が注意しようが何をしようが

それを信じ込む人が多いです。



その直観力、能力を持って 人生をマトモに渡ってきている人なら その能力は確かに その方のためになる能力でしょう。。。


しかし その直観力、能力があるにも関わらず 不運に見舞われることが多い人は その能力は当てにならない ということです。


人のことはわかるけど、自分のことはわからない。。。

という人は
ただ、感情を読むエネルギー感知能力が高いだけで 自分の内側には繋がっていないと思います。



本当に 直観力のある方は 相手のことがわかるのは当然で 自分のこともわかるはずです。


自分のことがわからないのは
自分の内側に繋がっていないという証拠です。


結局は
内観浄化をしていかないと フィルターは外れませんし 見当違いの直観力で生きていくことになります。


また
直観力があるからと
人を安易に視てあげたり それを仕事にしようなどと思われる方もいらっしゃるでしょう。。。



その方のフィルター付きの直観力で 他者を視ていくわけですから

なんていうかねぇ。。。
多いですね。



そういう方こそ
自分のフィルターをきれいにしてから お仕事をしていってほしいと思います。



元々、直観力が高いからといっても
不安、恐怖心があれば
その内容は 不安、恐怖心付きで 降りてきますね。。。


なんていうかねぇ。。。


その思い込みで 記事を書かれている人を見ると

ほんと なんとかならないのかねぇ。。。

と思います。



思い込みで生きて、自分から不幸になっている人が多いこと、多いこと。。。

そして、人のせいにして 不満たらたら。。。


受け入れて、生きることが大切ですし


何事も 感謝ができれば いいと思います。



どんな人生でも
結局は 自分が選んでいる人生ですから
人のせいにするのではなく、
不満を言わずに その人生を受け入れて 生きてほしいと思います。


不満を感じるのなら 人のせいにするのではなく、 不満を解消する努力をするだけです。

不満を感じる自分を不満を感じない自分になればいいだけです。



この世のからくりを 世界の人たちに知ってもらいたいと思います。

この世界のからくりというのは


この世は自分の心の内側の思い込み、こだわりが投影された世界です。



だから お金がないないと言っている人は お金がない現実を引き起こしますし

怖い怖いと何かに怯えている人は そのように何かに怯える現実を生きています。


心の内側は投影されているのです。

ただ、それだけです。



恐怖心があればあるほど、恐怖を感じる世界を作り上げます。

恐怖する人が多ければ多いほど そのような世界を引き起こします。

テレビで地震だ、台風だと連日、放送しています。

そうやって 恐怖心をあおられているので 怖い現実を引き起こします。




わたし
内観浄化をして スッカラカンになってますので 恐怖心ありません。

テレビは観ません。

観たとしても、ふ〜ん程度です。

わたしは 恐怖心がないから 恐怖する現実を引きよせないです。


台風、地震、、、怖くないし。。。


たぶん、台風、地震さんはわたしが怖いと思うので 避けて通ります。


光が強くなると こんなモンです。


被害が出ると言うことは 光が強い人がいない
と言うことです。



東京も 色々ありますねぇ。。。



東京のライトワーカーさんはなにやっているんでしょうか?


自分の住んでいる地域ぐらい守れないものでしょうか。。。


ライトワーカーと名乗るなら、自分の住んでいる地域ぐらい守ってナンボ!です。



ヒーラーを育成している暇があるなら

自分が上がれ!!!

です。



被害を受けて、怖い怖いと言っていないで、 また
誰かのせいにするのではなく、
自分が上がれば 被害はない ということを自覚してくださいな♪


なんのために 地球に来たんだか(-.-;)




とまあ

この世界は

自分の心の内側が投影された世界です。



何か 不便があるなら さっさと解消しましょう!

泣いていたって、世界は変わりません。



日本人が わたしのようになれば 日本は変わります。


野菜が高いだ、ガソリンが高いだと 不満を言う前に、自分の心のお掃除をすること!


自分の心のお掃除もしないのに 不満ばかり聞かされている地球の身にもなってくださいな♪


はあ〜
ほんと
地球さんは 頑張ってみえます。



敬服致します。

人の気持ちがわからない人の反対で 人の気持ちばかり考えている人もいます。


相手は鏡だと聞くと


自分は相手の鏡だからと 相手の立場になって 『わたしはあなたの鏡になってあげてるの』 と言う考えのもとで 相手を分析しようとします。


これは、よけいなお世話。
相手の学びを取ることになりますし、
『相手は鏡』というのは 自分にとって有効になるので
このような考え方は、相手に対して 配慮を欠く、非常に 愛のない行為になります。

鏡の法則というのは、
相手を学びの対象としてみるのですから
相手に対して、自分は鏡だから学びなさいというのは 誠に、自分本意な、謙虚さも配慮もない行動になります。


鏡の法則を学ぶと
それをやりたがる人がいますので
注意しましょうね。



相手は ただ、ただ 自分を写す鏡となってくださるお方です。


尊敬の気持ちで接しましょう。

目の前の現実は、自分の心が投影された世界です 5


あと ひとつ、重要なのは


わたしは
『これを実践しなければいけない と書いているわけではない』
ということをわかってください。


実践すると、より良い人生を送れますよ と書いているだけなのです。


選ぶのは、自由です。


どんな困難な人生を歩んでも、
どんな、スリルある人生を選んでも
自由なのです。


自分の内側に負の感情があっても それをはねのけるパワーを持っていれば それで良しだと思います。


負の感情に左右されて、前を向いて生きていけなくなるのなら
わたしが書いたことを実践していかれると いいとは思います。


ただそれだけです。



それが 自分の生きる道です。


自分がどう生きるのかは、自由の責任で決めてください。




わたしのグラウディングワークとメールアドレスでは

負の感情が出た時の対処法や気づきを得ていくまでの誘導をしていきます。


わたしは『気付き』が人を成長させると信じています。

目の前の現実は、自分の心が投影された世界です 4


これを実践していくと 今まで、問題だ!と思っていたことが 問題に思えなくなります。


だから 解決しようと思っていたことが わざわざ、解決しなくてもよいと思えてくるのです。


心の中が楽になります。

目の前の相手だけではなく、目の前の出来事や目の前のテレビの中の内容、、、どんなことでも


これは、自分に何を気づかせようとしているのか!を 考えていくと 答えは自ずと 自分の内側から出てきます。


だから
新聞、ニュースに関心がなくなります。


すべて 自分の内側からわかってくるからです。


自分がどう生きるべきか、どう生きたらよいのかがわかってきます。


だから
ブレなくなります。


自分自身で居ることができます。


何事にも動じない人になります。


そして
この人生でやらなければいけないことが
自ずとわかってきます。

自分の未来がわかります。




わたしたちは、この地球にお互いが、目的を持って 転生してきています。




地球のために役に立ちたい。
地球を守るために、自分は生まれてきた。

という想いが 今すでにあるならば、

わたしが今まで書いてきたことをぜひ、実践してください。




目の前の現実から逃げずに、感謝して生きるだけです♪

簡単です♪♪♪


誰に対しても ありがとうございますと頭を下げれる人になります。


自分に自信がつくから わざわざ、目立とうと思わなくなります。

ピカピカ光っちゃうから、結果目立っちゃうけど^^




地球の一員として、この地球を守っていきたいですね。



わたしの使命。。。

わたしはこの地球に『愛』を実践するために降りてきました。

愛を発揮すること。

わたしの愛で、この地球を満たすことがわたしの使命です。



わたしのコテコテ、ドスコイ型の『愛』を受け取ってくださいね☆




ままのまま ドスコイ"""

目の前の現実は、自分の心が投影された世界です 3



『目の前の現実は、自分の心が投影された世界です』


これが、自分の心の中に腑に落ちて、実践すると


自分の心の中が変わります。

その作業が
『内観浄化』
と いうものです。


このように、

『目の前の現実は、自分の心が投影された世界である』

ということを常に実践していくことが

現実を受け入れて生きることになるのです。


☆感謝して生きるということ☆



まずは相手に向けた自分の心は、間違いだったと認める所から始まります。


相手との関わりの中で、相手に怒りの感情を持ったり、どうしてこの人はこうなんだろうという感情が心の中に芽生えます。


しかし、相手に向けて相手を変えようとしても、変わるはずがないのです。 


そして、次に原因は自分の中にあると思うようになります。

自分が変わらなければ、周囲は変化しないと感じるようになるのです。


自分はどうして、相手に怒りを持ったのか?

どうして、相手に対して、傲慢なのか?

自分勝手なのか?

どうして、こんな事言ってしまったのだろうか?

相手に対して思いやりがなかったのではないか?


等々、まず自分の心を見て自分を反省することが大切なんです。


そうやって、反省すると、
自分は本当に至らない点ばかりだということに気が付きます。


自分を見つめて、素直に反省するのです。


これが、自分を認めて受け入れるということです。

しかし、自分で自分を責めたり、ここで自己否定したりはしません。


どんな相手であろうと、相手がこんな態度を取るのは、意味があるんだ。

自分を成長させるためにあのような方と巡りあうんだ。

あの嫌な部分、悪い部分は自分がそうであるから見せてくれているんだ。反面教師なんだ。


全ての出会いに必ず意味がある。

目の前にいる人は、自分を成長させてくれようとしているんだ。

そのように考えれるようになるんです。


これが、『謙虚さ』です。

自分に素直になり、自分過ちを認めて、相手に謝れるようになります。


自分に何かを気づかせる為に、あの人は悪役になってくれているんだ。


自分を落としてまでも、わたしを成長させようとしてくれているんだと 感謝の気持ちが沸き上がります。


気づかせてくれてありがとうございます。


成長させてくださり、本当にありがとうございます。
と 自ずと、頭が下がるのです。


それが
『感謝』というものです。


今まで、相手に対して 間違った想いで接していたことを 心から深く詫びることができます。

そうすると、自分の傲慢さがわかるから
自己主張はできなくなるのです。

それが 本当の謙虚さであり感謝というものなんです。


誰に対しても このような考え方で生きることが、現実を見つめ生きることであり、


感謝して生きるということなのです。



誰でもが 誰もが 自分を成長させてくださる教師となり 導いてくださるのです。


そうなると
この地球に生まれてよかったなあ
ありがたいなあ
と 思い、日々を大切に生きることができるようになります。



毎日が実践です。

これが、『グラウディング』というものです。



この世の人々が、誰もが このような生き方をすれば 地球は美しく保てるのだと思います。

目の前の現実は、自分の心が投影された世界です 2

どうしたら、目の前の現実が変わるのか?

自分の心の中を変えるしかありません。


相手に対して、怒りを感じたり、負の感情を持つことをやめればいいのです。

簡単です。

でも、相手が自分を怒らせる言動をするから。。

本当にそうでしょうか?
あなたの心の中に相手に対しての怒りがあるから、相手は忠実に教えてくれるのではないですか?

相手はあなたが何者であるかを知らせるために居るんだと思うことはできないですか?


ここが、重要です。

『相手は自分の内側を映す鏡だ』
と思うことができるココロモチになることが重要なのです。

怒りを持っている相手に対して、 自分の内側の怒りを見せてくれる鏡なんだと思えるココロモチになる。

ことが、非常に重要なんです。


言うが安し、行うが難し。

ここが、わかるまでが大変だと思います。

わかるというより、腑に落ちるまで。。。


『相手に対して怒りを持つことが間違いだった』と自分を受け入れ、認めることができること。


それが、できるようになることが大切なんです。


『鏡の法則』を読んで、まやかしだ!嘘だ!と心が暴れます。

自分の怒りの元を作った相手を認めるなんて、ちゃんちゃらおかしいよ!!!と よけいに怒りが込み上げてくる人もいるでしょう。。。


だけど
それは、紛れもない事実なのです。


目の前の現実は自分の心の中が投影された世界です。

目の前の現実は自分の心の中が投影された世界です1


現実を生きていると、非常にたくさんのことに遭遇しますね。

こちらがおはよう♪と声をかけても、無視する人もいらっしゃいますし、自分の気になることをズケッと言われて傷付くこともあります。

そんな時 人は相手を批判します。

〇〇さんが悪い。
〇〇さんのせいだ。

そして、それが正しいんだと思い、相手に主張して攻撃したり、 主張できない場合には憎しみを募らせたりします。
我慢をすることもあるでしょう。

心って、自分の感情です。
負の感情を持ったまま、生きるということは 辛い現実を生きることになりますね。。。

人が楽しそうにしていると うらやましいと感じることもあるでしょう。。。
どんどん 負の感情がつけていったたまま 生きている人が少なくない世の中です。

そしたら どうしたら もっと、楽しく生きることができるようになるのかしら?


自分の心の中を変えるしかないのです。

目の前に起こる現実は自分の心の中が投影された世界ですから。。。

鏡の法則の罠

相手に迷惑をかけていいという世界はこの宇宙、どこを探してもない。


相手に迷惑をかけて、結果 相手が自分を鏡として気付きを得たとしても それは、相手の気づきであり、自分はただ鏡になったに過ぎない。


相手を思い遣り、尊重する行動をしてもなお 心の隙間に入り込んだ自我によって 相手を傷付けたり 迷惑をかけてしまう時は 素直に謝ってください。

相手に気付きを与えるために、自分が闇を演じる必要はありません。

自分が闇を演じるという自負心は 自分の成長を止めます。


愛とは、調和です。
思い遣りです。

相手に迷惑をかけない努力は惜しまないようにしましょう。。。

鏡の法則

今日はわたしが いつもお伝えしている鏡の法則の説明をしたいと思います。

☆ 自分の目の前に起こる現象や目の前の相手は 自分の心の内側を投影したものである。

自分の心。。。って、直接、見ることはできないですよね?
鏡があれば 肉眼で見ることできます。
だから その鏡の役を目の前の人がなってくれています。
もしくは 現実に起こることが 自分の心の内側を現しています。

これを理解できるかできないかで 自分の心は変わってきます。

これってスピリチュアルの登竜門だとも思います。

自分の心の内側に「地震が怖い!なってほしくない!」という気持ちがあると 目の前の現象として、怖い地震を起こします。。。

わたし 地震、怖くないです。その手の恐怖心はないから 怖くなるような地震は起きません。
揺れたね〜 としか言いません。

また、
自分の心の内側に浮気されたくない!という気持ちがあると 相手は浮気します。。。
「浮気されたくない」という感情は 浮気されたくないという感情の他にも「浮気する男は許せない」や「浮気してはいけない」などの感情もミックスされているので よけいに強力です。

このように
目の前の現象や相手を見ることによって 自分の心が肉眼で見えるということです。

ここからが 重要です。

肉眼で見えたら、どうするか!ってことです。

肉眼で見えたら、『我慢』する。。。
これでは、ぶっぶーっ×××××。

肉眼で見えたら、
相手は自分を映す鏡だと謙虚に感じて
映してくれてありがとう 見せてくれてありがとう 教えてくれてありがとうと 感謝をすることが大切なのです。

ただ、相手は 自分の心を映したにすぎないのです。
鏡の役目をしてくれた相手に感謝をすることによって その感情は 心から離れます。

その感情によって学び、学び終わったら、卒業です。
卒業された感情は、もうやってくることはありません。
感謝して 、素直に謙虚に送り出しましょう〜

これが 内観浄化気づきのプロセスです。

鏡の法則を知っていても、使い方がわからない人がいらっしゃるので 書いてみました。

相手は鏡だということはわかるけど、その先がわからない人が多いようです。

だから わたしは 出てきた感情を書き出して、肉眼で見ることをお勧めしています。

相手は、ホント 忠実に現してくれる鏡です。

細かいところまで映してくれています。

この内観浄化気づきが
『乗り越える』
ということです。

ひとつ乗り越えたら、
その感情はない自分になりますから
ひとつ、軽くなりますよ。

現象や相手から 感情がわき上がったら

まずは、しっかり感じて

それを 客観的に肉眼で見てくださいね。

わかりやすいですよ♪

一人の相手から、たくさんの感情が出てきますよ。
細分化することが大切です。

内観浄化気づきのプロセスはお洗濯と同じです。

汚れを浮き上がらせ(書き出す)
分解して(細分化して書き出す)
落とす!(浄化〜さよなら〜♪)
きれいになる(感謝〜ありがと〜 さよなら〜さよなら♪ もう、こなくていいよ〜♪)

と、まあ こんな感じです。

でも 心のくせで また、同じ感情がやってくることあります。

しかし
汚れはついたばかりなので 落としやすいです。

今日の汚れは今日のうちに落とすのです♪

汚れは早いうちに落とすのです。

ガンコな汚れは きれいにするのに 時間がかかります。
まずは 小さな汚れから落としてみるといいでしょう〜

このページのトップヘ